皐月賞2021予想

競馬予想
スポンサーリンク

第81回 皐月賞2021【G1】

中山競馬場 2000メートル(芝・右)Bコース
3歳オープン(国際)牡・牝(指)定量 フルゲート18頭
2021年4月18日(日曜日)3回中山8日 第11レース

皐月賞出走条件

出馬投票で18頭を超える場合は、優先出走権を持つ馬と、収得賞金の多い順に出走することができます。

優先出走権を付与されるトライアルレースは次の3つです。

  1. 弥生賞ディープインパクト記念(中山・芝2000m)3着以内
  2. 若葉ステークス(阪神・芝2000m)2着以内
  3. スプリングステークス(中山・芝1800m)3着以内

注目どころ

今年の牡馬クラシック戦線は混戦模様

最有力候補だったダノンザキッドが弥生賞ディープインパクト記念で3着に敗れたことにより、今年の牡馬クラシック戦線は一気に混戦ムードとなりました。

予想オッズ1番人気は、3戦3勝のエフフォーリアです。前哨戦の共同通信杯は、好位から抜け出し2着馬以下に二馬身半突き放しての快勝でした。2着馬ヴィクティファルスはスプリングステークスで1着、3着馬シャフリヤールは毎日杯で1着と、それぞれ次走の重賞を勝利したため、益々強さが証明されました。

他にも、ホープフルステークス2着から直行するオーソクレース、若葉ステークスで頭角を現したアドマイヤハダル、きさらぎ賞の勝ち馬ラーゴムなど、まだまだ勝負付けが済んでいないメンバーが集まりました。

オーソクレースは皐月賞回避がキャロットクラブのホームページで発表されています。

中山競馬場2000m芝コース形態

皐月賞が行われる中山競馬場のコース形態についてご紹介します。

中山競馬場の内回りコースを使用します。

ホームストレッチの右端からスタートします。最初のコーナーまでの距離は約400メートルあり、1~2コーナーの中間までは上り坂が続きます。向こう正面と3~4コーナーまではほぼ平坦で、最後の直線は310メートルと短く、直線の半ばには再び高低差約2.2メートルの急坂が待ち受けます。

コーナー4つをスムーズに回れる器用さと、ゴール前の急坂を2度超えるタフさが求められます。

過去データと分析

レース結果

過去3年の3着以内の馬とタイムです。

2020年のコントレイル、2019年のサートゥルナーリアは、無敗で皐月賞に臨み人気に応えて勝利しました。この2頭は最近流行りのホープフルステークスから直行でしたね。
最近は直行ローテに注目が集まりますが、前走レース別成績では、共同通信杯組が2012年から2016年までの5年で4勝と好成績を挙げています。

配当金

過去10年の1番人気の勝率は【3-2-1-4】です。2018年は7番人気9番人気8番人気で決着したため高配当が出ましたが、重賞勝ち馬など実績ある1~3番人気の馬が好走する傾向にあり、大きな波乱は少ないようです。

マネ夫婦の予想

マネ夫
マネ夫

ここ最近は1番人気が強かったけれど、今回は混戦だね。

マネ妻
マネ妻

「皐月賞は最も速い馬が勝つ」
中山競馬場2000mを制する持続力とスピードの勝負を持った馬を探すぞ!

注目馬、印は4月16日(金曜)更新予定です。お楽しみに!


2021.04.16更新

皐月賞が行われる4月18日日曜日の天気は雨予想ですが、午前中には雨は上がりそうです。
土曜日から降り続いても、馬場はやや重までは回復するのではないでしょうか。
今回は馬場はある程度回復すると仮定し、中山2000mの舞台と展開に向いている馬に注目して予想しました。

8ダノンザキッド
昨年のホープフルステークスの勝ち馬で、JRA賞最優秀2歳牡馬に選出されたダノンザキッド。
3着に敗れた前走の弥生賞ディープインパクト記念は、先行馬が残るスロー展開、休み明け初戦と敗戦の理由は明白です。
しかし、急坂のある中山のコースでラスト3ハロンを34秒2のメンバー最速タイの末脚を披露しました。
「次につながる競馬はできた」と陣営の前向きなコメントも納得できます。
追いきりでも調教師自ら評価「A」を付けるほど、迫力ある内容でした。
本番に向けて準備万端のダノンザキッドを本命にします。

1アドマイヤハダル
若葉ステークスの勝ち馬で現在2連勝中です。
前走の若葉ステークスでは、好位追走し、最後の直線では2着以下を3馬身突き放す快勝でした。
昨年10月のアイビーステークスではオーソクレースやラーゴムに敗れていますが、馬が一気に成長した印象を受けました。
最終追い切りも栗東坂路でラスト1ハロン12秒1の好タイムをマークしています。
雨が早めに止んで内側から乾けば、1枠1番の強みを生かせるのではないでしょうか。
名手ルメール騎手の手腕にも期待です。

6ヨーホーレイク
昨年のホープフルステークス3着、きさらぎ賞2着と堅実な走りを見せています。
長くいい脚を使うタイプで、まさに「中山向き」だと思います。
ペースも流れるG1のであれば、チャンスは十分にありそうです。
重賞勝利がないため、人気を落とすようなら買いの1頭で狙ってみたいですね。

7エフフォーリア
皐月賞の登竜門、共同通信杯の勝ち馬で3戦3勝で皐月賞に挑むエフフォーリアです。
共同通信杯はスローペースながら2着馬以下を2馬身半突き放す強い競馬を見せました。
鞍上はデビューから乗り続けている皐月賞初騎乗の横山武史騎手です。
横山武史騎手のインタビューからこの馬への思いが伝わってきますね。
初の多頭数の競馬、初の中山コース、他の有力馬たちより多く課題を抱えていますが、人馬一体で乗り越えてくれることを期待しています。

△3ステラヴェローチェ
昨年のサウジアラビアRCの勝ち馬です。
ここ2走は勝利から遠ざかっていますが、着差は0.5秒以内で巻き返しは十分可能な範囲です。
レースを見る限り切れる脚はありませんが、どんな馬場コンディションでも堅実に走る馬だと思っています。
もし想定以上に馬場が重くなり、他の馬が足を取られるようならチャンスが回ってくるかもしれません。
吉田隼人騎手はこの馬に5週連続で追い切りに騎乗しています。
先週の桜花賞に続き、須貝厩舎×吉田隼人騎手のコンビに注目です。

今回はフルゲートには届かず、16頭となりましたが、混戦必至のメンバーが揃いました。
しかも週末の雨予報がさらに頭を悩ませます。
当日のレースも見ながら、ぎりぎりまで考えたいですね。

4月17日(土曜)に買い目を更新します。お楽しみに!


2021.04.17更新(NEW)

<最終予想>

中山競馬場は土曜日のメインレース「中山グランドジャンプ」あたりから雨が降り始めました。
天気予報では明日の朝には雨は上がるようです。
さて馬場はどの馬に味方するでしょうか?

大阪杯のような水の浮いた馬場にはならないと思いますが、パワーはある程度必要とみています。

<買い目>

3連複 1頭軸
8=1,3,6,7,9,13

馬連 流し
8=1,3,6,7,9,13

ダノンザキッドは抜けた存在と評価し、1頭軸の3連複を多めに買いたいと思います。
相手にパワー型の馬のラーゴムとタイトルホルダーを追加しました。

三冠初戦皐月賞を獲るのはどの馬か!?

それでは競馬を楽しみましょう!!

レース結果&レース回顧

エフフォーリアが4連勝でクラシック一冠目を制しました。
好位を折り合いながら好位を追走し、直線では2着以下を3馬身突きはなす快勝でしたね。
鞍上した横山武史騎手はG1初制覇となり、インタビューでは喜びを爆発させているのが印象的でした。

2着にはタイトルホルダーが逃げ粘りました。成長が楽しみな一頭です。

3着ステラヴェローチェ、ブログでも△の印を付けましたが、やはり堅実な走りをしますね。

ダノンザキッドは15着と大敗しました。パドックから入れ込みが激しく、レースでも掛かり気味で4コーナーでは手ごたえがなくなり後退していきました。能力は秘めていると思いますが、気性面の難しさが課題ですね。

3歳の若駒は1か月弱でも一気に成長する馬もいます。
打倒エフフォーリアに向けて台頭する馬は現れるのか、日本ダービーが今から楽しみです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました