【FIRE】早期退職・セミリタイアに必要な資金は?

FIRE
スポンサーリンク
マネ夫
マネ夫

お金大好きマネ夫です。今回は、私が目指すFIREに向け、いったいどれだけの資金が必要なのか、現在私が考えていることをつぶやいていこうと思います。

FIREとは何かについては、↓『働きたくない・仕事辞めたい方必見!今流行りの【FIRE】とは?』をご覧ください。

FIRE達成に必要な資金

 結論からつぶやくとマネ夫は、

FIRE達成には1億円はほしい

と考えます。なぜ1億円なのでしょうか。

働かずとも遊んで暮らす、ゆとりある生活を目指したセミリタイア等のFIREを達成するためには、なんとしても資金を用意しなければなりません。
 FIRE達成に必要な資金を一概にいくらです!と言うことはできません。年齢・家族構成・現在の資産・生活水準等が人によって異なるからです。

 ですが、一般的には 年間の支出×25年分 と言われています。(いったいいくらなの…?)

総務省が発表した家計調査報告によると、二人暮らしの生活費の平均は約22万円となっています。

このモデルで必要な資金を試算してみると…
22万円×12ヶ月=1年間の生活費264万円
264万円×25年間=6600万円

25年間生活するのにこれだけのお金があれば大丈夫!…ではないのです。
 上記の計算は、6600万円あれば、あくまで二人暮らしの支出の平均レベルの生活を25年送ることができるというだけであり、趣味に没頭する費用や旅行で散財する費用等のことは考慮されていませんね。

 次は、年収ベースで試算してみましょう。ご自身の年収から納得の行く生活水準を想像すると分かりやすいと思います。

年収300万の暮らしで満足なら 300万×25年間=7500万円
年収400万の暮らしで満足なら 400万×25年間=1億円
年収500万の暮らしで満足なら 500万×25年間=1億2500万円
年収600万の暮らしで満足なら 600万×25年間=1億5000万円

といったように、自分がどの生活水準を求めるかによってFIREに必要となる資産が変わります。
ですが、1億円というかなりざっくりとした目安も頷けるところもあるのではないでしょうか。

これだけ用意しても25年しか持たないじゃないか!と思いますよね。
そうなんです。ただお金を用意してFIREを目指すことは、まず普通の人には、かなり難しいことなのです。マネ夫もとてもじゃありませんが、できません。
そこで、FIREを目指すうえで必要不可欠なのが、投資で資産運用することなのです。このあたりのことは、別のページでつぶやこうと思います。

う~ん。FIRE無理じゃん!諦めた!となる前に、完全なFIREは無理でも、定年よりも10年、いや5年早い【アーリーリタイア】(早期退職)や完全な退職とまではいかずに週数日だけ働くといった【セミリタイア】を目指すことも一つの方法です。

アーリーリタイアやセミリタイアに必要な資金

完全なるFIREを目指すためには、投資が欠かせないことやそれなりの資金が必要なことが分かりました…orz。

であれば、一歩譲ってアーリーリタイア(早期退職)やセミリタイアを目標にするのもありなのではないでしょうか。マネ夫は、目指すは完全なるFIREです。しかし、この夢が実現できなさそうな場合は、アーリーリタイアやセミリタイアだけでも真剣に狙っています。

上記の【FIRE達成に必要な資金】でつぶやいたように、アーリーリタイアやセミリタイアもいくら必要なのかを一概には言うことはできません。

そこで、実際にマネ夫が想定しているセミリタイア計画の試算を記します。
だいぶざっくりとした試算ですが、目標がないことには人間頑張れないですしね。少しでもご自身に必要なアーリーリタイア・セミリタイア資金の試算の参考になれば幸いです。

設定条件
  • 40歳でセミリタイア。80歳までの40年間を生きると想定。
  • 月の娯楽費は8万円とする。
    (娯楽に費やしたいからここは大きく)
  • 40歳でセミリタイア後、アルバイト等で月8万円の所得を60歳まで得る。
  • 投資による複利収入が月に3万5000円ある状態。(現在は2万円程度だけど将来的には)
  • 想定退職金450万円。
  • マネ夫婦二人暮らしに必要な最低限の生活費は以下の通り。
    (各支出は、現在の生活から設定)
家賃¥100,000
食費 ¥40,000
高熱費 ¥18,000
通信費 ¥5,000
日用品・雑費 ¥10,000
社会保険関係 ¥35,000
合計¥208,000

(月の生活費+娯楽費)×40年間=ざっくり想定支出
  208,000 +80,000 ×480ヶ月=約1億3800万円
やはり、完全なるFIREを目指すためには、1億円以上が必要になりそうです。
しかし、ここから40歳~60歳までフルタイムとまでは行かない月8万円の労働収入やら複利収入やら退職金などの分を差し引くと、マネ夫婦の場合、6500万円あれば40歳にはセミリタイアが可能です。

完全なるFIREを目指すためには、1億円以上必要そうでしたが、セミリタイアであれば希望の光が見えてきます。月に8万円を稼ぐだけの仕事はしなければなりませんが、それでも今の仕事と比べれば、はるかに楽で自分の時間を確保することができます。セミリタイア最高!

そして、40歳までに6500万円を用意することができなかった場合も想定すると…。
先と同様の条件で、セミリタイアする年齢を50歳に引き上げてみましょう。
すると、マネ夫婦の場合、4300万円あれば50歳にはセミリタイアが可能だと考えています。

50歳でのセミリタイアが現実のものとして見えてきませんか。マネ夫は、本気でこの50歳でのセミリタイアは今から狙っているのです!

まとめ

目指すは最高峰FIRE。次点で40歳でのセミリタイア。最低でも50歳でのセミリタイアは絶対に。
こらが私の現時点での目標です。今回は各目標に必要な資金を見てきました。


FIREやセミリタイアに興味がある方、一度ご自身に必要なFIRE・セミリタイア資金を試算してみてはいかがでしょうか。マネ夫は、試算をした後、FIREに向け俄然やる気が出てきました。人間、目標があると頑張れるものですね。
今回つぶやいた必要な資金は、かなりざっくりとした計算です。ご自身の生活スタイルに合わせた正しい試算をしてくださいね。

マネ夫
マネ夫

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました