ビットコインを増やす?楽天とT-POINTでコツコツ貯める方法を紹介

暗号資産(仮想通貨)
スポンサーリンク
マネ妻
マネ妻

仮想通貨取引所のサービスを利用して、暗号資産(仮想通貨)を購入せずに増やす方法をご紹介します。

マネ夫婦の暗号資産(仮想通貨)投資歴について

マネ夫婦は「億り人」なんて言葉が流行した2017年に仮想通貨取引所の口座を開設しました。
当時からお金大好きだった我々は、興味本位でビットコインを購入しました。
しかし、「ビットコインとは何なのか」「暗号資産は投資として成功するのか」といった事を調べていくうちに、暗号資産の技術(ブロックチェーン)や投資としての将来性に惹かれ、今はビットコイン以外の暗号資産にも投資しています。

仮想通貨と暗号資産の呼び方の違い

2018年12月、金融庁は「仮想通貨」を「暗号資産」へ呼称を変更すると発表し、2020年5月1日、正式に施行されました。変更の主な理由として、仮想通貨の「通貨」という名称が、日本円などの通貨と誤認されやすいこと、資産としての特性が高いことなどが挙げられています。
このサイトでは以降「暗号資産」と表記を統一してお伝えします。

↓↓↓暗号資産(仮想通貨)ビットコインの買い方・購入方法はこちらの記事をご覧ください。↓↓↓

貯まった楽天ポイントをビットコインに交換

仮想通貨取引所「楽天ウォレット」では、楽天ポイントを暗号資産に交換することができます

100ポイントから交換することができるので、楽天ユーザーでコツコツ暗号資産を増やしたい方には最適ですね。ポイント交換に手数料はかかりません。

楽天ウォレットは、取り扱っている暗号資産の数が少なく、ポイント交換できるのは、現物取引の取り扱いがある暗号資産のみ対象となっています。

取扱資産:ビットコイン (BTC) , イーサリアム (ETH) , ビットコインキャッシュ (BCH)

ビットコインやイーサリアムといった主要な暗号資産は取り扱っていますので、ポイント交換用に口座を開設するのもおすすめです。
 ※最新の取扱資産はホームページで確認してください。

楽天ユーザーならポイントを活用して、少額からでも手軽に始められるのがいいですね。

注意点

✔ 通常ポイントのみ交換可能です。期間限定ポイントは交換の対象外です。
✔ ポイント交換するには楽天ウォレットの口座開設&アプリダウンロードが必要です。

貯まったT-POINTをビットコインに交換

ビットフライヤー(bitFlyer)では、Tポイントをビットコインに交換することができます

100 ポイントからビットコインに交換できるので、Tポイントの使い道に悩んでいた方にはとっても嬉しいサービスです。

楽天ウォレットと異なり、交換できる暗号資産はビットコインの一択になりますのでご注意ください。
他にも注意点をまとめました。

注意点

✔ ビットフライヤーの口座開設し、Tポイント利用手続きの設定が必要です。
  ※ウェブ:ホーム画面の「設定」から「パートナーサービス」を選択
  ※アプリ:「≡」から「Tポイントをビットコインに交換」を選択
✔ 手続きには Yahoo! JAPAN ID が必要です。

コツコツ貯める方法は他にも

ビットフライヤー経由でサイトを利用する

ビットフライヤー(bitFlyer)には、「bitFlyer経由でサービスを利用しておトクにビットコインをもらおう!」というサービスがあります。

これは、ビットフライヤー経由でショッピングサイトを利用したり、旅行を申し込んだりすると、ビットコインをもらうことができるというサービスです。ビットフライヤーの口座を開設していれば利用可能です。

Yahoo!ショッピングや楽天市場といった普段よく使うサイトにも対応しています。
ふるさと納税も利用可能なサイトが掲載されてます。
他にも、旅行の予約、クレジットカードの申し込み、口座の開設まで完了といった条件を達成すればビットコインを受け取ることができます。
クレジットカードの場合、カード新規発行だけで成果対象となるケースやカード新規発行とカード利用が必要なケースがあるので、申し込む前に承認条件をよく確認しましょう。

もらえるビットコインはショッピングサイトの場合、商品価格の1%未満から数%、会員登録の場合は数百円から数千円相当と少額ですが、ビットフライヤーを経由するだけでビットコインがもらえるのですからお得ですね!

マネ妻は、直接サイトで商品を購入した後に、「えー!?ここも対象だったの?」とビットフライヤーのサイトを見て後悔することが多々ありました。なんとも損した気分になります。

何かを申し込む、ネットショッピングを利用する際には、一度ビットフライヤーのサイトにログインし、ビットコインがもらえるサービスの対象になっていないかチェックすることをおすすめします。

貸して増やす

「貸して増やす」とは、自身が持っている暗号資産を仮想通貨取引所に貸し出し、貸出期間終了時に利用料を上乗せして返還してくれるサービスのことです。
「貸暗号資産サービス」や「レンディング」とも言われています。

長期保有している方でしたら、暗号資産を預けるだけで利益が出るので、おすすめです。

最近はレンディングサービスが人気になっているので、順番待ちや抽選になることもあります。
そのため、レンディングサービスを利用したい方は、いくつかの仮想通貨取引所で口座開設し、手持ちの資産を分散して利用することも一つの方法です。

レンディングを扱っている大手仮想通貨取引所

コインチェック(Coincheck)
✔ 最大年率5.0%(貸し出し期間1年)
✔ 貸出期間が14日から選択可能
✔ コインチェックで取り扱いのある全ての暗号資産に対応

GMOコイン
✔ 最大年率3.0%(貸し出し期間3ヶ月)
✔ 貸出期間は1ケ月と3か月で選択可能
✔ ビットコイン以外にも主要なアルトコインに対応
✔ 自動更新が可能(償還時に同じ条件で再度、貸出することができる)

BITPOINT(ビットポイント)
✔ 年利や貸出期間は募集毎に決定
✔ 取り扱う暗号資産は7種類と大手に比べると少なめ
✔ 年率の高いキャンペーンあり(※申込多数の際抽選)

シミュレーション

仮想通貨取引所で記載されている利率は年率ですので、賃借料をシミュレーションしてみましょう。

1BTCを年率2%で30日貸し出しした場合、
1BTC×2%÷365日×30日=0.00164383BTC
ビットコインが600万円だった場合、9863円の賃借料が貰えるという計算になります。

注意点

✔ 取引所による審査、貸付総額や期間によっては承認されないこともあります。
✔ 貸し出し中の暗号資産は、原則期間満了まで返還されません。
✔ 暗号資産の価格変動が大きいので注意が必要です。
  資産が高騰していても利益確定できなかったり、大暴落しても損切りや資産移動ができないリスクがあることも念頭に置いておきましょう。
✔ レンディングで貸し出された暗号資産は預金保険の対象外となっています。

いわゆるガチホと呼ばれる長期保有している人にとっては、レンディングサービスは預けるだけで利益が出るので、とても魅力的ですね。
ただし、貸出期間中の価格変動リスクには注意が必要です。また、預金保険の対象外なので返還されないかもしれないといったリスクも考慮して、保有資産の一部で利用することも検討しましょう。

さいごに

仮想通貨取引所のサービスを利用して、暗号資産をさらに増やす方法をいくつかご紹介しました。
すでに口座を持っている方なら、すぐに始められるサービスばかりです。

他にも、ゲームアプリやポイントサイトを利用してビットコインをもらう方法もあります。
マネ妻はあまり新たに登録をするのが好きではないし、あれこれ手を出すより楽天ポイントやTポイントに注力してポイントを集めた方が効率がいいと思っています。
もちろん、ゲームアプリやポイントサイトを活用すればさらに稼ぐこともできますよ。

ポイントなら「なくなってもいいや」の気持ちで気楽に始められるのもいいですね。
お買い物に使用していたポイントを資産運用にシフトしてみるのはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました