働きたくない・仕事辞めたい方必見!流行りの【FIRE】とは?経済的自立・早期引退・退職して真に自由な暮らしを目指して

FIRE
スポンサーリンク
マネ夫
マネ夫

みなさん、こんにちは。マネ夫です。

このページに辿り着いた方は、「もう仕事辞めたいよ。」や「遊んで暮らしたい。」「何のために働いているの…。」「早く引退したい。」といったように、仕事に対してネガティブな思いを持っている人たちだと思います。マネ夫もその一人です。

マネ夫と同じ、そんなあなたに、是非とも知ってもらいたいのが、最近書籍でよく目にするようになってきた【FIRE(ファイア)】です。このFIRE、アメリカではとても流行っているそうです。

火ではありませんよ。

FIREとは…

F:Financial (財政・金融)

I:Independence(独立・自立)

R:Retire (退職・引退)

E:Early (早く・早めに)

を略してFIRE。

FIREを簡単に言えば、

【経済的に自立(仕事をせずとも収入がある状態。)し、仕事を引退して自由に生きる】という働かなくとも生きていくことを目指したマインドのことです。

アーリーリタイアやセミリタイアなら聞いたことがある方も多いのでは。

FIREはアーリーリタイアやセミリタイアと似ているとも言えます。

ちなみに、「Why Japanese people!?」のツッコミで売れた厚切りジェイソンさんは、このFIREを達成したFIREの民として有名です。

えっ?厚切りジェイソンTVで見るよ。会社の役員もやってなかった?仕事してるじゃん!と思われる方もいるかと思いますが、彼は自分にとって苦にならない楽しい「やりたいこと」「やりたい仕事」だけをやっているのです。なんとも羨ましい。

FIREを目指すマネ夫にとって目指すべき大先輩です。

「なんのために働いていますか?」と問われると、「生きるため。」「お金を稼ぐため。」「家族を養うため。」と答える人が多いのではないでしょうか。世の中、生活のために苦しいことや辛いことを我慢して働いている人がほとんどです。

朝の通勤電車・時間に追われる忙しい業務・煩わしい人間関係・上司の理不尽な言動・夜遅くまでの残業…。ですが、もし働かずとも十分な収入を得ることができる状態なら、あなたは今の仕事を続けますか?

マネ夫は、すぐにでも辞めて自分のやりたいことを自由にやる人生を送りたいです。

マネ夫と同じだ!という方は、是非このFIREについて知っていってほしいと思います。ちなみに、仕事が楽しくて仕方ない、仕事が好きだという方には、FIREは無縁だと思います。

FIREするためには、何をしなければならないのか、何が必要なのか…。
一言で言えば、投資です。え?投資?無理…。と諦めてしまうとFIREは不可能です。

仕事をせずとも生きることに憧れを抱くのであれば、もう少しだけでもFIREについて知ってみてください。


次の記事では、FIREに必要なことや今現在マネ夫がしていることについてつぶやいていこうと思います。

「胡散臭い。」「何か買わされそう。」などと心配する必要はありませんので安心してくださいね。

マネ夫が夢見る『働かずとも自由に生きるFIRE』を共に目指して頑張る同士が、一人でも増えてくれると嬉しいです。

マネ夫
マネ夫

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました