【チャンピオンズカップ2022】注目どころ・過去データ

競馬予想
スポンサーリンク
マネ夫婦
マネ夫婦

競馬好き夫婦です。
【競馬初心者にも分かりやすく】
レースの見どころや、競馬予想する上で最低限知っておきたい過去情報をまとめました。
レースの前々日にはマネ夫婦の見解による展開予想、買い目もつぶやきます。

第23回 チャンピオンズカップ2022【G1】

中京競馬場 1800メートル(ダート・左)
3歳上オープン(国際)(指)定量 フルゲート16頭
2022年12月4日(日曜日)6回中京2日 第11レース 15時30分発走
ジャパン・オータムインターナショナル

本賞金:1着1億2,000万円、2着4,800万円、3着3,000万円、4着1,800万円、5着1,200万円

チャンピオンズカップ 前哨戦

チャンピオンズカップの優先出走権付与対象レースは以下の通り。
各レース1着馬には優先出走権が与えられます。

開催日・競馬場レース名勝ち馬備考
11/6 阪神みやこSサンライズホープ
11/12 東京武蔵野Sギルデッドミラー出走見送り

チャンピオンズカップ2022 注目どころ

ダート界の重鎮チュウワウィザードとインティが引退。
人気は昨年の覇者、テーオーケインズに集まりそうですね。
JBCクラシックでも2馬身半差で圧勝。ひと叩きした上積みも大きく、連覇に期待がかかります。

対するは、JBCクラシックでテーオーケインズの2着に敗れたクラウンプライド
UAEダービーを制覇、その後米ケンタッキーダービーへ挑戦と経験豊富な3歳馬
勝ち実績ある舞台で、王者テーオーケインズにリベンジできるか、注目です。

芝からダートへ転戦後、3戦目で重賞シリウスステークスを制したジュンライトボルトも侮れない存在。
2連勝の勢いそのまま初ダートG1挑戦で初制覇を狙います。

他にも、前哨戦みやこステークスで復調の兆しが見えたサンライズホープ、中京巧者オーヴェルニュ、交流重賞で好成績を残しているシャマルなど、好メンバーが集まりました。

中京競馬場1800mダートコース形態

チャンピオンズカップが行われる中京競馬場のダートコース形態について紹介します。

ホームストレッチの真ん中より左寄り坂の途中からスタート。最初の1コーナーまでの直線の長さは約300mあり、1~2コーナーにかけてはほぼ平坦です。向こう正面は緩い上り坂、3~4コーナーはスパイラルカーブで緩い下り坂になっています。

最後の直線の長さは410.7mで、JRAの1800mダートコースとしては最長。
直線を向いて長さ160m高低差約1.8mの急な上り坂があり、坂を超えたあとゴールまでの約220mはほぼ平坦です。

アップダウンが激しく、スタミナパワーが求められるコースです。

チャンピオンズカップ 過去データと分析

近年のレース結果や配当を確認しておきましょう。

チャンピオンズカップ レース結果(過去3年)

過去3年の3着以内の馬とタイムです。

過去10年の年齢別成績は、3歳馬2勝、4歳馬2勝、5歳馬4勝、6歳馬2勝と5歳がトップの勝利数を挙げています。
ダート重賞らしく古馬の活躍が目立ちます。

相性のいいレースはJBCクラシックからの距離短縮で、過去10年では最多4勝を挙げています。
昨年の1着テーオーケインズ、2着チュウワウィザードや、2020年の1着チュウワウィザードはJBCクラシックで上位入線からチャンピオンズカップで結果を残しています。
JBCクラシックはレースを見返して復習しておいた方が良さそうですね。

チャンピオンズカップ 配当金(過去3年)

過去3年の馬連・馬単・3連単の配当金です。

昨年は1番人気のテーオーケインズが1着、3番人気のチュウワウィザードが2着に入ったため、馬連・馬単は低配当になりました。
一方、昨年14番人気で3着のアナザートゥルースや、一昨年10番人気で3着のインティのように、二桁人気の馬が2年連続馬券に絡んでおり、伏兵馬の活躍には注意したいですね。

チャンピオンズカップ2022 マネ夫婦の予想

マネ妻
マネ妻

今年はテーオーケインズ一強ムードかな。
相手探しになりそう。

マネ夫
マネ夫

狙うなら今年まだテーオーケインズと対戦していない馬かな。
ジュンライトボルト、グロリアムンディが一角崩しにならないか期待!

【お知らせ
マネ夫婦の展開予想・印はレース前々日の金曜日(12月2日)に更新予定です。お楽しみに!

マネ夫婦
マネ夫婦

ブログ更新は、マネ夫婦のTwitterでお知らせしています。
よかったらTwitterのフォローもよろしくお願いします!

チャンピオンズカップ2022 展開予想

【Coming Soon】2022.12.02更新予定

コメント

タイトルとURLをコピーしました