【秋華賞2021】注目どころ・過去データ・展開予想

競馬予想
スポンサーリンク
マネ夫婦
マネ夫婦

競馬好き夫婦です。
レースの見どころや、競馬予想する上で最低限知っておきたい過去情報をまとめました。
マネ夫婦の見解による展開予想もつぶやきます。

第26回 秋華賞2021【G1】

阪神競馬場2000メートル(芝・右)Aコース
3歳オープン(国際)牝(指)馬齢 フルゲート16頭
2021年10月17日(日曜日)4回阪神4日 第11レース

秋華賞 出走条件

出馬投票で16頭を超える場合は、優先出走権を持つ馬と、収得賞金の多い順に出走することができます。

【優先出走】

紫苑ステークス(中山・芝2000m)3着以内
1着 ファインルージュ
2着 スルーセブンシーズ
3着 ミスフィガロ

ローズステークス(中京・芝2000m)3着以内
1着 アンドヴァラナウト
2着 エイシンヒテン
3着 アールドヴィーヴル

【出走可能圏内】

ソダシ
ユーバーレーベン
アカイトリノムスメ
クールキャット
ホウオウイクセル
アナザーリリック
スライリー

【抽選対象(3/4)】

エンスージアズム(抽選突破)
サルファーコスモス(抽選突破)
ステラリア(抽選突破)

タガノパッション(非当選)

オークス4着 タガノパッションは抽選突破とならず、出走は叶いませんでした。

注目どころ

牝馬三冠最終戦、今年は阪神競馬場!

牝馬三冠の最終戦は、例年、京都競馬場の芝2000メートルを舞台に行われますが、京都競馬場が改修工事中のため、今年は阪神競馬場で行われることとなりました。

京都と阪神では求められる脚質が異なってくるので、一概に過去の傾向だけでは判断が難しそうです。

ソダシ一強ムード⁉

白毛の桜花賞馬ソダシに注目が集まりそうですね。前走札幌記念では、古馬の追走を振り切り1着。
オークスは明らかに距離が長く感じました。2000mまでなら無敗のソダシに注目が集まります。

トライアルレースの勝ち馬ファインルージュアンドヴァラナウトも力をつけている印象。

桜花賞2着、日本ダービー5着のサトノレイナスは骨折のため長期離脱、オークス馬ユーバーレーベンは直行で二冠を目指します。

阪神競馬場2000m芝コース形態

阪神競馬場の内回りコースを使用します。

正面スタンド前4コーナー出口付近からスタートします。最初のコーナーまでの距離は約300メートルで、内回りコースを1周します。最後の直線は約350メートルで、直線途中に急な上り坂があります。

コーナー4つを回る器用さと、最後の急坂を乗り越えるスタミナが求められるコースです。

過去データと分析

近年のレース結果や配当を確認しておきましょう。

レース結果

過去3年の3着以内の馬とタイムです。

ここ近年は、桜花賞、オークス出走組から勝ち馬が出ています。
しかもデアリングタクト、クロノジェネシス、アーモンドアイはオークスからの直行でした。
ただし、過去10年をみると2016年の勝ち馬ヴィブロスのように春の二冠には出走せず、夏に力をつけた『上り馬』が3勝を挙げていることにも注目です。

配当金

過去3年の馬連・馬単・3連単の配当金です。

2020年デアリングタクトの単勝オッズは1.4倍。にもかかわらず、人気薄の馬が2頭馬券に絡んだため、3連単は万馬券となりました。
過去10年をみても、3連単10万以上の馬券が出たのは1回ですが、そこそこ荒れる傾向にはあるようです。

マネ夫婦の予想

マネ妻
マネ妻

今年のポイントは、舞台が阪神競馬場!
適性のある馬を見つけられるかがポイントになりそう。

マネ夫
マネ夫

札幌記念を勝ったソダシは、タフな阪神2000mも合いそうな印象。
他に適性のありそうな馬を探すぞ!

マネ夫婦の展開予想・印は10月15日(金曜)更新予定です。お楽しみに!

展開予想

2021.10.15更新

レースのポイント

・逃げ馬は1頭、有力馬たちはソダシをマーク、平均ペースで流れそう
・持久力勝負に対応できるかどうか
・土曜日から日曜日にかけて降る雨量に注意

レース予想

5エイシンヒテンが単騎で逃げ、2ステラリア4ソダシ6スライリー7サルファーコスモスあたりが好位につきそう。

その後ろに9アンドヴァラナウト12アカイトリノムスメ14ファインルージュ、後方待機が11ユーバーレーベンといったところでしょうか。
オークス同様、有力馬たちはソダシを徹底マーク、ソダシの出方を見ながらレースを進めそうですね。

エイシンヒテンのペースなら、1000m通過は59秒~60秒の平均ペースで流れるのではと思います。

3コーナーあたりから、徐々にペースを上げる4ソダシが、持続力勝負に持ち込み、押し切る競馬に出るのではと予想します。
そうなると、持久力型の11ユーバーレーベン12アカイトリノムスメが候補にあがります。

阪神内回りコースのレースでは内枠の馬も譲れません。
1スルーセブンシーズも内枠を上手く立ち回れば馬券内のチャンスもあるのではないでしょうか。

マネ夫婦の予想印

◎4ソダシ
〇11ユーバーレーベン
▲12アカイトリノムスメ
△14ファインルージュ
△1スルーセブンシーズ

うーん、今回はソダシに逆らえなさそうな気がしますが、どうでしょう。

10月16日(日曜)に買い目を更新します。お楽しみに!

マネ夫婦の買い目公開

2021.10.16更新

<買い目>

3連単1頭軸マルチ(36点)

4→1,11,12,14

展開、コース適正、調教内容、どれをとっても今回のソダシには文句のつけようがありません。
日曜日の午前中まで雨予報が出ていますが、ソダシなら多少馬場が渋っても問題ないでしょう。

しかし、ソダシは過去6勝のうち、4勝が0.1秒以内の僅差を制したレース。
位置取りや仕掛けるタイミングなど、逆転のチャンスは他馬にも十分あると思い、買い方は1着固定ではなくマルチにしました。

おまけ マネ夫婦による人気馬チェック

人気馬を疑うマネ夫婦が、「この人気馬、ホントに大丈夫?」と思われる不安要素をまとめました。
あくまで個人的な見解ですので、あしからず。

前日売り3番人気 12アカイトリノムスメ、輸送と当日の馬場状態がカギ
筋肉質だった母アパパネと違い、馬体重450㎏台と比較的小柄な牝馬。関西への輸送がカギになりそう。また、国枝調教師が「キレイな馬場でやらせてあげたい」とコメントしており、雨で馬場が渋るとどうなるか。

前日売り4番人気 9アンドヴァラナウト、ハイレベルのレースに対応できるか
前走ローズステークスは鮮やかな末脚で見事重賞を勝ったが、正直レースレベルは低かった印象。
今回は一気にメンバーのレベルはアップする。強豪たちがそろうG1でどこまで対応できるか。

前日売り5番人気 11ユーバーレーベン、オークス後ぶっつけ本番、状態に多少の不安あり?
オークスのレース後、脚元に腫れが出たため、夏は休養を取り、秋華賞はぶっつけ本番になります。
元々は叩いて良くなるタイプの馬だけに、一発勝負の本番でどう結果がでるでしょうか。

マネ夫婦
マネ夫婦

牝馬三冠最終戦、勝つのはどの馬だ⁉
それでは競馬を楽しみましょう!

レース結果&レース回顧

アカイトリノムスメが、自身初のG1勝利&母アパパネに続く秋華賞制覇となりました。
終始好位で折り合い、直線で抜け出した後は、アンドヴァラナウト、ファインルージュとの競り合いを制しました。
オークスからのぶっつけ本番でしたが、さすが牝馬の国枝厩舎ですね!
仕上がり十分の印象でした。(疑ってごめんなさい)

1番人気ソダシは10着に敗れましたね。
レースはエイシンヒテンが逃げ、1000m通過61秒2のスローペース。
ここまではブログの展開予想通りでした!
4コーナー手前から徐々にピッチを上げ、ロングスパートで粘るソダシを想像しましたが、鞍上が促しても手ごたえがなさそうで、馬群に沈んでいきました。
口内負傷、血統、精神面、色々言われていますが、どれが正解とも言えず、難しい問題ですね。
次走は未定。元々秋華賞を年内ラストレースと考えていたようなので、まずは負傷を癒し、また純白の女王がターフに戻ってくるのを待ちたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました