Bybitローンチパッドやり方解説【新規トークンをゲットするには】

暗号資産(仮想通貨)
スポンサーリンク

Bybit(バイビット)は、世界600万人以上が利用している暗号資産取引プラットフォームです。

この記事では、Bybitのローンチパッドについて解説します。

この記事で分かること
  • ローンチパッドってそもそも何なの?
  • ローンチパッドに参加すれば儲かるのか?
  • ローンチパッドに参加する方法は?
  • ローンチパッドに参加する際に知っておくと役に立つこと
マネ夫婦
マネ夫婦

Bybit(バイビット)はマネ夫婦が応援している取引所の1つです。
まだ口座を持っていない方は下のリンクから登録できますよ。

Bybitのローンチパッドって何?

そもそも『ローンチパッド』って何ですか?

Bybitローンチパッド(launchpad)とは、Bybitが展開するIEOイベントのことです。
IEOは、Initial Exchange Offering の略称で、企業やプロジェクトチームが新しく発行するトークン(仮想通貨・暗号資産)を、暗号資産取引所が販売する仕組みのことを言います。

IEOの信頼性は?
IEOと似たトークン生成イベントに、ICO(Initial Coin Offering)というものもあります。
ICOは、トークンを発行するプロジェクトが直接販売するため、詐欺や持ち逃げといった事も過去にはありました。情報が少ない中でプロジェクトの真偽を見極めることが難しく、リスクを伴うことも…。
その点、IEOは販売する取引所が責任を負う(いい加減なプロジェクトは上場させない)ため、信頼性が高いと言われています。

IEO参加者のメリットは?
IEO参加者は、上場前のセール価格でトークンを購入することができます
上場後は、多くの人が購入できるようになるため、注目度の高いトークンは価格が上昇する傾向があります。

株取引の経験がある方は、IPOと似た物とイメージすると分かりやすいかと思います。

Bybitローンチパッド参加すれば儲かるって本当?

BybitローンチパッドはBybitがチェックしているから信頼性は高いんだね。
そうは言っても、ホントに参加すれば儲かるの?

Bybitローンチパッドのプレセール価格と上場後最高値を比較し、何倍まで上昇したかBybitの現物チャートを見ながら過去実績をまとめてみました。

Bybitローンチパッド過去実績

セール価格からの上昇度はそれぞれ異なるものの、過去に開催されたBybitローンチパッドにおいて、全てのトークンが上場時にセール価格を上回っています

上場日トークンプレセール価格上場後最高値倍率
2021-11-05CBX0.10 ドル17.99 USDT179.9
2021-11-18GENE0.8 ドル37.93 USDT47.4 倍
2021-11-25PTU0.25 ドル30.00 USDT120.0
2021-12-02SIS1 ドル 7.3684 USDT7.4 倍
2021-12-10REAL1 ドル28.4003 USDT28.4 倍
2021-12-20IZI0.04ドル 0.9 USDT22.5 倍
2022-01-05KASTA0.04ドル 2.0 USDT50.0 倍
2022-01-18GGM0.025ドル 0.60 USDT24.0 倍
2022-02-22TAP0.04ドル 0.76 USDT19.0 倍
2022-04-27APEX0.05ドル 0.5538 USDT11.1 倍
2022-05-05PLY0.005ドル 0.0490 USDT9.8 倍
2022-06-21WLKN0.0165ドル 0.2500 USDT15.2 倍
2022-06-30OBX0.004ドル 0.0480 USDT12.0 倍
2022-07-19SLG0.03ドル 0.30714 USDT10.2 倍

最高値は瞬間的な価格ではありますが、過去にはプレセール価格の100倍を超えるトークンもありました。

また、上場直後に最高値を記録することが多く、上場直後に売っていれば、基本的に黒字になっているかと思います。

ただし、今後プレセール価格を割るようなトークンが上場することがあるかもしれませんので、ローンチパッドにもリスクがあることを念頭に置いておきましょう。

Bybitローンチパッドに参加するには?

参加方法

Bybitローンチパッドに参加する方法は2種類あります。

参加方法

1.申込方式
BIT(BitDAO)を保有してコミットする

2.抽選方式
USDTを保有してコミットする

申込方式は、BITの保有枚数に応じて参加者全員がセール価格で購入することができます。

一方、抽選方式の場合、一人につき抽選券を1枚申し込むことができ、当選した人だけが割り当て分をセール価格で購入することができます。

マネ夫
マネ夫

抽選に外れた場合は、セール価格でトークンを購入することはできません。
USDTの保有枚数に関係なく、完全抽選のため運次第なところがあります。

マネ妻
マネ妻

BITを保有してコミットすれば、全員ローンチパッドに参加できます。
ただし、BIT保有枚数が少ないと購入できるトークンも微々たる枚数になります。

参加の手順

『申込方式(BITを保有してコミット)』と『抽選方式(USDTを保有してコミット)』のどちらを選択しても参加するまでの手順は同じです。

参加の手順
  1. Bybitの口座を開設する
  2. 本人確認(KYC)レベル1を完了する
  3. 計測期間中BITもしくはUSDTを保有し続ける
  4. コミット期間にコミットする

1.Bybitの口座を開設する

まだBybitの口座を持っていない方は、口座を開設しましょう。

2.本人確認(KYC)レベル1を完了する

Bybitローンチパッドに参加するには、本人確認(KYC)レベル1認証が必須です。
コミット期間の開始前に、本人確認を完了させましょう。

3.計測期間中BITもしくはUSDTを保有し続ける

計測期間中、Bybitのウォレット内にBITもしくはUSDTを保有しておく必要があります。
計測期間が始める前に資金を準備しておきましょう。

BITの場合
計測期間中の日次平均残高が50BIT以上あることが参加条件です。
期間中の平均保有枚数で購入できるトークンの枚数が決まります。

USDTの場合
計測期間中の日次平均残高が100USDT以上あることが参加条件です。

計測の対象は、現物アカウント、資産運用アカウント、デリバティブアカウントの残高です。
ローンチプール・積立ステーキングに預け入れているBIT・USDTも預けたままで計測されます。

マネ夫
マネ夫

計測期間中は、ウォレット残高が自動集計されるので、特に何もすることはありません。
コミット期間の日時を忘れずにメモしておきましょう。

4.コミット期間にコミットする

コミット期間になったら、Bybitローンチパッドにアクセスし、[BITでコミットに参加]もしくは[USDTで抽選に参加]どちらかを選択して参加します。

コミット期間は、12:30~19:59(日本時間)の7時間半です。
せっかく参加条件を満たしていても、コミットし忘れたらトークンを購入することができません。

マネ夫婦
マネ夫婦

マネ夫婦は、共通のスケジュール表にコミットする日をメモし、お互い忘れないように注意しています。
スケジューラー登録、アラーム設定、何でもいいのでコミットだけは忘れずに行いましょう!

Bybitローンチパッド知っておくと役立つこと

最新のローンチパッドの情報はどこで手に入れる?

Bybitのローンチパッドは不定期開催です。
マネ夫婦の場合、公式Twitterをチェックしローンチパッドの情報を得ています。
公式のツイートは、ローンチパッド以外にも、プレゼント企画などお得な情報が配信されることもあるので、見逃さないように通知オンがおすすめです。

「BITで申込参加」と「USDTで抽選参加」どっちがいいの?

「BITで申込参加」「USDTで抽選参加」それぞれメリットデメリットがあるのでまとめました。

メリットデメリット
BITで申込参加・コミットすれば必ずセール価格で購入できる・50BITから参加できるが、BITの保有枚数が少ないと購入できるトークンも微々たる枚数
・保有期間中BITの価格が下落する可能性もある
USDTで抽選参加・100USDTあれば参加できる
・ステーブルコインなので価格が下落するリスクは少ない
・抽選に外れたらセール価格で購入できない

確実に新トークンを手に入れたいなら「BITで申込参加」、抽選に外れてもリスクは最小限に抑えたいなら「USDTで抽選参加」してみてはいかがでしょうか。

実際にどちらでコミットするかはご自身で判断してくださいね。

できるだけ高値で売りたい!

「1円でも高く売りたい!」と気持ちは分かりますが欲張りすぎには注意です。
売り時を逃がし、「あの時売っていればもっと利益が出てたのに…」と後悔することも。

ローンチパッドの仕組みに慣れるまでは、上場後セール価格を上回っている段階ですぐに売り、リターンを得るのがいいかもしれません。

さいごに

Bybitローンチパッドは、2種類の参加方法があります。

・BIT(BitDAO)を保有してコミットする
・USDTを保有してコミットする

USDT抽選なら100USDTを保有するだけで新トークンを手に入れるチャンスがあります。
参加したトークンが爆上げトークンの波に乗れるかもしれませんよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました