【天皇賞秋2021】出走予定馬・想定騎手・日程・注目どころまとめ

競馬の楽しみ方
スポンサーリンク

第164回 天皇賞(秋)2021【G1】

東京競馬場 2000メートル(芝・左)
3歳上オープン(国際)(指)定量 フルゲート18頭
2021年10月31日(日曜日)4回東京8日 第11レース 15時40分発走

出走予定馬・想定騎手一覧

出走予定馬・鞍上は随時更新予定(変更になる可能性あり)

馬名性齢所属厩舎鞍上
エフフォーリア牡3美浦鹿戸雄一横山武史
カイザーミノル牡5栗東北出成人横山典弘
カデナ牡7栗東中竹和也田辺裕信
カレンブーケドール牝5美浦国枝栄戸崎圭太
グランアレグリア牝5美浦藤沢和雄C.ルメール
コントレイル牡4栗東矢作芳人福永祐一
サンレイポケット牡6栗東高橋義忠鮫島克駿
トーセンスーリヤ牡6美浦小野次郎横山和生
ヒシイグアス牡5美浦堀宣行松山弘平
ペルシアンナイト牡7栗東池江泰寿大野拓弥
ポタジェ牡4栗東友道康夫川田将雅
ムイトオブリガード牡7栗東角田晃一柴田善臣
モズベッロ牡6栗東森田直行池添謙一
ユーキャンスマイル牡6栗東友道康夫藤岡佑介
ラストドラフト牡5美浦戸田博文三浦皇成
ワールドプレミア牡5栗東友道康夫岩田康誠

天皇賞秋の優先出走権付与対象レースは以下の通り。
各レース1着馬には優先出走権が与えられます。

勝ち馬備考
産経賞オールカマーウインマリリン次走はエリザベス女王杯を予定
毎日王冠シュネルマイスター次走はマイルCSを予定
農林水産省賞典京都大賞典マカヒキ次走はジャパンカップを予定

注目馬情報

グランアレグリア×コントレイル 両雄が東京で再戦!

今春、大阪杯で戦った2頭が再び2000m戦で対決!

グランアレグリア(牝5歳、美浦・藤沢和雄厩舎)は、安田記念(東京・芝1600m)で上がり最速をマークするも、ダノンキングリーにアタマ差の2着に敗れました。
安田記念2連覇とはならなかったものの、マイルでは歴代最強クラスの牝馬でしょう。
今回は、大阪杯以来となる2000m戦ですが、府中の長い直線なら自慢の末脚を活かせること間違いなし!

コントレイル(牡4歳、栗東・矢作芳人厩舎)は、大阪杯以来約7カ月ぶりのレースとなります。
大阪杯で3着に敗れた後、疲れが抜けきれないため、宝塚記念を見送り、早くから天皇賞秋を目標に調整に入りました。
今年いっぱいで引退が決まっており、どうしてもタイトルが欲しいところでしょう。
矢作調教師は、「天皇賞一本で仕上げていきたい。」とコメントされており、強いコントレイルがターフに戻って来るのではないかと思っています。三冠馬の復活に期待です!

3歳馬が古馬に挑戦!

皐月賞馬エフフォーリア参戦を発表

今年の皐月賞馬エフフォーリア(牡3歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)が、天皇賞秋へ参戦を発表しました。
デビューから無敗で皐月賞を制し、日本ダービーではわずか10㎝の差でシャフリヤールに敗れ、苦杯を喫しました。
距離適性を考慮し、クラシック最後の一冠菊花賞ではなく、天皇賞秋を選択しました。
その後は有馬記念と今秋は2戦に絞ると先を見据えた調整を続けています。

古馬よりマイナス2㎏となる斤量差を生かし、2002年シンボリクリスエス以来の3歳馬による天皇賞秋制覇となるか、注目です。

マネ妻
マネ妻

注目馬情報も随時更新予定です。
レースが待ち遠しい!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました