【台風 過ごし方】台風だからこそ〇〇をする!【マイナスをプラスに】

雑記
スポンサーリンク

台風かぁ。予定もキャンセルだし、どうやって過ごそう…
台風最悪!

マネ夫婦
マネ夫婦

台風のせいで予定がめちゃくちゃ。
台風は悪!マイナス!なことと思いがちですが、
台風だからこそ、できることやラッキー!と思えることもあるはず。
【マイナスをプラスに】する台風の日の過ごし方を紹介します。

台風で暇な日~台風だからこそできること~

台風による人手の減少を活かした外出

マネ夫婦
マネ夫婦

台風が近付いてくると、どこも人手が減少しますね。
普段混雑するスポットも、空いている!なんてことが生じます。
台風だからこそより楽しめそうなスポットへ行かれてみてはどうでしょう。
ただ、台風の影響による雨なら外出も問題ないでしょうが、
台風が近くまで来ている際や強風を伴う際の外出は安全のためにも避けた方がいいですよね。

ディズニーランド

平日・休日問わず混雑するディズニーランドも台風が近付いている際は、人手がかなり減少します。
強風が吹くと運転を見合わせるアトラクションもありますので、室内のアトラクションメインで楽しむつもりで行かれては。ただ、場合によっては、開園時間の変更・園の休園等もあり得るので、台風の状況を見極める必要があります。

屋内レジャー施設

東京ジョイポリス

東京ジョイポリスとは、国内最大級の屋内型テーマパークのこと。建物内で絶叫コースターや最新技術を駆使したVRなど、 20種類以上のアトラクションを楽しむことが可能です。

東京ドームシティ

東京ドーム周辺一帯を東京ドームシティと言います。
入園無料で気軽に遊ぶことができる遊園地「東京ドームシティ アトラクションズ」
温泉を使用したスパをはじめ、ショッピング、レストランまで楽しめる商業施設「ラクーア」
1,006室の客室を保有する「東京ドームホテル」
さまざまな施設で構成される都市型総合エンターテインメント地区の名称が「東京ドームシティ」です。

マクセルアクアパーク品川

品川駅の真ん前にあるマクセルアクアパーク品川。
ただの水族館ではなく、水槽やアトラクションにさまざまなテクノロジー、華やかな装飾などが融合して生まれたエンターテインメントワールド。

国立新美術館

東京メトロ千代田線乃木坂駅直結の美術館。
国内最大級の展示スペース(14,000m2)でゆっくり過ごすのもいいかもしれません。

サマーランド

サマーランドの売りはプールですね。大規模な屋内プールもあるため、屋内プールめあてに行ってみるのもいいでしょう。波のプール・スライダー・ジャグジー・洞窟等、屋内の施設だけでも十分楽しむことができます。

河川ライブカメラで川の様子を見る

台風が迫ってくると気分が、普段と異なる状況からか独特の高揚感を感じてしまうことがありませんか。「近所の川の様子を見に行こう。」という気持ちも分かりますが、とても危険!
河川ライブカメラによる様子の確認に留めておきましょう。
国土研究技術センターによる河川ライブカメラマップから近くの川の様子を確認することができます。

宝くじBIGを購入する

BIGとはサッカーの勝敗を主に、100万円~最高12億円を狙うことができるスポーツくじです。
BIG系のくじは、開催されたサッカーの試合の勝敗結果に基づき、当選が決まります。故に、ジャンボ宝くじやナンバーズ等の宝くじとは異なり、天候による試合の開催中止があれば、当選確率に影響を与えます。

例えば、最高6億円を狙うことができる【BIG】において、台風によって1試合中止となったとします。
本来、1等が当たる確率は1/4,782,969ですが、1/1,594,323と約3倍も1等が当たりやすくなります。
これは、試合が中止となった場合、その指定試合は「的中したもの」と見なされるためです。

実際に台風接近時には、普段よりも各種BIG系のくじが売れます。
台風を利用して夢の大金を狙ってみるのもいいかもしれませんね。

防災について確認する

ご家庭の防災はバッチリでしょうか。
やらなくては…。と分かっていも普段あまり防災について考えたり、準備をしたりできていないご家庭も多いのでは。台風だからこそ、防災について確認するのはどうでしょう。

ハザードマップを確認する

ハザードマップを見て次のことを確認してみてはどうでしょう。
〇自宅周辺で起こりうる災害は何か?
指定緊急避難場所はどこか?
〇有事の際の家族間のルール確認。どこに避難するか?はぐれた際は?連絡の取り方は?等。

防災グッズの用意・確認

本来ならば、台風がやってくる前に用意しておきたい防災グッズですが、台風が迫った今こそ重い腰をあげるチャンスです。懐中電灯・缶切り・チャッカマン・ロウソク、ナイフ、衣類・ラジオ・食品・水ヘルメット等、用意はしてありますか。

家で過ごす定番ネタ

台風だけでなく、雨の日やコロナ禍における家で過ごす際の定番ネタもサラッと記しておきましょう。
映画・ゲーム・料理・読書・掃除・勉強・DIY・ヨガ・よく寝る・音楽鑑賞・ネットショッピング等

コメント

タイトルとURLをコピーしました