フォトウェディングで節約!写真で挙げる結婚式を実体験から紹介

お金にまつわる話
スポンサーリンク

「結婚式を挙げる」といっても多種多様な時代になりました。

ホテルで挙げる挙式と披露宴、ゲストハウスやレストランを使用したアットホームなウエディング、身内だけの海外リゾートウェディングなど、他にも色々なスタイルがありますね。

その中でも今回注目するのは、フォトウェディング(=フォト婚)です。

「結婚式は挙げないけれど、衣装を着て写真だけ残したい。」
「結婚式にはお金をかけたくない。新婚旅行や新生活の費用にお金をかけたい。」
といったカップルに人気のスタイルです。マネ夫婦もフォトウエディングを選択しました。

フォトウエディングは、挙式と披露宴を行うスタイルより節約することができます。

マネ妻
マネ妻

今回は、自身の体験から学んださらに費用を安く抑えるためのコツについてもつぶやきます。

フォトウェディングとは

フォトウェディングとは、衣装を着て写真撮影だけをおこなう結婚式のスタイルの一つです。
「フォト婚」や「写真で挙げる結婚式」といった言われ方もしますね。

教会のようなチャペルのスタジオや、リゾート地でのロケーション撮影、ドレスだけでなく、和装での撮影もできます。

プロのカメラマンさんが撮影してくれるので、自分たちでポーズを用意しなくてもアドバイスしてくれますし、撮影の時間にも余裕があるので自分たちのペースで進めることができるのも魅力です。

フォトウェディングが人気の理由

費用を安く抑えることができる

ゼクシィのアンケートによると、結婚式(挙式+披露宴)にかかった費用の平均は362万3000円だそうです。

一方で、フォトウエディングでかける費用の相場は数万円~20万円程度です。

「結婚式にお金をかけたくない、けど結婚式を挙げないのは寂しい。」と思っている方にはフォトウエディングおすすめです。

マネ夫婦の考えはこちら。

マネ夫
マネ夫

結婚式にお金をかけたくない。

マネ妻
マネ妻

記念に写真だけは残したい。

マネ夫婦が実際に支払った金額は12万8000円でした。
次の章で触れますが、さらに出費をおさえることができれば10万円は切る事が出来たなー、と少し後悔しています。

両親、義父母と思い出を共有できる

二人だけでなく、両親と一緒に撮影を行うことが出来るプランもあります。
結婚式を挙げる理由の一つとして、「親に晴れ姿を見せたい。親を喜ばせたい。」を挙げる方も多くいますね。

フォトウエディングなら、衣装を着て一緒に写真を撮ることにより、思い出を共有できるのも魅力の1つです。

フォトウェディングに向いているカップル

結婚式にお金をかけたくない方はもちろん、挙式や披露宴が苦手な方二人だけの思い出の写真を残したい方、様々な理由で式を挙げていない方にもおすすめです。他にも次のような価値観をお持ちの方にはフォトウェディングが合うかもしれません。

【結婚後の子育てや旅行にお金を使いたい方】
【冠婚葬祭の価格設定に疑問を持っている方】
【挙式の資金を用意するのが難しい方】
【結婚式に興味がない方】
【親や身内に写真を見せるので十分という方】

フォトウェディングの費用

基本プランに含まれるもの

スタジオを使用し、洋装プランを選択した基本プランの一例です。

・スタジオ使用&撮影料
・新郎新婦の衣装
・新郎新婦の着付け
・新婦ヘアメイク
・新郎小物 靴
・新婦小物一式(アクセサリー・ベール・ウエディンググローブ・パンプス)
・写真ワンカット台紙付き1枚

和装プランの場合、新郎新婦の着付けと新婦の洋髪とヘアメイクが基本プランに含まれます。
ロケーション撮影の場合、出張料&撮影料が基本プランに含まれます。

追加で発生する費用

衣装のアップグレード

基本プランに含まれる衣装は、シンプルな衣装が多く、アップグレードしがちです。
アップグレードの金額は、衣装によって幅がありますが数万円はアップすることを見込んでおきましょう。

できれば基本プランの衣装からアップグレードする必要がないような衣装が用意されているスタジオを選びましょう。

マネ夫婦の失敗体験談

見学に行った、とあるフォトスタジオで基本プランの衣装を見せてもらったところ、某アニメに登場する調査兵団のパンツにそっくりだったのです。
いやいや、敵を駆逐する戦いには行きませんよ、チャペルに行くんです!とツッコミたくなりましたね。調査兵団のパンツが悪いのではなく、華やかな衣装で写真を撮るのに…といった物だったのです。服のセンスが皆無のマネ夫も「これはダサいな。」とつぶやくほどでした。
他のスタジオより基本プランが安くても、衣装をアップグレードすると実際に支払う金額が高額な見積もりとなりました。結局、他社と比較し価格が高くなったため、我々は別のスタジオを選び直しました。

スタジオを選ぶ際は、基本料だけでなく、追加費用なしの衣装に気に入る衣装があるのかどうかも確認した方がいいですよ。

アクセサリーのアップグレード

ベールやティアラなど新婦のアクセサリーもシンプルなものがほとんどで、基本1択を迫られます。

気に入ったものがなければ、自分で調達するという選択もありますよ。

マネ妻は、新婦のウエディンググローブは自身で購入して持ち込みました。
基本プランに付いているグローブが光沢のあるショートのグローブでしたが、私が身に付けると「映画泥棒」の白手袋でした。
ネットショップで1000円程度で販売されていたので、こちらのグローブを購入しました。

データ・アルバム

写真ワンカットは基本プランに含まれますが、データやアルバムは追加料金を設定しているスタジオがほとんどです。アルバムについては、もっと費用を安く抑えることができたとマネ夫婦が一番悔いているものなので、次の章で詳しくご説明します。

フォトウェディングをさらに安く抑えるコツは?

可能なら平日を選ぶ

フォトスタジオに限らず、どの業界でも言えることですが、平日と土日では料金設定が異なります。
マネ夫婦が利用したスタジオでは土日利用は10,000円アップします。
平日休みが取れるようなら、費用を抑えることができます。

またスタジオによってはキャンペーン期間を設定していたり、早期予約割引や友達紹介割引などを利用したりすることによって通常よりもお得に利用できるプランもあるようです。

和装より洋装&1着に絞る

日本の伝統衣装、白無垢や色仕掛はウエディングドレスは違った魅力がありますよね。
特に白無垢は和装の中でも格式高く、憧れの白無垢を着てみたいという方も多いと思います。

ただ、和装は洋装より基本プランだけで約1万円違います。
「どっちも着たい!」という方、洋装&和装プランはさらに料金が2倍近くアップします。

また洋装プランを選択し、ウエディングドレスとカラードレス両方着たい場合は、プラス5万円、和装プランを選択し白無垢と色仕掛両方着たい場合はプラス7万円くらいかかります。

予算を抑えたいのなら、ウエディングドレス1着に絞るのがおすすめです。

ロケーション撮影よりスタジオ撮影

ロケーション撮影は、海や高原など青い空の下で撮影することができます。
その日の天候や季節によって思いがけないステキな景色に出会えるかもしれません。
ただし、スタジオ撮影と違ってロケ地出張料が発生するので、スタジオ撮影より10万円程度高くなります。

一方、スタジオ撮影なら天候に左右されることもありません。スタジオ撮影と言っても、無地の背景ばかりではありません。スタジオ内にチャペルが併設されているところもあり、追加料金なしでチャペルで式を挙げているような写真を撮ることもできますよ。

持ち込めるものは自分で調達する

衣装は基本プランに含まれていますが、マネ夫婦が利用したフォトスタジオでは、下着などは自身で用意する必要がありました。

<洋装の場合>
新郎・・・ウイングカラーシャツ、靴下、ブートニア
新婦・・・ブライダルインナー、ブーケ、ストッキング

<和装の場合>
新郎・・・肌着、スパッツ、足袋
新婦・・・肌襦袢(はだじゅばん)、すそよけ、足袋、タオル

❕ ここでマネ夫婦 失敗&後悔しています。

マネ夫婦は面倒臭がり、新郎の靴下と新婦のストッキング以外、スタジオで購入しちゃいました。

マネ夫
マネ夫

ウイングカラーシャツなんて買ったことないや。
採寸してもらったし、購入します!8000円ですね、はい、はい。

ウイングカラーシャツはAmazonで2000円から購入できますよ。

マネ妻
マネ妻

ブーケとブートニア、選んでいただいたものが衣装に合いそうなので購入します。
6000円ですね、はい、はい。

ブーケとブートニアがセットになったものがAmazonや楽天市場でも売られています。
可愛い造花ブーケが4000円~5000円台から購入できますよ。

面倒臭がらず、ショッピングサイトをチェックしておけば出費を抑えられましたね。

撮影後使う予定がなければフリマアプリを使用して現金化するのも1つの方法ですね。

アルバムは作らずデータだけもらう

写真のデータだけを購入し、アルバムはフォトブックを作成してくれるお店に依頼すれば費用を抑えることができます。

❕ ここでマネ夫婦 失敗&後悔しています。

データだけ購入し、フォトブックの作成は別業者に依頼する、という発想がありませんでした。
スタジオで「この中からどれにしますか?」と聞かれ、選択肢は限られていると思い込んでいました。

マネ夫婦は自分たち用に3万円、お互いの両親へのプレゼント用に1万円のアルバムを作成しました。
これでもカット数を減らしたので、かなり安い方だと思います。20カット以上あるアルバムは5万円~10万円程度かかります。

「カメラのキタムラ」のPhotoZINE(フォトジン)なら12ページ/660円(税込)から作成できるそうです。フォトブックの存在を知らなかったことに後悔しています。

もちろん、スタジオで作成してもらう良さもあります。
・デザインがオシャレ
・たくさん撮影した写真の中から、いい感じの写真を事前にチョイスしてくれる

アルバムは一生残る物。どちらが二人にとって後悔しないものか相談しておきましょう。

さいごに

いかがでしたか?
多種多様な価値観があるのと同時に、それらに合わせた多数の選択肢がある時代です。ご自身の価値観にあった結婚ができるといいですね。
「結婚式は挙げないけれど、衣装を着て写真だけ残したい。」という方には挙式や披露宴を挙げるよりグッと料金を抑えることができるので、フォトウエディングはおすすめです。

フォトウエディングをおこなっているスタジオはたくさんあります。まずはネットでホームページなどをチェックしてみましょう。
気に入ったスタジオがあれば、実際に足を運んでサンプルアルバムを見たり、スタジオの雰囲気が自分たちに合っているか確認することも大事ですよ。

心に残るステキな写真が出来上がりますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました