【新Bing】AIチャットができるスマホアプリの使い方ガイド

スポンサーリンク

スマホアプリ【Bing】がパワーアップ!
Microsoftの検索エンジン「Bing」のスマホアプリに、「ChatGPT」の技術を搭載したAIチャットが登場しました。

早速、Bingのスマホアプリをインストールしてみました!
検索やチャット以外に、ニュースや天気を素早くチェックできたり、話題のImage Creatorにも簡単にアクセスできたりしました。

この記事では、新しくなったスマホアプリ「Bing」の使い方、便利な機能を紹介します。

Bingアプリをまだ使ったことがない方も、既に使っている方も、この記事を通じて「こんな使い方ができるんだ」と活用イメージの気付きになればうれしいです。

マネ夫婦
マネ夫婦

今日、目まぐるしいAIの動向。とりあえず触っておかないと時代に置いて行かれてしまうかも?
という思いで、素人ながら実際にAIを使って日々勉強しています。

Bingアプリの始め方

アプリのインストール

まずは、アプリをインストールしましょう。

アプリストアで「Bing」と検索するか、下のリンクからアクセスします。

Bing - あなたの AI 副操縦士
Bing – あなたの AI 副操縦士
開発元:Microsoft Corporation
無料
posted withアプリーチ

下はGoogle Playの画面ですが、開発元が『Microsoft』になっているか確認してください。

ちなみに「AI 副操縦士」とは、AIが人間の作業をサポートする役割を果たすことを指す言葉です。
マイクロソフトが提供するさまざまな製品やサービスに搭載されています。

アプリの初期設定

1.Bingアプリを開くと、新しいBingの紹介が始まります。
[開始]をタップします。

2.Bingを利用するには、Microsoftアカウントが必要です。
[サインインして参加]をタップし、サインインします。

アカウントを持っていない方は、サインインの画面でアカウントを作成することができます。
メールアドレスがあれば、無料でアカウントを作成することができますよ。

以上でBingアプリが使えるようになりました。

早速使ってみましょう!

マネ妻
マネ妻

Bingの順番待ちですが、2023年4月21日時点では、解消されているようでした。
マネ妻の場合、Bingに初回サインイン後、すぐに『参加しました』というタイトルのメールが届きました。

Bingアプリの基本機能

Bingアプリでどんなことができるのか、1つずつ紹介します。

検索方法が充実

Bingアプリの中心となる機能は、Bing検索エンジンを使ったWeb検索です。

Bingアプリは、一般的なテキスト入力による検索だけでなく、画像や音声検索も可能です。

  • 画像検索
    カメラアイコンをタップし、写真を撮影するか、ギャラリーから画像を選択することで、関連する情報や類似した画像を見つけることができます。
  • ボイス検索
    音声入力を使って検索ができます。マイクアイコンをタップし、音声でキーワードを伝えるだけで、手軽に情報を調べることができます。

ニュースや天気を素早くチェック

Bingアプリは、最新のニュースや天気予報も簡単にチェックすることができます。

最新ニュースをチェック

Bingアプリの下にある[ニュース]をタップすると、今日の注目ニュースが表示されます。
さらに、興味のあるトピックスを追加して、自分好みにカスタマイズすることもできます。
並び替え機能があるのがポイント高いですね。

【トピックを追加する方法】

地域の天気をチェック

ワンクリックで天気予報を呼び出すこともできます。
お気に入りの地点登録も可能です。
気圧や湿度、日照時刻はもちろん、マップで雨雲や気温レーダーを見ることができるのも便利です。

マネ妻
マネ妻

ニュースアプリや天気予報アプリなど、スマホに色々インストールしていたけれど、Bingアプリ1つで色々な情報をゲットできそうです。

ChatGPT搭載のAIチャットが使える

真ん中の「b」のボタンがBingのチャット機能です。
ChatGPTのようなチャット機能が使えます。チャット機能も音声入力に対応しています。

【画面の見方】

1.会話スタイルを選択
 ・創造的に(具体的な回答)
 ・バランスよく(中間)
 ・厳密に(簡潔な回答)

2.入力方法を選択
 ・音声入力
 ・テキスト入力

3.会話をクリアして新しい話題を始める

ChatGPTとの主な違いやポイントをまとめてみました。

リアルタイムな話題のチャットができる

ChatGPTとの大きな違いは、リアルタイムな話題にも対応できる点です。

例えば、「次回の日銀政策決定会合はいつ?」と聞いてみると、「次回の日銀政策決定会合は、2023年6月15日と16日に予定されています。」と答えてくれました。
この記事を作成したのが5月3日なので、日付の認識ができていますね、すばらしい~。

回答の根拠も表示される

回答をよく見ると、下線が引かれて、詳細情報という欄があります。
Bingチャットは回答のソースとなるサイトを示してくれます。チャット内からソース先へのアクセスもできるため、より詳細が知りたい時、情報の確認がしたい時など、大変便利です。

次の質問候補が表示される

Bingチャットが便利なところは、次に聞いてくるだろうなという質問をAIが先読みして、質問の候補を出してくれることです。
選んでいくだけで会話が進められるので、入力の手間が省けます。

Bingチャットの注意点
  • 1つのチャットに対し、質問を送れるのは20回までと会話回数が制限されています。
    (※2023年5月3日時点)
    「ほうき」アイコンをタップすると、会話がクリアされ、カウントもリセットされます。
  • Bingチャットには会話の保存機能がありません。
    過去のチャットを見直すことができないので、必要な情報は自分でメモなどに貼り付けて保存する必要があります。
  • 誤った情報が回答されることがあります。
    リアルタイムな話題に対応は可能ですが、必ずしも正しい回答が返ってくるとは限りません。
    (渋滞情報を聞いてみたら、過去の事故情報が表示されました)

2023年5月19日のアップデートにより、Bingチャットの履歴が保存されるようになりました。

Bingアプリの便利機能

マネ妻
マネ妻

実際にBingアプリを使ってみて、「これ便利だな」と思った機能を紹介します。

マネー情報で相場をいつでもチェックできる

トップ画面にある[マネー]のボタンをタップすると、市場や市場ニュースを見ることができます。

ウォッチリストには、日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)、個別銘柄の株価が表示されており、気になる銘柄を追加することができます。

特に嬉しい点は、日本株だけでなく、米国ETFや暗号資産(仮想通貨)も追加できることです。
これまで、日本株をチェックする際には「Yahoo!ファイナンス」、米国ETFや為替情報は証券会社やFX会社のサイト、暗号資産は「コインマーケットキャップ」のサイトなど、様々な場所にアクセスして確認していました。

Bingアプリなら、これらの情報が1つのアプリでまとめて確認できるため、全体相場をまとめてざっと見たい時には非常に便利です。

マネ夫
マネ夫

残念なのは、並び替えができないこと。
フォルダ分けや後からの並び替えが可能だと、さらに使い勝手が増すのですが惜しい!
今後のアップデートに期待したいです。

Bing Image Creatorが使える

Bingの画像生成AI「Image Creator」が、Bingアプリから簡単にアクセスできます。
Image Creatorとは、テキストにお題を入力すると、AIがお題に沿った画像を作ってくれるというすごいツールです。

使い方は、[アプリ]メニューを開き、[Bing Image Creator]をタップ。

操作は簡単、しかも無料で楽しむことができるので、初めて画像生成AIを使う方にもおすすめです。

景品がもらえるポイントが貯まる

Bingアプリを利用することで、「Microsoft Rewards」のポイントを貯めることができます。

Microsoft Rewards(マイクロソフト リワード)とは、マイクロソフトが提供するポイントプログラムです。
貯めたポイントは、Amazonなどのギフトカードと交換できたり、Xboxがもらえる抽選に応募できたり、慈善団体への寄付に使えたり、様々な方法で利用することができます。

Bingで検索したり、クイズに答えたりするだけでポイントが自動的に貯まるので、ポイントアプリが好きな方にもおすすめです。

さいごに

ここまでスマホのBingアプリについて、基本的な使い方やおすすめ機能について紹介しました。

  • Bing検索エンジンを使った検索機能が使える
  • ニュースや天気予報が手軽にチェックできる
    マネー情報をカスタマイズすれば、様々な市場を一画面で確認することもできる
  • BingのAIチャットが使える
  • 画像生成AI「BIng Image Creator」へのアクセスが便利
  • 検索でポイ活できる
  • Bingアプリを利用するには、Microsoftアカウントが必要

ただし、Bingに表示されるニュースや、Bingチャットの回答が必ずしも正確ではないため、情報の精査が必要です。また、検索ブラウザとしては、Google Chromeの方が使いやすいと感じる所もありました。

とは言え、Bingアプリは、ウェブサイトの検索だけでなく、手軽に情報収集ができる便利なツールです。さらに、Bingチャットもアプリで簡単に利用できる点がいいですね。

Google Chromeの検索派の方も、Bingアプリを体験してみてはいかがでしょうか。
新たな情報収集の方法や機能に出会えるかもしれませんよ。

マネ夫婦
マネ夫婦

今回は以上です。
ポイ活好きなマネ妻は、ギフトカードを目標にコツコツとポイントを貯めてみようかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました