PR

【男もムダ毛処理】ボディトリマーでキレイになってみた【画像付レビュー】

記事内に広告が含まれています。

スポンサーリンク

メンズグルーミング、メンズ脱毛といった言葉をよく耳にするようになりましたね。

今や「男の脱毛も当たり前」な時代です。ムダ毛処理、気にはなっているけど、かと言って、メンズ脱毛に行くほどでは…という方も多いのでは。そんなあなたにオススメなのがボディトリマーです。

今回は、毛むくじゃらのマネ夫がボディトリマーを使ってみたので、そのレビューをつぶやきます!

マネ夫
マネ夫

ボディトリマーを使ってみたのが私、マネ夫です。34歳のおじさんです。
濃い体毛を我ながら「気持ち悪いなぁ。」と、日々思っていました。
かと言って、流行りのメンズ脱毛に行くほどの美意識はないし、何だか恥ずかしいし、お金と時間もかかりそうだし…という気持ちでした。そんな私が、ボディトリマーを試したら、めっちゃ良かったのでその体験を紹介します。

おじさんの【すね毛】【うで毛】が写った画像が出てきます!
見たくないかたは、ご注意を!

最近のボディトリマー

ボディトリマーと脱毛

まず、ボディトリマーと脱毛を比較しておきましょう。ざっくりこんな感じ👇

ボディトリマー脱毛
役割毛を整える・剃るレーザーで毛根を破壊
コスト5,000円~1万円程度
(ボディトリマー代)
20万円~50万円程度
(全身脱毛)
手間毛が伸びたら処理が必要永久に手間いらず
痛み特になし痛みを伴う場合も
リスク特になし術後の肌トラブル
ハードル自宅で手軽に時間やお金が…

部分的な脱毛であれば数万円から可能ですが、全身脱毛ともなると数十万円は必要…
結構な金額です。また、脱毛によって生じる肌トラブルの例なんかも良く聞くので、ビビりな私にとって、脱毛は億劫になってしまいます。

マネ夫のように、ムダ毛の処理に関心があるも、脱毛にはハードルの高さを感じている人も多いのではないかと思います。そんなお仲間にはボディトリマーがおすすめです。

ボディトリマーの価格は5,000円~

家電量販店やネット販売を調べて見ると、ボディトリマーの価格相場は、5,000円~1万円台の商品が多いです。

価格の違いは、5,000円台の商品だと、毛の処理を行える部位が限定的であったり、毛の長さの調節範囲が狭かったりする商品が多いです。1万円台の商品であれば、部位や毛の調節域が広がった商品ばかりとなります。

約0.1mm~3mmの長さ調節に対応。電池式。

6つのアタッチメントで全身のムダ毛ケアを1台で。顔からつま先まで。

ブラウン(Braun)
¥13,380 (2024/07/12 23:12時点 | Amazon調べ)

ボディトリマーを使ってみた結果…

使ったボディトリマーは、Panasonicの【ER-GK82】というボディトリマーです。

ER-GK82をポイント還元も含めると、12,144円で購入することができました。1万円台のボディトリマーになるため、機能満載。

約0.1mm~12mmの長さ調節に対応。充電式。

ボディトリマーでケアしてみた結果を見てみましょう👇

以下、汚いすね毛の写真があります!

すね毛を処理

まずは、すね毛やふとももの毛を処理してみます。10mmから徐々に短くしていきます。毛を任意の長さに調整できる【アタッチメント】と言う器具が付属しています。

ダイヤルを回すことで設定を変えることができます。画像は5mmに設定した場合です。
アタッチメントがあることで、肌を傷つけずに長さを調整しながらケアすることが可能です。

すね毛 10mm

黄色い➡が処理後の足です。

最初は、10mmで実験!
…結果、10mmではパット見、差が分かりませんでした。10mmの使い道は、すね毛ではなく脇やVIO周りですかね。

すね毛 6mm

6mmに揃えると、ケアした感が分かりますね。それでいてほどよく毛を残していますね。
自然な仕上がりにしてがっつりな処理をしたくない方、様子見でケアしたいという方には、6mmから試してみるとよいと感じました。

マネ妻
マネ妻

長い毛が短くなり、清潔感UP!

すね毛 3mm

3mmで処理をした足、未処理の足、だいぶ見た目が異なります。グッと毛量が減ったことが見て取れます。
劇的ビフォーアフターのBGMが流れてきそう笑。少々離れたところから見るとすね毛が目立ちません。わたしキレイになっちゃいました。

好みによりますが、すね毛の処理は3mmがちょうど良いと感じました。

マネ夫婦
マネ夫婦

マネ夫・マネ妻どちらも「3mmがいいね!」という見解になりました。

すね毛 1mm

肌ガードアタッチメントを外すと、直刃で処理することができます。
カミソリや髭剃りで剃るのと同じ感じになります。肌ガードアタッチメントを外して処理すると、直刃を使うので触るとチクチク感が生じます。
使い勝手としては、面白い様にスムーズ&簡単に剃ることができました。直刃のため、肌が弱い方は赤みが出たりするかもしれませんね。マネ夫の場合は、痛みも赤みも全く無く、綺麗に剃ることができました。

水泳、競輪等、スポーツをする上で毛を処理する必要がある人や「全部剃りたい!」という方は1mmですね。

腕の毛を処理

すね毛同様、腕の毛もケアしてみました。画像は、3mmで処理した物になります。
3mmで手入れをすると、だいぶ汚さが軽減された印象を受けます。
腕の毛は、2mm~3mmで整えるのが良いと感じました。

パナソニックのER-GK82を使いました

マネ夫が使ったボディトリマーを紹介します。

パナソニック ER-GK82 基本情報

ブランド:パナソニック(Panasonic)

商品:ボディトリマー 黒 ER-GK82-K [1枚刃 /AC100V-240V]

型番:ERGK82K

購入時価格:13,200円(2023年7月2日)

パナソニック ER-GK82 商品スペック

電源方式充電式
使用可能時間1回のフル充電で約50分間
アタッチメントダイヤル式長さそろえアタッチメント(3~12mm・1mm刻み)
肌ガードアタッチメント(2mm)
本体質量(重量)約150g(アタッチメント含まず)
洗浄方式本体丸洗い可

パナソニック ER-GK82 商品の特徴

  • 約0.1mm~12mmの長さ調節に対応
    腕や脚はもちろん、VIOゾーンなどデリケートな部位にも使えます。
  • 丸い刃先で、肌にやさしく剃れる
    刃の先端が尖っていないガード刃を採用。
  • 本体丸洗いが可能
    ボディソープなどを使って、お風呂でも使用できます。

感想~買ってよかったボディトリマー~

ボディトリマーを使ってみた感想は、「買ってよかった!」に尽きます。
モジャモジャボディから自然に整えられた毛へ。ズボンや下着を履く感触も気持ちよくなりました。
買ってからというもの毛が伸びてはボディトリマーを利用しています。ER-GK82に限らずとも、ボディトリマーは本当にオススメできるアイテムです。
脱毛のハードルは高くとも、ボディトリマーなら安価で楽にムダ毛処理を行うことができます。

マネ夫
マネ夫

みなさんも、ムダ毛処理をしてキレイになってみてはいかがでしょうか。

【おすすめ】約0.1mm~12mmの長さ調節に対応。充電式。

コメント

タイトルとURLをコピーしました