大阪杯2021予想

競馬予想
スポンサーリンク

第65回 大阪杯2021【G1】

阪神競馬場 2000メートル(芝・右)Aコース
4歳上オープン(国際)(指)定量 フルゲート16頭
2021年4月4日(日曜日)2回阪神4日 第11レース

注目どころ

何といっても現役最強馬2頭の対決ですよね。

無敗でクラシック三冠を成し遂げ、昨年のJRA賞最優秀3歳牡馬を受賞したコントレイル。
ジャパンカップではアーモンドアイに敗れたものの、現役最強クラスの牡馬ですね。
今年で引退が囁かれています。矢作調教師の「出るからには全部勝つ」という発言からも、一戦一戦に注目ですね。

もう一頭の優勝候補グランアレグリアは、昨年短距離界では敵なしの強さを見せました。高松宮記念は2着に敗れたものの、安田記念、マイルチャンピオンシップで驚異的な末脚を披露して優勝。
彼女の中距離路線への挑戦はとても楽しみです。

そして、コントレイルとクラシックを戦ったサリオス、未だ無敗で底が見えないレイパパレなど、楽しみなメンバーがそろいました。

阪神競馬場2000m芝コース形態

大阪杯が行われる阪神競馬場のコース形態についてご紹介します。

阪神競馬場の内回りコースを使用します。
正面スタンド前4コーナー出口付近からスタートします。最初のコーナーまでの距離は約300メートルで、内回りコースを1周します。最後の直線は約350メートルで、直線途中に急な上り坂があります。コーナー4つを回る器用さと、最後の急坂を乗り越えるスタミナが求められるコースです。

過去データと分析

レース結果

過去3年の3着以内の馬とタイムです。

内回りコースでスローペースになりやすく、先行馬が残る傾向があります。スムーズに先行でき、ある程度位置を取りにいかないとラストの末脚だけの勝負は厳しいようです。

配当金

過去3年を見ても既にG1一線級で戦ってきた実績ある馬が勝っているため、それほど荒れる傾向ではないようです。

マネ夫婦の予想

今週末も雨予報が出ていますね。
それでも先週の阪神競馬場ではレコードが出るほど早い時計が出ていました。
キセキ、ギベオンの回避が伝えられ、どの馬が先行するのか予想が難しいです。

マネ妻
マネ妻

コントレイルVSグランアレグリア! 楽しみ!!

マネ夫
マネ夫

サリオスがどれだけ成長しているかも注目しているよ。

どんなレースになるのか、とても楽しみです。


2021.04.02更新

◎7コントレイル
3000m激走した後のジャパンカップは2着に敗れましたが、メンバー最速の上がり3F34秒3の末脚で存在感を示しました。
調教後馬体重は476㎏と前走時から+20㎏とかなりボリュームアップしていますが、調教でも好時計を出しているので成長分と捉えています。
福永騎手も「100点と言っていい調整」とコメントしていましたし、不安要素がありません。
この馬の適正距離は2000mが現状ベストだと思いますし、ここは三冠牡馬の能力を信じたいと思います。

〇12グランアレグリア
最も懸念されているのが初の距離となる2000mへの対応と言われていますね。
デビュー当初は折り合い面の不安などから、オークスを回避しNHKマイルCに出走しました。
4歳になった去年は1200m1600mのG1に出走し、1着3回2着1回と強さを見せつけました。
今は調教でも単走ではなく、併せ馬でも我慢できるように折り合いには問題ないように感じます。
アーモンドアイを負かした鬼脚で三階級制覇の最強女王となるのか、期待しかありません。

▲2サリオス
同世代で負けた相手はコントレイルだけ。生まれた時代が違っていたらサリオスが無敗の三冠馬だったかもしれない、と考えてしまいます。
マイルチャンピオンシップでは枠に恵まれず5着に敗れましたが、上がり3F34秒1はグランアレグリアを凌ぐメンバー最速でした。
個人的にデビュー当時から「ダービー獲れる馬だ!」と追いかけていたので、思い入れのある1頭です。
追い切りでも力強いフットワークを見せていましたし、パワーを要する阪神内回りコースもこなせると思います。
姉サラキアは晩成型でしたし、サリオスも今後の成長が楽しみです。

△8レイパパレ
昨年の秋華賞は抽選で除外となりましたが、出走していればデアリングタクトと好勝負を演じただろうと言われています。
秋華賞除外後も勝ち続け、現在無傷の5連勝。
前走チャレンジカップは、1000m通過62.0秒とスローペースを2番手で追走し、最後の直線で他馬を突き放しての完勝。
恐らくこのメンバーなら先頭に立ち、そのまま逃げ切れる力を持っているのではないかと思います。
いきなりのG1初挑戦ですが、彼女のポテンシャルに注目です。

△4ブラヴァス
前走の金鯱賞では最下位に沈みましたが、馬場が合わなかったことが敗因と陣営は話しています。
今週も雨予報が出ていますが、金鯱賞の時のような大雨でなければ、内枠を生かして好位で立ち回ってくれるのではないかと思っています。
阪神競馬場は1着2回2着2回の連対率100%の高相性なので、巻き返しに期待です。


2021.04.03更新(NEW)

<展開予想>

4月4日(日曜)の天気予想では、午前中から弱い雨が降り続けるようです。
予報通りならやや重~重の馬場になるのではないでしょうか。

逃げ宣言の馬もおらず、展開はスローペースが予想されます。
ある程度前に付けて、早めに追い出して抜け出す馬に勝機があると思っています。

<買い目>

3連単
7→12→2
7→2→12

印は△まで付けましたが、実際のところコントレイル・グランアレグリア・サリオスの三頭で決まってしまうのではないか!?と思っています。
夢の競演となった昨年のジャパンカップも1~3番人気の馬で決着しましたし。
今回は買い目を増やしてしまうと、当たっても旨みがないので、思い切って2点に絞りました。

※当日雨が予報より降るようならサリオス1着の3連単も追加しようと思っています。

最後は三頭のたたき合いになるのを見てみたいですね。
どんなドラマが待っているのか今から楽しみです!!

レース結果&レース回顧

レース当日の午後は思ったより雨が降り、大阪杯の前に馬場コンディションは重になりました。
そんなタフな馬場を1000m59.8秒のハイペースで通過し、そのまま逃げ切ったレイパパレ!

このメンバーを相手に自分のレースに徹しましたね。強かったです。
連勝を6に伸ばした彼女の次のレースが今から楽しみですね。

2着にモズベッロ、3着コントレイルとなりました。

モズベッロは本当に不良馬場を得意としていますね。侮れない一頭です。

コントレイル、グランアレグリア、サリオスには良馬場での再戦を望みます!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました