【ジャパンカップ2021】レース紹介・過去データ・展開予想

競馬予想
DSC_0198
スポンサーリンク
マネ夫婦
マネ夫婦

競馬好き夫婦です。
競馬予想する上で、知っておくと役立つ【コース形態】【過去情報】をまとめました。
レース前には、マネ夫婦の見解による【展開予想】もつぶやきます。

第41回 ジャパンカップ2021【G1】

東京競馬場 2400メートル(芝・左)Cコース
3歳上オープン(国際)(指)定量 フルゲート18頭
2021年11月28日(日曜日)5回東京8日 第12レース 15時40分発走
ジャパン・オータムインターナショナル

本賞金:1着3億円、2着1億2000万円、3着7,500万円、4着4,500万円、5着3,000万円

東京競馬場2400m芝コース形態

ジャパンカップが行われる東京競馬場のコース形態についてご紹介します。
ジャパンカップ以外にもオークス、日本ダービーといった日本競馬を代表するレースが行われる舞台です。

スタンド前の直線からスタートし、最初の1コーナーまでの直線の長さは約350メートルあり、1~2コーナーにかけてはほぼ平坦です。向こう正面直線の直線の長さは約450メートル、3~4コーナーにかけては下り坂になっています。

最後の直線の長さは525.9メートルで、新潟競馬場の外回りに次ぐ長さです。
直線を向いてすぐ高低差約2メートルの上り坂があり、坂を超えたあとゴールまでの約300メートルは平坦です。

長距離戦を戦うスタミナ持続力、最後の直線でのスピード瞬発力といった総合力が問われる非常にタフなコースです。

過去データと分析

近年のレース結果や配当を確認しておきましょう。

ジャパンカップ 過去3年レース結果

過去3年の3着以内の馬とタイムです。

牝馬の好走が目立ちますね。
過去10年をみても、牝馬が6勝と牡馬を上回っています。
内、3歳牝馬は2勝を挙げており、斤量53㎏で走れることが1つの勝因かもしれません。

また、内枠に入った馬、特に1枠に入った馬の過去10年の成績は【4-3-2-8】、勝率23.5%と内枠優勢の傾向があるようです。
脚質に関わらず、1枠に入った馬には注視したいですね。

ジャパンカップ 過去3年配当金

過去3年の馬連・馬単・3連単の配当金です。

2020年のジャパンカップは、世紀の一戦として話題になりましたね。
アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトの3強対決と言われ、人気馬3頭の固い決着となりました。

1番人気の過去10年の勝率が4割を示すように、実績ある人気馬が結果を残しています。
毎年レベルの高いレースになるため、紛れは少ないレースです。
ですが、穴候補で注目したいのは、ジャングルポケット産駒。
2013年11番人気で3着のトーセンジョーダン、2011年14番人気で3着のジャガーメイルはいずれもジャングルポケット産駒でした。今年出走するサンレイポケットもジャングルポケット産駒。気になる存在です。

ジャパンカップ マネ夫婦の予想

マネ妻
マネ妻

コントレイルにとってラストラン。
調教では好時計を出しているだけに期待!

マネ夫
マネ夫

今年は外国馬3頭が出走、しかもいずれもG1ホース!
2005年のアルカセット以来勝ちのない外国馬だけど、今年は波乱を呼ぶかも!?

マネ夫婦の展開予想・印は11月26日(金曜)更新予定です。お楽しみに!

マネ夫婦
マネ夫婦

ブログ更新は、マネ妻のTwitterでお知らせしています。
よかったらTwitterのフォローもよろしくお願いします!

展開予想

2021.11.26更新

レースのポイント

・典型的な逃げ馬不在、レースはスローペースか?
・先週に引き続きCコースを使用。馬場状態に変わりなければ先行馬優勢の傾向が続きそう。

展開予想

先行したい馬は多いけれど、逃げ馬はいない、といった今回のメンバー。

5キセキの出方次第といったところですが、昨年のような大逃げにはならないと思われます。
となると、サンクルー大賞を逃げ切った3ブルームが前に出るでしょうか。
この時、A.オブライエン調教師は誰もいかないなら逃げるよう鞍上にオーダーしたそうですので、今回も同じ展開になるのではと予想しました。

2列目に7オーソリティ9アリストテレス5キセキがつけ、場合によっては先頭に立つかもしれないと考えています。
ゲートに課題のある2コントレイルはその後ろ、コントレイルをマークしたい4シャフリヤールが横につけそう。
末脚を活かしたい14ユーバーレーベン18ジャパンは後方待機といった並びでしょうか。

ペースはスローペースになりそうですね。

瞬発力勝負を避けたいブルームは、早めに動き出し持久力勝負に持ち込みたいところでしょう。
先行勢がつられて早めに動き出しそう。
コントレイル、シャフリヤールが前で粘る各馬を捕まえられるかがポイントになりそうですね。

マネ夫婦の予想印

◎2コントレイル
〇4シャフリヤール
▲3ブルーム
△7オーソリティ
△12サンレイポケット
△14ユーバーレーベン

内枠優勢のジャパンカップ、ゲートが後入れの偶数枠、2コントレイルが絶好の枠に入りましたね。
追い切りでは素晴らしい動きを見せており、馬体写真もピカピカ、まさに充実一途といった印象。
実力上位で今回はさらに上積みが見込めるコントレイルには逆らえない。
今年はコントレイルの引退パーティーになるのではないでしょうか。

対抗は4シャフリヤール。道悪だった神戸新聞杯のダメージから菊花賞を回避、早くからジャパンカップを目標に仕上げてきました。
今年のダービーで見せた切れ味と斤量ハンデを活かし、先輩ダービー馬にどこまで戦えるか注目です。

気になって仕方がないのが、3ブルーム
ここ最近のジャパンカップは外国馬が苦戦しています。
しかし、外国馬だから苦戦している訳ではなく、実力の問題だと思っています。
ブルームはG1サンクルー大賞を勝ち、先月のブリーダーズカップターフでは2着。
間違いなく欧州のトップクラスの馬です。しかも鞍上は名手R.ムーア。
ブリーダーズカップターフの勝ちタイムは2分25秒9。速いレース展開にも十分対応できそうな予感!

後は、前で粘れる7オーソリティ、天皇賞秋4着と力を付けている12サンレイポケット、3歳牝馬の軽ハンデを活かせる14ユーバーレーベンを相手に入れたいと思います。

11月27日(土曜)に買い目を更新します。お楽しみに!

マネ妻
マネ妻

ブログ更新は、マネ妻のTwitterでお知らせしています。
よかったらTwitterのフォローもよろしくお願いします!

マネ夫婦の買い目公開

2021.11.27更新

<買い目>

3連単フォーメーション(8点)
2→3,4→3,4,7,12,14

3連単フォーメーション(4点)
3→2→4,7,12,14

有終の美を飾るであろう2コントレイルを1着固定としました。
買い目を絞るため、2着は3ブルーム4シャフリヤールの2頭、3着に△の印の馬を入れました。

逆転があるなら3ブルームではないでしょうか。
土曜日のレースを見た限り、内外有利不利がないとすれば、内枠有利。
メンバー的に誰も競りかけてこないなら逃げ切りまで見込めるのではと予想します。

ブルーム1着の馬券も少し買って、あわよくばを狙いたいと思います。

マネ夫婦
マネ夫婦

秋の大一番、ジャパンカップ!勝つのはどの馬だ!?
それでは競馬を楽しみましょう!

レース結果&レース回顧

無敗の三冠馬コントレイルがラストランで有終の美を飾りました。

レースは、先頭に立つかと思っていたブルーム、キセキが出遅れ、アリストテレスが先頭に立つ形になりました。
オーソリティ、シャフリヤールは好位を取り、コントレイルは中団よりやや後方。

前半1000m通過62秒2の超スローペース。このままラストの直線は瞬発力勝負になるかと思われましたが、キセキが一気にまくって先頭にたち、スピードをあげたまま直線へ。
残り300mあたりでキセキは失速、オーソリティが先頭に立つもシャフリヤールとコントレイルが詰め寄り、最後はコントレイルが上り最速の素晴らしい脚で他馬を2馬身突き放して1着。

2着に同じく4歳馬オーソリティ、3着はダービー馬シャフリヤールが入りました。

マネ夫婦は現地観戦していましたが、強い強いコントレイルの走りに場内は拍手喝采でした。
さらにレース後の福永騎手の涙には、こちらもこみあげてきましたね。
本当にいいレースを見ることができました。

11戦8勝、内G1・5勝、どのレースも印象深く残っています。
まだまだコントレイルの走りを見てみたいですが、ディープインパクトの最高傑作として第2の人生を応援したいと思います。

無敗の3冠馬から無敗の3冠馬へ引き継がれる血統、彼の子供たちはどんな走りを見せてくれるのか。
数年後が今から待ち遠しいですね。この楽しみがあるから競馬はやめられない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました