初めての仮想通貨(ビットコイン)今からでも遅くない!~買い方・注意点を解説~

暗号資産(仮想通貨)
スポンサーリンク
マネ妻
マネ妻

「仮想通貨って何?どうやって始ればいいの?」といった疑問を持っている初心者の方へ購入方法購入する際の注意点について、分かりやすく解説します。

マネ夫婦の暗号資産(仮想通貨)投資歴について

マネ夫婦は「億り人」なんて言葉が流行した2017年に仮想通貨取引所の口座を開設しました。
当時からお金大好きだった我々は、興味本位でビットコインを購入しました。
しかし、「ビットコインとは何なのか」「暗号資産は投資として成功するのか」といった事を調べていくうちに、暗号資産の技術(ブロックチェーン)や投資としての将来性に惹かれ、今はビットコイン以外の暗号資産にも投資しています。

仮想通貨・暗号資産って何?

買い方の手順を説明する前に、マネ夫婦も惹かれた仮想通貨・暗号資産の魅力について少しご紹介します。

仮想通貨と暗号資産の呼び方の違い

2018年12月、金融庁は「仮想通貨」を「暗号資産」へ呼称を変更すると発表し、2020年5月1日、正式に施行されました。変更の主な理由として、仮想通貨の「通貨」という名称が、日本円などの通貨と誤認されやすいこと、資産としての特性が高いことなどが挙げられています。
このサイトでは以降「暗号資産」と表記を統一してお伝えします。

世間一般の暗号資産に対する印象ってまだまだ良いイメージがないですよね。

ビットコインってなんか怪しいよね。
暗号資産に投資しても大丈夫なの?

『暗号資産の技術面』に関して言えば、マネ夫婦は何も心配していることはありません。
暗号資産についてきちんと理解しておきましょう。

ビットコイン(BTC)って何?

暗号化されたデジタル資産(通貨)です。ただし、仮想という言葉が表す通り、目に見えるお金ではありません。画像のようなメディアで見かける「B」と書いてあるコインが実際に存在するわけではないのです。

中央集権管理の要らない資産

日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」とは異なり、ビットコインには管理する国や企業が存在しません。コンピューターのネットワークを利用して通貨を管理する仕組みとなっています。
新しい通貨の発行や取引情報は、すべてコンピューターネットワーク上に可視化され、分散され、大きな取引台帳のようなものに保存される仕組みです。この仕組みを「ブロックチェーン」と言います。
ビットコインは、可視化・分散化されたコンピューターのネットワーク上に、大きな取引台帳を置くことで、中央集権管理が要らないのです。

暗号化されたデジタル資産

暗号資産は、公開鍵暗号、ハッシュ関数等の暗号化技術により、偽造や二重払いといった問題を回避し、安全性を確保できるように設計されています。
この暗号化技術をブロックチェーンに用いることで、改ざんへの耐性が高く、ネットワーク上における資産の保存や移転が安全に行える特長があります。

マネ妻
マネ妻

この仕組みを考えた人、本当に凄いですよね。

なぜビットコインが注目されているの?

ビットコインの希少性

ビットコインは当初から発行枚数が2,100万枚と決められています。
将来的にビットコインが溢れてインフレが引き起こらないよう予めプログラムされているので、これ以上新規発行されることはありません。

ゴールドやシルバーなどの貴金属は、地球上に存在する量に限りがあるため、価値が高いと言われています。

ビットコインも同じように限りが決められており、2021年、約9割が発行済みです。時価総額は100兆円を超えています。

ゴールドの時価総額は約1200兆円とまだまだ桁が違います。
しかし、今後ビットコインが社会に浸透し、価値の代替資産や法定通貨に取って代わるようなことがあれば、ゴールド以上に希少価値が高まるかもしれません。投資資産として、ますます注目度が高まっています。

インフレ対策として

ビットコインを始め暗号資産は、インフレが引き起こらないよう予め発行枚数が決められているとお伝えしました。

一方、日本円やドルといった法定通貨は国がお金の流通量を管理しています。
日本の場合、日銀は「物価上昇率2%」を目標にインフレに向けた取り組みを行っています。物価が上昇すれば、その分お金の価値が低下していくことが予想できます。

お金を沢山持っているのに、価値が下がっていく…なんて嫌ですよね。資産の目減りの回避やインフレ対策として、ビットコインなどの暗号資産をポートフォリオに加え、資産を分散化する投資家が増えています。

ブロックチェーン技術への投資

前章で触れたように、ビットコインのような「可視化・分散化されたコンピューターのネットワーク上に、大きな取引台帳を置くこと」をブロックチェーンと言います。

ブロックチェーン仕組みには世界の中心となる権威は存在しません。国家やトップダウンの組織に代表するようなピラミッド型の概念から切り離して発行・管理される通貨の在り方を提案したと言えます。

このブロックチェーン技術を利用し、銀行の送金管理、不動産取引の管理、美術品の管理など、幅広い分野への応用が期待されています。

ビットコイン以外の暗号資産のことをアルトコインと言います。アルトコインは開発目的から使用目的まで暗号資産ごとに特性が持っています。
アルトコインで有名なイーサリアムはブロックチェーン技術を生かしプラットフォームとしての活用が期待されています。

イーサリアムのブロックチェーン技術を利用して稼働しているアプリケーションの事を、分散型アプリケーション(DApps)といい、最近ではDAppsを応用したゲーム開発に注目が集まっています。

それぞれの暗号資産が持っているブロックチェーン技術や思想に共感し、その暗号資産を応援(=投資)する人が増えていますが、マネ夫婦もその一人です。

通貨としての将来性

2021年3月、アメリカではオンライン決済会社大手PayPalが、日ごろの買い物をビットコインなどの暗号資産でオンライン決済できるサービスを始めました。
他にも、暗号資産好きで有名なイーロン・マスク氏も自身がCEOである電気自動車テスラの支払いにビットコインを採用する発表しました。
2021年3月24日には、「You can now buy a Tesla with Bitcoin」とTwitterにて表明。ビットコインによるテスラ車の購入が可能となりました。現時点では、米国本土のみがビットコインでテスラ車を購入することができますが、今後その範囲を拡大していくようです。

多くの世界的企業が暗号資産による決済方法を採用する発表しており、通貨としての価値はまさにこれからが本格化といった印象で、どんな時代が待っているのかワクワクが止まりませんね。

※2021年4月28日
日本企業初 東証一部上場企業の【ネクソン】が110億円相当のビットコインを購入しました。

※2021年5月12日
イーロン・マスク氏は、ビットコイン決済によるテスラ車の購入を一時停止すると表明しました。

仮想通貨取引所に口座を開設しよう

暗号資産投資を始める手順

①仮想通貨取引所に登録して口座を開設する
②日本円を口座に入金する
③暗号資産を購入する

株式を購入するために証券会社に口座を開設するように、暗号資産を購入し暗号資産投資を始めるには、仮想通貨取引所に口座を開設します

仮想通貨取引所は、いくつかありますが、初めて口座開設する方はまずは日本国内の大手取引所から始めるとよいでしょう。

マネ夫婦も利用しているビットフライヤー(bitFlyer)を例に口座開設までのステップをご紹介します。

 【STEP1】 公式サイトでメールアドレスを登録
 【STEP2】 メールアドレスに届いたURLからパスワードを設定
 【STEP3】 同意事項などの内容を確認
 【STEP4】 二段階認証の設定
 【STEP5】 本人情報を入力
 【STEP6】 本人確認書類を提出(クイック本人確認or対面での本人確認)
 【STEP7】 銀行口座の登録
 【STEP8】 ハガキを受け取る

住所確認のため、後日自宅にハガキが郵送されます。これで本人確認は完了となり、口座開設完了となります。

おすすめの取引所

日本国内の大手取引所からおすすめの取引所をご紹介します。

ビットフライヤー(bitFlyer)

ポイント

✔ ビットコイン取引量№1
✔ セキュリティ施策に力を入れている
✔ T-POINTをビットコインに交換できる

コインチェック

ポイント

✔ 国内仮想通貨取引アプリ ダウンロード数№1
✔ 取り扱っている仮想通貨の種類が豊富
✔ 貸暗号資産サービスを提供している

BITPOINT

BITPOINT
ポイント

✔ 暗号資産の入出金などの手数料無料
✔ TRXやADAなど日本であまり取り扱いのないコインを取り扱っている
✔ 株式会社リミックスポイント(東証二部上場)の孫会社

DMM Bitcoin

ポイント

✔ 株式会社DMM.comのグループ会社
✔ 「レバレッジ取引」に対応

楽天ウォレット

ポイント

✔ 楽天ポイントを暗号資産に交換できる
✔ 楽天銀行口座を利用して最短即日で口座開設が可能

口座に入金する

口座開設が完了したら、早速日本円を入金してみましょう。

ビットフライヤー(bitFlyer)の場合、日本円の入金方法には、1.銀行振込2.インターネットバンキングで入金3.コンビニから入金 の 3 種類があります。
住信SBIネット銀行から入金すると、入金手数料が無料です。

ビットコインを購入する

さぁ、いよいよビットコインを購入してみましょう。

最初に、販売所を開きます。
ビットコインを選択して「買う」を選択します。
ビットコインはBTCという単位で表します。
日本円かBTCを切り替えて金額または数量を数量を指定し、「買い注文に進む」を選択します。
日本円とBTCの合計が表示されますので、「買い注文を確定する」を選択します。

ビットフライヤー(bitFlyer)の場合、最低購入額が0.00000001BTCから購入することができます。

1BTCが500万円だからといって、500万円必要という訳ではありません。

✔【販売所】と【取引所】で購入することができますが、購入方法が簡単な【販売所】から始 
めることをおすすめします。
✔【取引所】なら板取引が可能で、板取引を活用することで手数料を抑えることができます。
✔レバレッジ取引はリスクが高いので、まずは現物取引から始めることをおすすめします。

暗号資産を始める際の注意点

余剰資金で始めよう

暗号資産は相場の変動が激しく、資産運用の仕方次第ではハイリスクハイリターンな商品であることは認識しておいてください。

初めから、「よし一気に稼ぐぞ!ボーナス全額勝負だ~。」みたいな多額の資金を投入するのは控えましょう。
「0円になってもいいや。」くらいの気持ちと余剰資金で始めることをおすすめします。

まずはビットコインから始めてみよう

ビットコイン以外の暗号資産をまとめて「アルトコイン」と呼びます。現在アルトコインは数千種類以上が存在しており、その特性も様々です。アルトコインで代表的なのはイーサリアム(ETH)ですね。

アルトコインの中には時価総額が非常に小さく、取引ユーザーも少ないため値動きが激しすぎる暗号資産も存在します。世間では「草コイン」なんて呼ばれています。(笑ってしまうほど草wが生えるマイナーコインという説も)
将来性ある草コインを発見し、一発逆転を狙うこともできますが、知識なく飛びつくと大損を招いてしまうかもしれません。

まずはビットコインから始め、気になったアルトコインは本当に無くなってもいいお金で購入した方が気が楽だと思います。

税金の仕組みを知っておこう

暗号資産はかかる税金が高いという話を聞いた事ありませんか?

暗号資産で出た利益は、「雑所得」扱いになります。
国内の株式やFXの場合、申告分離課税に分類されるため一律で20%ほどの税金ですが、暗号資産で何千万も稼ぐと累進課税で最大で45%の税金がかかります。

引用:国税庁HP No.2260 所得税の税率

今後暗号資産を始めて、税金が気になるなという方は、しっかり調べてください。

さいごに

株式や為替取引の経験がある方やインターネットで買い物ができる方にとって、仮想通貨取引所の口座を開設することはそれほど難しくありません。

まずは少額から始めて、暗号資産の世界を覗いてみるのも良いかもしれません。

暗号資産の価格変動は、まだまだ乱高下を繰り返しています。
しかし2017年のバブルとは違い、様々な思惑から投資家や企業が注目し始め、各国も軽視できなくなってきました。
世界の暗号資産に対する考えが一歩でも進めば、相場は大きく動き、マイナスな捉え方をされれば急降下もあり得るような状況です。

毎日のように暗号資産に関するビックニュースが発表されます。世界の動きに注目し、取引のリスクを十分に理解した上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました