【日本ダービー2022】レース紹介・過去データ分析・展開予想

競馬予想
スポンサーリンク
マネ夫婦
マネ夫婦

競馬好き夫婦です。
競馬予想する上で、知っておくと役立つ【コース形態】【過去情報】をまとめました。
レース前には、マネ夫婦の見解による【展開予想】もつぶやきます。

第89回 東京優駿(日本ダービー)2022【G1】

東京競馬場 2400メートル(芝・左)Cコース
3歳オープン(国際)牡・牝(指)定量 フルゲート18頭
2022年5月29日(日曜日)2回東京12日 第11レース 15時40分発走

本賞金:1着2億円、2着8,000万円、3着5,000万円、4着3,000万円、5着2,000万円

日本ダービー出走条件

出馬投票で18頭を超える場合は、優先出走権を持つ馬と、収得賞金の多い順に出走することができます。

優先出走権を付与されるレースは次の3つです。

【優先出走】

皐月賞(中山・芝2000m)5着以内
1着 ジオグリフ
2着 イクイノックス
3着 ドウデュース
4着 ダノンベルーガ
5着 アスクビクターモア

青葉賞(東京・芝2400m)2着以内
1着 プラダリア
2着 ロードレゼル

プリンシパルステークス(東京・芝1800m)1着
1着 セイウンハーデス

【賞金上位馬】()は収得賞金
マテンロウオリオン(6200)
キラーアビリティ(3900)
アスクワイルドモア(3700)
ビーアストニッシド(3700)
オニャンコポン(2900)
ピースオブエイト(2900)
マテンロウレオ(2400)
ジャスティンパレス(2300)
デシエルト(2100)

抽選対象馬(1/2)】
ジャスティンロック(2000)※抽選突破

コマンドライン(2000)※非当選

除外対象
ポッドボレット(1600)
ヴェローナシチー(1500)
アサヒ(1150)

東京競馬場2400m芝コース形態

日本ダービーが行われる東京競馬場のコース形態についてご紹介します。

日本ダービー以外にもオークス、ジャパンカップといった日本競馬を代表するレースが行われる舞台です。

スタンド前の直線からスタートし、最初の1コーナーまでの直線の長さは約350メートルあり、1~2コーナーにかけてはほぼ平坦です。向こう正面直線の直線の長さは約450メートル、3~4コーナーにかけては下り坂になっています。

最後の直線の長さは525.9メートルで、新潟競馬場の外回りに次ぐ長さです。
直線を向いてすぐ高低差約2メートルの上り坂があり、坂を超えたあとゴールまでの約300メートルは平坦です。

長距離戦を戦うスタミナ持続力、最後の直線でのスピード瞬発力といった総合力が問われる非常にタフなコースです。

日本ダービー 過去データと分析

近年のレース結果や配当を確認しておきましょう。

日本ダービー 過去レース結果

過去3年の3着以内の馬とタイムです。

「ダービー馬はダービー馬から」という格言がありますが、なんとなんと7年連続で父子制覇が続いています
(ディープインパクト産駒5勝、キングカメハメハ産駒2勝

今年もダービー馬のディープインパクト産駒6頭、キズナ産駒1頭、エイシンフラッシュ産駒1頭が登録しています。

日本ダービー 過去3年配当金

過去3年の馬連・馬単・3連単の配当金です。

注目は皐月賞組で最多の7勝を挙げています。
さらに過去10年皐月賞組が連対していることから、馬券の中心は皐月賞組から入る方も多いのでは。

一方、昨年のダービー馬シャフリヤールは毎日杯から、3年前のダービー馬で単勝93.1倍12番人気のロジャーバローズは京都新聞杯からと、別路線組の伏兵馬にも注視したいですね。

日本ダービー2022 マネ夫婦の予想

マネ妻
マネ妻

皐月賞はジオグリフが制したけど、イクイノックス、ドウデュース、ダノンベルーガの能力に差は感じないレースだったね。ダービーまでどう仕上げるか、厩舎力が問われそう。

マネ夫
マネ夫

中でも2歳から注目していたイクイノックスに期待!
ダービーで世代4強、5強対決に決着をつけるぞ!!

【お知らせ
マネ夫婦の展開予想・印はレース前々日の金曜日(5月27日)に更新予定です。お楽しみに!

マネ夫婦
マネ夫婦

ブログ更新は、マネ妻のTwitterでお知らせしています。
よかったらTwitterのフォローもよろしくお願いします!

日本ダービー2022 展開予想

2022.05.27更新

レースのポイント

・デシエルトがレースを引っ張る可能性が高い
・長く良い脚を使える馬に注目

展開予想

いよいよ日本ダービーですね。
まずは7,522頭の頂点を決める舞台に上がった18頭に敬意を表したいと思います。

さてレースの鍵を握る逃げ馬からチェックしましょう。
今回はもう決まっていますね、14デシエルトが逃げ宣言しています。
皐月賞ではスタートで躓き、2番手を追走しましたが、やはり自分のペースで走らせたいと陣営がコメントされていました。
何が何でもハナにこだわるのではないでしょうか。
続いて、好枠から3アスクビクターモア5ピースオブエイト8ビーアストニッシドあたりが追走しそう。特に仕掛けることもなく、順当に並びが決まりそう。
4強の12ダノンベルーガ13ドウデュース15ジオグリフ18イクイノックスは中団でお互いをけん制する形になるのではないかと思われます。

マネ夫婦の中で、逃げ馬に乗るときは注意している騎手の一人が岩田康誠騎手です。
先頭に立った時、逃げ粘れるようペースをコントロールする技術が上手いので、平均ペースか若干スローペースになるのではないかと考えます。
フェブラリーステークスのテイエムサウスダンにはやられましたー。

ダービーデーの天気も晴れで良馬場が見込まれます。
今年のオークスほどではないものの、ラスト直線で一気に加速、長く良い脚を使える馬に注目したいと思います。

マネ夫婦の予想印

◎18イクイノックス
〇12ダノンベルーガ
▲7オニャンコポン
△13ドウデュース
△15ジオグリフ
△14デシエルト

18イクイノックス本命としました。
前走皐月賞は、約5ヶ月ぶりの実戦、大外枠、初の右回りってどうなの~⁉と印をさげていましたが、強かった!
2着には敗れたものの、勝ちに等しい内容に、次のダービーが楽しみになりました。
元々間隔を空けて使うタイプだけに、疲れが気になりましたが、追い切りの動きも抜群で順調に来れている印象を受けました。
スライドが大きいフットワークはまさに東京向き。
皐月賞の借りはダービーで返す!イクイノックスに期待しています。

対抗は12ダノンベルーガとしました。
前走皐月賞では外枠有利のトラックバイアスがありながら、最内枠を上手くさばき4着。
脚元に不安があり、皐月賞の出走自体ギリギリまで出否を出せなかった中、負けて強しの競馬を見せてくれました。
大目標のダービーに向けて、どう仕上げるのかなーと思っていたら、1週間前の追い切りで驚きのタイムを出していましたね。
6ハロン77秒9を綺麗な加速ラップでまとめるって、次元が違う走りじゃないか!
堀調教師も絶賛の出来に注目です。

成長力に期待したいのが7オニャンコポン
馬名が先行して話題に挙がっていますが、京成杯を勝ち、皐月賞では勝ち馬と0.4秒差の6着は相当実力のある馬だと思います。
デビュー以降一貫して2000mを走っていることから、折り合いの問題もなさそうですし、東京競馬場での勝ち実績もあります。
京成杯で見せた末脚は広い東京コースでも生きているのではないでしょうか。
菅原明良騎手は既に重賞2勝挙げている若手のホープ。自信をもって臨める出来と力強いコメントも見かけました。
さあ、頼んだよ、菅原君!!

皐月賞馬15ジオグリフ、2歳王者13ドウデュースは相手に抑えつつ、4強がけん制し合えば14デシエルトの逃げ切りもあるかなと、相手に入れました。

5月28日(土曜)に買い目を更新します。お楽しみに!

マネ妻
マネ妻

ブログ更新は、マネ妻のTwitterでお知らせしています。
よかったらTwitterのフォローもよろしくお願いします!

マネ夫婦の買い目公開

2022.05.28更新

<買い目>

★本線
3連単フォーメーション(15点)
18→7,12,13→3,7,12,13,14,15

3連複フォーメーション(12点)
18=7,12,13=3,7,12,13,14,15

★別線
3連複1頭軸流し(10点)
13=3,7,12,15,18

前日発売のオッズは、4強が人気を分け合う形になっていますね。

金曜日の雨の影響もなく、土曜日は良馬場で行われました。
先週のオークスのタイムから、2分23秒台前半の決着になるのではないかと考えています。

馬券は、メンバーの中で最も高速決着に対応できそうな18イクイノックスを1着固定としたフォーメーションと3連複で組み立てました。
印には付けませんでしたが、3アスクビクターモアも不気味な存在。先行してからの粘りも想定し、3列目に追加しました。

気がかりなのは、イクイノックスの実戦経験が少なさです。
最大7万人の観客の前でパフォーマンスが維持できるかというのもポイントになりそう。
別路線として、実戦経験豊富な13ドウデュースを軸とした3連複も少し押さえておこうと思います。

マネ夫婦
マネ夫婦

7,522頭の頂点の頂点に立つのはどの馬!?

それでは競馬を楽しみましょう!!

日本ダービー2022 レース結果&レース回顧

第89回日本ダービーは、3番人気のドゥデュースが2番人気のイクイノックスをクビ差制し、見事ダービー馬の栄冠を勝ち取りました。
鞍上の武豊騎手は、6回目のダービー制覇!関係者の皆様、おめでとうございます!

宣言通りデシエルトが逃げ、1000m通過が58秒9と引き締まったペースになりました。
ラストの直線では後方で脚を溜めていたドウデュースの末脚がさく裂し、前を行く馬を一気に交わして先頭へ。イクイノックスも追いかけますがクビ差届かず、ドウデュースが先頭でゴールしました。

皐月賞で悔しい思いを晴らすような素晴らしい豪脚でした。
ドウデュースですが、この後、順調にいけば、秋に凱旋門賞へ挑戦とのことです。
楽しみしかありませんね!

2着イクイノックスと3着アスクビクターモアについても少し記しておきたいので一言。
イクイノックスは皐月賞、日本ダービーと大外枠からの発走と枠に恵まれない中で2着と本当に力がありますね。ポテンシャルが高そうなだけにこの秋の成長が楽しみです。
前が総崩れの厳しい展開の中、前で粘ったアスクビクターモアも力のある一頭。2019年のロジャーバローズを彷彿とさせる戦いでした。前の2頭が強すぎたの一言です。

今年は3年ぶりに日本ダービー現地観戦が叶いました。
本馬場入場で各馬に送られる拍手、ゴール後の豊コール、一喜一憂するお客さんたちを見て、「やっぱり競馬って面白い!」と実感しました。

不振が続いたマネ夫婦の馬券ですが、日本ダービーで久々の的中となりました!ホッ。

来週からは新馬戦がスタートします。
来年はどんなダービー馬が誕生するのでしょうか、また新たな1年の幕開けです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました