【秋華賞2022】注目どころ・過去データ・展開予想

競馬予想
スポンサーリンク
マネ夫婦
マネ夫婦

競馬好き夫婦です。
レースの見どころや、競馬予想する上で最低限知っておきたい過去情報をまとめました。
レースの前々日にはマネ夫婦の見解による展開予想、買い目もつぶやきます。

第27回 秋華賞2022【G1】

阪神競馬場2000メートル(芝・右)Aコース
3歳オープン(国際)牝(指)馬齢 フルゲート16頭
2022年10月16日(日曜日)4回阪神5日 第11レース 15時40発走予定

本賞金:1着1億1,000円、2着4,400万円、3着2,800万円、4着1,700万円、5着1,100万円

秋華賞 出走条件

出馬投票で16頭を超える場合は、優先出走権を持つ馬と、収得賞金の多い順に出走することができます。
秋華賞登録馬は22頭です。

【優先出走】

紫苑ステークス(中山・芝2000m)3着以内
1着 スタニングローズ
2着 サウンドビバーチェ
3着 ライラック

ローズステークス(中京・芝2000m)3着以内
1着 アートハウス
3着 エグランタイン

ローズステークス2着サリエラは疲れが抜けきっていないため、秋華賞見送りを発表。

【出走可能圏内】

スターズオンアース
ウォーターナビレラ
ナミュール
エリカヴィータ
プレサージュリフト
ウインエクレール
ラブパイロー

【抽選対象(4/8)】
ストーリア ※抽選突破
タガノフィナーレ ※抽選突破
ブライトオンベイス ※抽選突破
メモリーレゾン ※抽選突破

エリオトローピオ ※非当選
ビジン ※非当選
モチベーション ※非当選
ルージュラテール ※非当選

【除外対象】
パーソナルハイ
ピンハイ

阪神競馬場2000m芝コース形態

阪神競馬場の内回りコースを使用します。

正面スタンド前4コーナー出口付近からスタートします。最初のコーナーまでの距離は約300メートルで、内回りコースを1周します。最後の直線は約350メートルで、直線途中に急な上り坂があります。

コーナー4つを回る器用さと、最後の急坂を乗り越えるスタミナが求められるコースです。

秋華賞 過去データと分析

近年のレース結果や配当を確認しておきましょう。

秋華賞 レース結果

過去3年の3着以内の馬とタイムです。

ここ近年は、アカイトリノムスメ、デアリングタクト、クロノジェネシス、アーモンドアイと、4年連続オークスから直行した馬が勝っています。
牝馬三冠を狙うスターズオンアースも直行ローテとなりますが、さてさて。

また、オークスで好成績を残した馬が、秋華賞でも上位に食い込んでいる印象。
アカイトリノムスメ(オークス2着)
デアリングタクト(オークス1着)
マジックキャッスル(オークス6着)
クロノジェネシス(オークス3着)
カレンブーケドール(オークス2着)
シゲルピンクダイヤ(オークス6着)
オークス好成績組は信頼しつつ、トライアルレースを参考に夏に力をつけた『上り馬』を発掘したいですね。

秋華賞 配当金

過去3年の馬連・馬単・3連単の配当金です。

昨年は1番人気ソダシが大敗したものの、上位人気馬で決着したため高配当にはなりませんでした。

過去10年をみても、3連単10万以上の馬券が出たのは2013年の1回だけで、基本的に荒れは少ない印象です。

マネ夫婦の予想

牝馬三冠の最終戦は、例年、京都競馬場の芝2000メートルを舞台に行われますが、京都競馬場が改修工事中のため、昨年に続き今年も阪神競馬場で行われることとなりました。

阪神2000mはゴール前の急坂を2回超えるタフなコース。
適性のある馬を見つけられるかがポイントになりそう。

まずは20年のデアリングタクト以来の牝馬三冠に挑むスターズオンアース
オークス後剝離骨折が見つかりましたが順調に回復、調教師によると脚元不安はないとのこと。
約5か月ぶりの実践へ向けて準備万端といったところでしょうか。

紫苑ステークスの勝ち馬スタニングローズはオークス2着の実力馬。
春のリベンジへ。叩き2戦目で上積みが見込めそう。

もう1つのトライアル、ローズステークスの勝ち馬アートハウス
オークスは7着に敗れたところをみると、2000mがドンピシャな条件なのではと思っています。
得意舞台での巻き返しに期待です。

他にもオークス3着からぶっつけ本番で挑むナミュール。
オークスは除外になったものの紫苑ステークスで強い先行力を見せたサウンドビバーチェなど、春の牝馬戦線を戦ったメンバーを中心に多彩なメンバーが集結しました。

マネ妻
マネ妻

スプリンターズステークス同様、馬場状態には気を付けたいね。
阪神競馬場の馬場状態も加味して予想したいと思います!

マネ夫
マネ夫

今年はトライアルレースでも春の桜花賞・オークス上位組が強かった印象。
直行組は追い切りと馬体写真で状態をチェックだね。

【お知らせ
マネ夫婦の展開予想・印はレース前々日の金曜日(10月14日)に更新予定です。お楽しみに!

マネ夫婦
マネ夫婦

ブログ更新は、マネ夫婦のTwitterでお知らせしています。
よかったらTwitterのフォローもよろしくお願いします!

秋華賞2022 展開予想

2022.10.14更新

レースのポイント

・良馬場なら高速馬場になる可能性高い
・内外の有利不利がないか土曜日の競馬で確認

先週から秋の阪神開催がスタートしました。
3日間開催の内、日曜と月曜は、レース中激しい雨にも襲われた阪神競馬場ですが、まだまだダメージは少なそうです。

良馬場で行われた先週土曜日、後半の芝のレースはレコードタイムに近い速い時計が出ていました。
秋華賞も良馬場ならかなりの高速決着になるのではないでしょうか。

先週は雨の影響で外差しが決まっていましたが、本来開幕週は内目の先行が有利になるはず。
現時点では判断がつかないので、土曜日のレースを見て、騎手のコース取りはチェックしたいと思います。

展開予想

レースの鍵を握る逃げ馬を毎回チェックしています。
今回は難しいですね。
前走逃げの手を打った馬は3頭います。
3タガノフィナーレ14ブライトオンベイス15サウンドビバーチェ
そして逃げ宣言している4ラブパイロー
しかし4ラブパイローはダートから久々の芝を走ります。格上馬が集まるレースで、先頭を取りきるのは難しいと考えています。
スタート出すのが上手い鮫島克駿騎手が好枠を活かし、3タガノフィナーレが前に出るでしょうか。
14ブライトオンベイスは距離延長、15サウンドビバーチェは折り合いに気を付けたいなら、隊列はすんなり決まるかもしれないですね。

先行策に出たい1ウインエクレール5ストーリア7スタニングローズ10アートハウス12ウォーターナビレラあたりが位置を取りに行きそう。
9スターズオンアースはこれらの馬を見ながら中団の位置に構え、2ライラック8ナミュールは後方で仕掛け待ちといったところでしょうか。

タガノフィナーレの単騎逃げなら、1000m通過は59秒~60秒の平均ペースで流れるのではと思います。
3コーナーあたりから、徐々にペースを上げる先行馬達による持久力勝負になるのではと予想します。

ロングスパート合戦に負けない持久力と、急坂を乗り越えるスタミナのある馬に勝機があると考え、注目したいと思います。

マネ夫婦の予想印

◎9スターズオンアース
〇7スタニングローズ
▲1ウインエクレール
△2ライラック
△8ナミュール
△10アートハウス

いざ、史上7頭目の三冠牝馬へ!9スターズオンアースを本命にしました。
強さはもちろん、桜花賞、オークスは勝負根性を感じました。
特にオークスはゲート裏で長時間待たされるハプニングがありながら、 3歳牝馬とは思えない精神力の強さを見せていました。
今回は骨折休養となりますが、ルメール騎手の強気発言も出るほど状態は良さそう。
他馬を見ながら動けるいい枠ですね。
ドゥラメンテ産駒のスタミナに期待です!

対抗にはオークス2着馬、7スタニングローズ
紫苑ステークスも堂々とした勝ちっぷりで、スタニングローズを本命にしてもいいくらいです。
臨戦過程、追い切りも順調そのもの。
今回はこの2頭が抜けていると思っています。
坂井瑠星騎手のG1初勝利なるか、注目ですね。

▲にはウインブライトの妹、1ウインエクレールを選びました。
やはり内回りコースで、先行できる内枠の馬は有利ではないでしょうか。
オークスはスイートピーステークスを勝ち、優先出走権を得ていましたが、秋の大一番に備えてきました。
今回は早めに栗東へ滞在させ、備えは抜かりなし。
2000mのレースは未経験ですが、小回りの札幌での洋芝経験が生きてくるのではと期待しています。

△にはロンスパができそうな2ライラック、オークス上位馬8ナミュール10アートハウスを加えました。

10月15日(土曜)に買い目を更新します。お楽しみに!

マネ夫婦
マネ夫婦

ブログ更新は、Twitterでお知らせしています。
よかったらTwitterのフォローもよろしくお願いします!

マネ夫婦の買い目公開

2022.10.15更新

<買い目>

3連単フォーメーション(8点)
7,9→7,9→1,2,8,10

3連複1頭軸流し(10点)
9=1,2,7,8,10

買い目は2通り。
1つ目は、9スターズオンアース、7スタニングローズの2頭の地力を信じて、3連単の1、2着折り返しにしました。
2つ目は保険です。7スタニングローズが先行争いに巻き込まれた場合を想定し、9スターズオンアースを軸とした3連複を押させておこうと思います。

マネ夫婦
マネ夫婦

牝馬三冠最終戦、勝つのはどの馬だ⁉
それでは競馬を楽しみましょう!

秋華賞2022 レース結果&レース回顧

牝馬三冠最終戦、秋華賞を制したのは3番人気スタニングローズでした!
オークス2着の雪辱を果たし、G1初制覇を飾りました。
鞍上の坂井瑠星騎手も嬉しいG1初勝利、スプリンターズステークスのジャンダルムに騎乗した荻野極騎手に続き若手の活躍が目立ちますね。

スタニングローズは、好位で運ぶアートハウスを見る絶好位置を確保し、道中はロスなくスムーズに運びました。そして、直線でアートハウスを交わし、先頭に立ったスタニングローズが後続の追撃を振り切り1着でゴール。
終わってみればオークスの1~3着馬の入れ替わりで決着しました。

予想は3連複の保険が的中…?大きくガミっちゃったので当たったとは言えない結果でした。

惜しむべくは3着スタニングローズ。スタートの出遅れが全てでしたね。
あと1列前の位置を確保できていたら、と考えてしまいますがそれも競馬。
ゴール前で馬郡を割る力強い走りはさすが二冠馬の走りでした。
スターズオンアースの次走は未定とのことです。まずは疲れを取って、また強いスターズオンアースの走りが見てみたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました