【現地観戦】新潟競馬場に行ってみた!アクセス・グルメ・場内を紹介

競馬の楽しみ方
スポンサーリンク
マネ夫婦
マネ夫婦

日本各地の競馬場観戦制覇を目指しているマネ夫婦です。
今回は、日本で唯一の直線1000m芝コースのある【新潟競馬場】に行ってきました!

新潟競馬場ってこんな所

新潟競馬場 所在地

<所在地>

〒950-3301 新潟県新潟市北区笹山3490

新潟競馬場 アクセス

<車でアクセス>
新潟東西道路「競馬場」ICより県道324号へ。
※競馬場周辺にあるJRA直営駐車場は全て無料

<公共交通機関でアクセス>
駅から離れているため、バスの利用をおススメします。

・【直行バス】新潟駅南口~新潟競馬場前(所要時間約35分)
・【路線バス】万代シティ~新潟駅万代口~大形本町~新潟競馬場(所要時間約50分)
・【路線バス】新潟駅前~万代シテイ~空港入口~新潟競馬場前(所要時間約55分)

※2022年8月開催時、新発田駅前、豊栄駅前発の臨時バスは休止中でした。

<新潟駅南口から直行バスに利用する場合>

新潟競馬場行き直行バスのバス乗り場は、大きな看板もなく、ちょっと分かりづらいです。
新潟駅南口のバスロータリーを南へ進み、ファミリーマートの前にあるバス乗り場を目指しましょう。
開催日のバスの時刻表はJRAのホームページで確認することができます。

片道運賃:580円

新潟競馬場に到着

やってきました、新潟競馬場!!

新潟駅から直行バスに乗り、バイパスを走ること約30分。新潟競馬場に到着しました。

入場方法は3つあります。
 ・指定席ネット予約で「指定席」もしくは「スマートシート」を購入
 ・入場券ネット予約で「入場券」を購入
 ・「当日現金発売入場券」を窓口で購入

マネ夫婦は事前に指定席入場券を購入。
窓口でQRチケットを見せ、指定席章の受取り、リストバンドを装着します。

レーシングプログラムをゲットして中に進みましょう!

新潟競馬場の様子

スタンド

レースはどこで見るの?

スタンドは「アイビススタンド」と「NiLS(ニルス)21スタンド」の2つの建物に分かれています。
ガラス張りのフロアが指定席エリアです。冷暖房完備で快適に競馬を楽しむことができます。
屋外の席は、スマートシートと呼ばれる席になっています。事前に席を購入された方のみ利用できる席です。
入場券のみ購入された方は、立ち見もしくは芝生エリアで観戦することができます。
夏競馬の時期は、35度を超える猛烈な暑さになるので、芝生エリアでの観戦は熱中症に注意ですね。

マネ妻
マネ妻

Niigata Long Straight」を略してNiLS(ニルス)って言うらしいです。

場内

さすが日本最長のスケールを誇る新潟競馬場の芝コース。
はるか遠くには直線1000mのスタート地点があるのですが、遠すぎて見えません。
それにしても夏らしい青い空と芝の緑が映える~。

直線1000mのレースは、多くの馬が馬場のキレイなコース外側を走るため、柵前にはたくさんの人で賑わいます。時速60㎞で走る馬を間近で見るとものすごい迫力!さすが新潟名物!!

千直は最前列を確保できず写真を取り損ねたので、通常レースの写真をパシャリ。

「え?ずいぶん遠くないかって?」
迫力が伝わらないかもしれませんが、この距離でも馬の走る音や鞭の音などテレビでは味わえない臨場感があります。

通常レースでも、開催後半になると、コース内側の芝の痛みを避けるため、騎手はもっとコースの外に進路を取るようになります。コース外側を走るレースが見たいなら、9月の新潟記念あたりがオススメです。

パドック

3R「3歳未勝利戦」前のパドックの様子です。午前中のレースのため、お客さんの数も少なめ。
東京競馬場のパドックと比較すると、段差が少なく、馬とお客さんの距離が近く感じました。
日差しを遮るモノがないので、馬も人も暑そうです。

こども広場

今や競馬場は、子供と一緒に楽しめるお出かけスポットとして人気を集めています。

遊具も充実

滑り台と、縄はしごなどで繋がった大型複合遊具がありました。
あまり混雑した様子もなく、伸び伸びと遊んでいる子供たちの姿が見られました。

広場にはミニ新幹線もあります。
無料で乗り放題なので、乗り物好きなお子様はもちろん、飽きるまで何度も楽しむことができますよ。
他にも、夏にピッタリ水遊びができる「水の広場」や、山の形をした「ふわふわドーム」があります。
小さなお子様から小学生まで楽しく遊べる遊具がたくさん揃った、まさにテーマパーク!

また、ポニーリンクでは、ポニーの試乗会やポニーとのふれあいなどができるようですが、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から休止中でした。残念。

新潟競馬場グルメ

テラスプラザにある「ゆたか」で新潟名物タレかつ丼で昼食を取ることにしました。

新潟旅行中食べ続けたタレかつ丼。
「新潟にこんな美味しいものがあったのか!」とハマりまくり、競馬場でも頂きました。

タレかつ丼の並は、650円でカツが3枚入っています。
他にもトッピングでエビフライやタルタルソースを付けるといったカスタマイズもできるようです。

タレかつ丼(並)650円

「ゆたか」は立ち食いスタイルですが、落ち着いて食べたい方は、レストランへ。
ニルススタンドの4階「料亭一〆」にもタレかつ丼があるそうなので、次回訪れた時に行ってみたいと思います。

さいごに

2022年8月17日にこの世を去ったタイキシャトルを追悼し、新潟競馬場にも献花台・記帳台が設置されていました。

現役時代の成績は、13戦11勝、海外G1含めG1は5勝。98年に年度代表馬、99年に顕彰馬に選出されました。

マネ夫婦はまだ競馬歴が浅いので、タイキシャトルのレースをリアルタイムで観戦していませんが、国内外問わずG1を勝ち続け、今でも多くの競馬ファンが「最強マイラー」としてタイキシャトルの名前を挙げるって凄い事だなと改めて実感しました。

年月が経っても、多くの競馬ファンの記憶と記録に残り続ける名馬に合掌。

コメント

タイトルとURLをコピーしました