【NHKマイルカップ2022】レース紹介・過去データ分析・展開予想

競馬予想
スポンサーリンク
マネ夫婦
マネ夫婦

競馬好き夫婦です。
競馬予想する上で、知っておくと役立つ【コース形態】【過去情報】をまとめました。
レース前には、マネ夫婦の見解による【展開予想】もつぶやきます。

第27回 NHKマイルカップ2022【G1】

東京競馬場 1600メートル(芝・左)Aコース
3歳オープン(国際)牡・牝(指)定量 フルゲート18頭
2022年5月8日(日曜日)2回東京6日 第11レース 15時40分発走

本賞金:1着1億3,000万円、2着5,200万円、3着3,300万円、4着2,000万円、5着1,300万円

NHKマイルカップ出走条件

出馬投票で18頭を超える場合は、優先出走権を持つ馬と、収得賞金の多い順に出走することができます。

優先出走権を付与されるトライアルレースは次の2つです。

【優先出走】

ニュージーランドトロフィー(中山・芝1600m)3着以内
1着 ジャングロ
2着 マテンロウオリオン
3着 リューベック ※骨折休養中

アーリントンカップ(阪神・芝1600m)3着以内
1着 ダノンスコーピオン
2着 タイセイディバイン
3着 キングエルメス

【賞金上位馬】()は収得賞金

セリフォス(5300)
プルパレイ(2900)
トウシンマカオ(2350)
ソリタリオ(1700)
アルーリングウェイ(1600)
インダストリア(1600)
フォラブリューテ(1600)
ダンテスヴュー(1200)
ソネットフレーズ(1150)
ステルナティーア(1000)
オタルエバー(900)
カワキタレブリー(900)

ドーブネ(1000)※出走見送り

抽選対象馬(1/3)】

セイクリッド(400)※抽選突破

ディオ(400)※非当選
デルマグレムリン(400)※非当選

東京競馬場1600m芝コース形態

NHKマイルカップが行われる東京競馬場のコース形態についてご紹介します。
安田記念やヴィクトリアマイルと同じ舞台になります。

向こう正面直線の右奥からスタート、ワンターンのコースです。最初のコーナーまでの距離は約550メートルあり、3~4コーナーにかけては下り坂になっています。
最後の直線の長さは525.9メートルで、新潟競馬場の外回りに次ぐ長さです。
直線を向いてすぐ高低差約2メートルの上り坂があり、坂を超えたあとゴールまでの約300メートルは平たんです。

逃げ馬の有無によって展開が左右されやすく、前半ハイラップになれば、末脚自慢の馬が台頭し、前半スローペースになれば、ある程度前の位置でロスなく立ち回り、好位から差し切れる先行馬が有利な傾向があります。

先行馬にも差し馬にも、スピード持続力スタミナを求められるタフなコースです。

NHKマイルカップ 過去データと分析

近年のレース結果や配当を確認しておきましょう。

NHKマイルカップ 過去レース結果

過去3年の3着以内の馬とタイムです。

重賞で好成績を収めてきた馬が、NHKマイルカップでも結果を残しています。
2021年 シュネルマイスター(ディープ記念2着)
2020年 ラウダシオン(ファルコンS2着、小倉2歳S3着)
2019年 アドマイヤマーズ(朝日杯FS1着、デイリー杯2歳S1着、共同通信杯2着)
今回も重賞実績のある馬はチェックしたいですね。

また、昨年2着のソングラインや一昨年2着のレシステンシアのように桜花賞から参戦する牝馬の好走も目立つレースです。
特に、関西輸送で体調を崩したり、レースで不利があったり、桜花賞で本来の力を出せなかった馬がいないかレースを復習することをオススメします。昨年のソングラインのように人気を落とし、馬券的にも旨味があるかもしれませんよ。

NHKマイルカップ 過去3年配当金

過去3年の馬連・馬単・3連単の配当金です。

過去10年の1番人気の勝率は【3-1-1-5】と勝率30%複勝率50%となんとも言えない成績です。
成長著しい3歳馬なので、2歳時の成績のみを鵜呑みにするのは危険かもしれません。

2019年の2着馬ケイデンスコールのように、二桁人気の馬が好走することも多く、過去10年でなんと7回も3連単10万円超えが出ています!
過去のレース動画、直前追い切り、パドック、などから伏兵馬をなんとか見つけたいですね。

NHKマイルC2022 マネ夫婦の予想

注目は、重賞2勝含む4戦3勝のセリフォスでしょうか。
朝日杯FSでは、ドウデュースに半馬身差で2着に敗れましたが、マイル実績ならメンバー随一。
鞍上は、今年初コンタクトでG1・2勝している福永騎手。このトレンドは続く!?

急成長ぶりを見せているアーリントンカップの勝ち馬ダノンスコーピオンも実績十分です。
アーリントンカップの勝ち時計1分32秒7は前週行われた桜花賞より0.2秒早い決着でした。
セリフォスとダノンスコーピオンに騎乗した川田騎手がこちらを選んだ理由を勘ぐりたくなります。

騎手で注目したいのは、短期免許を取得して来日したダミアン・レーン騎手ですね。
NHKマイルカップでは弥生賞5着から参戦のインダストリアに騎乗予定です。

他にニュージーランドトロフィー逃げ切り勝ちを収めたジャングロや、シンザン記念の勝ち馬で末脚驚異のマテンロウオリオンなど、今年も好メンバーが集まりました。

マネ妻
マネ妻

セリフォスvsダノンスコーピオン?
今年は荒れぎみの春G1、そんな簡単じゃなさそうな雰囲気・・・

マネ夫
マネ夫

ソネットフレーズに注目!
デイリー杯2歳ステークスではセリフォスの2着。
休み明けになるけど、能力は高そう!

【お知らせ
マネ夫婦の展開予想・印はレース前々日の金曜日(5月6日)に更新予定です。お楽しみに!

マネ夫婦
マネ夫婦

ブログ更新は、マネ妻のTwitterでお知らせしています。
よかったらTwitterのフォローもよろしくお願いします!

NHKマイルカップ2022 展開予想

2022.05.06更新

ゴールデンウイークも後半ですね。
東京競馬場のある府中市の天気は、雲が多いものの、雨マークはなさそうでした。
NHKマイルカップ当日は、良馬場の可能性大とみています。

さてさて、いつも通りレースの鍵を握る逃げ馬からチェックしましょう。
前走逃げて勝った馬は1頭、13ジャングロです。
スタートを上手に決める馬なので、すんなり先頭に立つのではと考えています。

内枠に有力な先行馬が揃いました。
1マテンロウオリオン2ソネットフレーズ5キングエルメス6トウシンマカオあたりが番手を形成しそう。

注目の4セリフォスですが、折り合いに不安があるので、もう少し外目の方が良かったかもしれませんね。
この枠なら、福永騎手はある程度位置を獲りに行くんじゃないかなーと思っています。
フェブラリーステークスのカフェファラオのような騎乗をイメージしています。

武豊騎手がコメントされている通りジャングロが、前半どこまで抑えられるかがポイントになりそうですね。
とはいえ、気性面&相手強化を考えるとペースは早くなりそう。

開催3週目で良馬場の東京マイル戦なので、超高速決着の予感です。
ラストの直線勝負で、
①長く良い脚を使い速い時計に対応できそうな馬
②スタミナ温存のため、内をロスなく回ってこれそうな馬
に勝機があるのではと予想します。

①の候補は、1マテンロウオリオン5キングエルメス6トウシンマカオ
②の候補は、4セリフォス2ソネットフレーズ11インダストリア18ダノンスコーピオン

マネ夫婦の予想印

◎11インダストリア
〇2ソネットフレーズ
▲1マテンロウオリオン
△4セリフォス
△6トウシンマカオ
△5キングエルメス

マネ夫婦は、短期免許で来日したD.レーン騎手鞍上の11インダストリア本命としました。
年明けジュニアカップを強烈な末脚で差し切ったのが印象に残っています。
ディープ記念は4コーナー付近で接触による不利がありながらも5着に健闘しました。
4戦全てのレースで上り最速を出しており、広い東京コースは相性よさそう。
宮田調教師も納得の出来具合に期待が高まります!

対抗は、デイリー杯2歳ステークスの走りが衝撃で、次走は本命にしようと目を付けていた2ソネットフレーズです。
クイーンカップを目標に調整されていましたが、脚部不安から出走回避し、約半年ぶりの実践がどうか。
今回は見送ろうかなーと思っていましたが、手塚調教師が、同厩舎で昨年の覇者シュネルマイスターと変わらない能力を持っていると話していた記事を発見!
追い切りも順調にこなしており、狙うならこのレースから狙っていこうと思います。

▲はシンザン記念の勝ち馬1マテンロウオリオン
ニュージーランドトロフィーでは差し届かず2着に惜敗しました。
休み明けだったことを考えると結果は二の次、本番に向けて仕上げてきた印象です。
好枠を活かした鞍上の手綱さばきにも注目したいです。

マイル重賞2勝4セリフォスは外せない1頭。
デイリー杯、朝日杯FSともに折り合いが難しそう面を見せていたので、間隔が空いた中で実戦への対応がどうかといったところです。
ただし、実績はメンバー随一。春G1絶好調の福永騎手騎乗なら押さえておきたいですね。

後は、骨折休養明け叩き2戦目と良化が見込める京王杯2歳ステークスの勝ち馬5キングエルメスと、同じレースの2着馬6トウシンマカオの好位差し組を相手に入れたいと思います。

アーリントンカップの勝ち馬18ダノンスコーピオンは今回見送ることにしました。
NHKマイルカップを目標にして仕上げてきた馬たちと比べると、アーリントンカップからの中2週では現状維持が手一杯ではないでしょうか。
朝日杯FS3着の実績がある馬ですが、過密スケジュールで、いわゆる「見えない疲れ」が気がかりです。

5月7日(土曜)に買い目を更新します。お楽しみに!

マネ妻
マネ妻

ブログ更新は、マネ妻のTwitterでお知らせしています。
よかったらTwitterのフォローもよろしくお願いします!

マネ夫婦の買い目公開

2022.05.07更新

<買い目>

3連単フォーメーション(10点)
2・11→2・11→1,3,4,5,6

3連複2頭軸(5点)
2=11=1,3,4,5,6

馬連・ワイド(各1点)
2=11

NHKマイルカップ当日のお天気は、曇り時々晴れと予報通り良馬場ですね。
土曜日のレースですが、ほぼ昨年と変わらないタイムが出ていましたので、高速決着必至と予想します。

買い目は、ソネットフレーズとインダストリアの1、2着折り返し、3着に流す10点をメインで組み立てました。
相手に、追い切りの良かった3ソリタリオを追加し、内枠勢ぞろい馬券になっちゃいました。

配当がそこそこつきそうな、ソネットフレーズとインダストリアの馬連・ワイドも今回は押さえておこうと思います。

3歳マイル王の称号を獲るのはどの馬か!?

それでは競馬を楽しみましょう!!

NHKマイルカップ2022 レース結果&レース回顧

3歳マイル王の座に輝いたのは4番人気ダノンスコーピオンでした。
鞍上の川田騎手はこれがNHKマイルカップ初勝利となりました。

逃げると思われたジャングロがまさかの出遅れ、最後方追走になりました。
変わってレースを引っ張ったのはトウシンマカオでした。

前半800m通過が45秒6と比較的速いぺーすとなり、先行馬は苦しい展開になります。
ラスト200mあたりでセリフォスが先頭に立つも、ダノンスコーピオンが最後の直線で力強い末脚で抜け出し、快勝!
後方で脚を溜めていた2頭が急追し、2着マテンロウオリオン3着カワキタレブリーが入線しました。

好時計で勝ったアーリントンカップからの中2週と詰まったローテーションに予想では見送ってしまいましたが、しっかり調整し、仕上げられていましたね。さすが安田隆行厩舎、恐れ入りました。

最低人気のカワキタレブリーが激走し、高配当を演じました。いやー、まったくノーマークでした。
出遅れて後方4番手、これまでの戦い方とは違い、じっくり脚を溜めてラストはいい脚を見せました。
焦らず脚質転換して結果を残す菅原騎手、マネ夫婦にとって期待のホープです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました