【桜花賞2022】レース紹介・過去データ分析・展開予想

競馬予想
スポンサーリンク
マネ夫婦
マネ夫婦

競馬好き夫婦です。
競馬予想する上で、知っておくと役立つ【コース形態】【過去情報】をまとめました。
レース前には、マネ夫婦の見解による【展開予想】もつぶやきます。

第82回 桜花賞2022【G1】

阪神競馬場 1600メートル(芝・右)Bコース
3歳オープン(国際)牝(指)定量 フルゲート18頭
2022年4月10日(日曜日)2回阪神6日 第11レース 15時40分発走

本賞金:1着1億3,000万円、2着5,200万円、3着3,300万円、4着2,000万円、5着1,300万円

桜花賞出走条件

出馬投票で18頭を超える場合は、優先出走権を持つ馬と、収得賞金の多い順に出走することができます。

優先出走権を付与されるトライアルレースは次の3つです。

【優先出走】

チューリップ賞(阪神・芝1600m)3着以内
1着 ナミュール
2着 ピンハイ
3着 サークルオブライフ

アネモネステークス(中山・芝1600m)2着以内
1着 クロスマジェスティ
2着 ラズベリームース

フィリーズレビュー(阪神・芝1600m)3着以内
1着 サブライムアンセム
2着 ナムラクレア
3着 アネゴハダ

【賞金上位馬】()は収得賞金

ウォーターナビレラ(2500)
ラブリイユアアイズ(2300)
プレサージュリフト(2250)
ライラック(2250)
スターズオンアース(1900)
アルーリングウェイ(1600)
フォラブリューテ(1600)
ベルクレスタ(1000)

【抽選対象馬(2/6)】
カフジテトラゴン(400)※抽選突破
パーソナルハイ(400)※抽選突破

アリシアン(400)※非当選
カランセ(400)※非当選
グランスラムアスク(400)※非当選
ビジン(400)※非当選

阪神競馬場1600m芝コース形態

桜花賞が行われる阪神競馬場のコース形態についてご紹介します。

阪神競馬場の外回りコースを使用します。
向こう正面のやや左寄りからスタートします。最初のコーナーまでの距離は444メートルで、外回りのゆったりとした3~4コーナーを回った後、最後の直線は約470m。直線途中には高低差1.8mの急坂があります。

最初の直線が長いため、ゆったりしたペースになりやすく、最後の直線で瞬発力勝負になりやすいコースです。

桜花賞 過去データと分析

近年のレース結果や配当を確認しておきましょう。

桜花賞 過去レース結果

過去3年の3着以内の馬とタイムです。

昨年の桜花賞は、ソダシが勝ち、<無敗の桜花賞馬&白毛初のG1制覇&レコード決着>と話題たっぷりのレースでした。

ソダシは先行からの好位差しでしたが、過去の勝ち馬を見てみると、デアリングタクトやグランアレグリア、アーモンドアイといった末脚自慢の馬の名前が連なっています。

過去10年のデータをみても、上り最速の馬の複勝率は80%!
内枠で揉まれるより、外枠や後方から追い込んできた末脚の切れる馬の好走が目立っているようです。

桜花賞 過去3年配当金

過去3年の馬連・馬単・3連単の配当金です。

過去10年を見ても3連単で10万円を超えたのは2回だけで、人気馬で決着するケースが多いようです。

ただし1番人気の勝率は【1-3-1-5】と勝率10%複勝率50%とあまり高くありません。
トップ勝率は2番人気で【5-3-0-2】と勝率50%複勝率80%!

前哨戦で惜敗した馬や、連勝して調子が上がっているのに知名度の高い2歳女王の陰に隠れている馬など、本来は1番人気でもおかしくない実力のある馬を見付けたら要チェックですね。

また、5~8番人気の伏兵が馬券に絡んで3連単が高配当になることもあるので注意したいです。

桜花賞2022 マネ夫婦の予想

マネ妻
マネ妻

今年のハイレベルなチューリップ賞を勝ったナミュールに注目!
普通にゲートを出てくれれば、だけど・・・。

マネ夫
マネ夫

3歳は数か月で見違えるほど成長することも。
クイーンカップ、上り最速のベルクレスタに期待!

お知らせ
マネ夫婦の展開予想・印はレース前々日の金曜日に更新しています。
※引っ越し中のため、更新をお休みする場合があります。ご迷惑をおかけします!

マネ夫婦
マネ夫婦

ブログ更新は、マネ妻のTwitterでお知らせしています。
よかったらTwitterのフォローもよろしくお願いします!

桜花賞2022 展開予想

2022.04.08更新

レースのポイント

・昨年同様今週からBコース替わりになるため、スピード勝負になりそう
・3歳牝馬は折り合いや当日の気配にも注意

展開予想

まずはレースの鍵を握る逃げ馬をチェックしましょう。
ダート路線で近3走逃げて粘りこむ競馬をしてきた2カフジテトラゴン
ハナにこだわりたい、と逃げ宣言している矢作調教師&吉田豊騎手コンビの4パーソナルハイ
この2頭なら自力のある4パーソナルハイが先頭でペースを作るのではないかと考えます。

続いて、好枠から3アルーリングウェイ6ウォーターナビレラ8スターズオンアース9クロスマジェスティが番手~中団を形成しそう。
15アネゴハダは溜める競馬を、と陣営がコメントしているので控えそうな予感です。

7サブライムアンセム12ベルクレスタ17フォラブリューテ18ナミュールと瞬発力自慢の馬たちが後方待機といったところでしょうか。

2歳女王16サークルオブライフはチューリップ賞では位置を取りに先行しましたが、今回は阪神JFのような捲りの競馬を狙ってきそうですね。

今週からBコースとなるため、内側の痛みはカバーされます。
加えて土日は絶好の行楽日和といった晴れ予報が出ているので、ペースは早く、レコードに近い高速決着になるのでは、と予想します。

そうなると、早いペースに対応できる先行馬、もしくは弾けるような瞬発力を秘めた差しに勝機があるのではと考えます。

前者の候補には、3アルーリングウェイ6ウォーターナビレラ8スターズオンアース
後者の候補には、18ナミュール14プレサージュリフト16サークルオブライフ

マネ夫婦の予想印

◎ 6ウォーターナビレラ
〇16サークルオブライフ
▲18ナミュール
△3アルーリングウェイ
△14プレサージュリフト
△12ベルクレスタ

6ウォーターナビレラ本命にしました。
先行力がありながらも好位から良い脚が使えるのがこの馬の強さだと思っています。
また、折り合いに心配がないという点も3歳牝馬戦で需要なポイントですね。
前走チューリップ賞では5着に敗れましたが、追い切りからも本番に向けて状態を挙げてきました。
武豊騎手、武幸四郎調教師の兄弟初G1制覇に期待しています。

対抗に16サークルオブライフ
同じ舞台の2歳G1阪神JFの勝ち馬です。
休み明けで調子今一つながら3着だったのは実力ある証だと思っています。
追い切りでも自己ベストを出していることから、こちらも本番に向けて準備は整った印象です。
長く良い脚も使えますが、瞬発力勝負にも対応十分できると思っています。

能力的に抜けているのは18ナミュールでしょう。
チューリップ賞の走りを見て飛びつきたくなりましたが、気性面がどうしても心配ですね。
また、デビューから馬体重も増えておらず、むしろ減っているのも気になります。
鞍上の横山武史騎手ももう少し力強さが欲しいとコメントされているように、本格化はまだ先の様子。
危険な1番人気ならば、押さえとしては買うものの、軸は成長著しい他の馬にしたいと思います。

相手は、まだ対戦成績がなく未知数ながら走りに期待したい3アルーリングウェイ
エルフィンステークスのタイムなら高速決着にも対応十分と判断しました。

後はクイーンカップで上り33秒台を出した14プレサージュリフト12ベルクレスタを相手に入れました。

4月8日(土曜)に買い目を更新します。お楽しみに!

マネ妻
マネ妻

ブログ更新は、マネ妻のTwitterでお知らせしています。
よかったらTwitterのフォローもよろしくお願いします!

マネ夫婦の買い目公開

2022.04.09更新

<買い目>

3連複フォーメーション(15点)
6=3,16=3,12,14,15,16,18

晴天で行われた土曜日のレースの勝ち時計、やはり早かったですね。
10レースの3勝クラス芝2000mのタイムは、1:58.3と先週の大阪杯のタイムを0.1秒早い決着となりました。
明日の桜花賞は、1分31秒台のレコード並みのタイムになるのではと予想します。

そこまで飛ばす馬もいないことから、先行できる馬の前残りに期待!
6ウォーターナビレラを軸、同じく先行馬3アルーリングウェイと自力ある16サークルオブライフを2列目とした3連複フォーメーションで勝負したいと思います!

穴馬に成長力著しい15アネゴハダを追加しています。

ナミュールが来た時の保険は、当日の気配を見て、買い足そうか考え中です。

マネ夫婦
マネ夫婦

桜の女王はどの馬に!?
それでは競馬を楽しみましょう!

桜花賞2022 レース結果&レース回顧

桜の女王に輝いたのは、単勝7番人気のスターズオンアースでした!
重賞戦線で連続2着と惜敗が続いていましたが、桜花賞の大舞台が重賞初制覇となりました。

前半600m通過が34秒6とゆったりとしたペースで流れ、ほぼ一団でラストの直線へ。
2番手追走のウォーターナビレラで決まりかと思われましたが、内をこじ開けスターズオンアースがハナ差捉えて先頭でゴールとなりました。
最後は川田騎手のエスコートと、スターズオンアースの勝負根性が光りましたね。

馬場は内有利、展開は前有利の中、サークルオブライフの末脚はさすがでしたね。
4着に敗れましたが、オークスでの巻き返しに期待しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました