【仮想通貨超入門】ビットコインとは?儲かるの?

初心者向け
スポンサーリンク

ビットコインって儲かるの?怪しくない?
仮想通貨、興味はあるけど大丈夫かな…。

仮想通貨に興味・関心がある方には、同時に漠然とした不安を抱いている方も多いのでは。
今回は、【仮想通貨超入門】として、ビットコインとは何なのか。
儲かるのか否かについて、つぶやいていきます。

マネ夫婦
マネ夫婦

こんにちは。FIRE目指して、仮想通貨(暗号資産)に投資するマネ夫婦です。
仮想通貨が持つ可能性に魅力を感じ、激動する仮想通貨界の動向を日々楽しんでいます。
今回は、そもそも「ビットコインって?」という方や「儲かるのか気になる」といった方向けに、本記事を作成してました。

この記事で分かること
  • ビットコインの基本的な情報
  • ビットコインで儲けることができるのか否か

本記事では、多くの方に馴染み深いであろう【仮想通貨】という言葉で統一しています。
仮想通貨は、2019年5月の『改正資金決済法』にて【暗号資産】と改称されています。

ビットコインとは何なのか?

ビットコインは仮想通貨の一種

仮想通貨は、インターネット上で取引ができる資産です。
ビットコイン(BTC)は、その仮想通貨の一つです。
【サトシ・ナカモト】(日本人っぽい名ですが、日本人かどうか?誰なのかはっきりしていません。)という人物の論文を元に、作られた最初の仮想通貨がビットコインです。

ブロックチェーンという技術が使われている

ビットコインやその他の仮想通貨を支える技術が【ブロックチェーン】と呼ばれる技術です。

総務省によると『ブロックチェーン技術とは情報通信ネットワーク上にある端末同士を直接接続して、取引記録を暗号技術を用いて分散的に処理・記録するデータベースの一種』と定義しています。

簡単に言うと、様々なデータを小さなブロックにして相互につなぐことで、データの破壊・改ざんを防ぐ仕組みです。

マネ夫
マネ夫

話が少し難しいですよね。とにかく【ブロックチェーンあっての仮想通貨】という認識があればよいと思います。

ビットコインは実体がない

テレビやニュースにビットコインの話題があがると、下の画像のような「B」と書かれたコインがよく出てきます。
故にビットコインがコインとして実在するものと思われる方もいますが、ビットコインに実体はありません
全ては、データ上に存在するだけで現物は存在しないのです。メディアで目にするビットコインらしきコインは、あくまでイメージ画なのです。

ビットコインはお金なの?

日本では通貨ではない

暗号資産は、国家やその中央銀行によって発行された、法定通貨ではありません。

暗号資産(仮想通貨)とは何ですか? : 日本銀行 Bank of Japan (boj.or.jp)

日本では暗号資産は、日銀や内閣から『暗号資産は、法定通貨ではありません。』『暗号資産は本邦通貨又は外国通貨ではない。』と、されています。

マネ夫婦
マネ夫婦

暗号資産に財産的価値を認めつつも、きっぱりとお金ではないとしています。
ただ、人々が「これはお金だ」と思うものが、「お金」として使われてきた歴史があります。
もしかしたら、暗号資産がより貨幣に近い存在になる未来もそう遠くはないかもしれませんね。

ビットコインをお金(法定通貨)にする国もある

ビットコインを法定通貨として扱う国がエルサルバドルです。
エルサルバドルは、2021年9月、世界で初めてビットコインを法定通貨として採用しました。

ビットコインで何ができるの?

送金

ビットコインのウォレット(仮想通貨を保管する財布のようなもの)さえあれば、国内・海外問わず、世界中の人々にビットコインを送ることができます。

法定通貨の送金を行う場合、銀行を介することで結構な額の手数料を取られてしまいますよね…。
仮想通貨の送金の場合は、送金手数料を抑えることができます。

また、海外への送金も法定通貨なら数日はかかりますが、ビットコインであれば着金まで数分から10分程度で可能です。(他の仮想通貨ならもっと速いもの多数存在します。)

買い物・決済

ビットコインで買い物ができる店も存在します。
ビックカメラでは、10万円までの買い物でビットコインによる決済が可能です。

エルサルバドルのスターバックスにて、ビットコインを使った決済の様子👇

売買して利益をあげる

ビットコインも株と同じように【安く買って高く売る】ことができれば、利益をあげることができます。当たり前ですが、購入価格より安い価格で決済をすれば損失を被ることにもなります。

将来の値上がりを期待するなら投資商品になる

数日後、数ヶ月、数年後を見越して、ビットコインの値は上がると思うのであれば、金・銀・プラチナなど、コモディティと同じような立派な投資対象となります。

金融資産としての保有

発行枚数の上限が2,100万枚と定められているビットコイン。
「デジタルゴールド」と称されることもある程、ビットコインの希少性が注目されています。
また、世界中で取引が可能なこと、インフレヘッジ、資産の分散化等の目的に合わせて、金融資産として保有することもできます。

世界に2100万枚しか存在しないビットコイン

円やドルといった法定通貨は、中央銀行により発行され市場に出回る貨幣が調節されています。

ビットコインは、プログラムによって市場に流通する枚数が徐々に増加していきます。
ですが、法定通貨とは異なり、ビットコインは発行量の上限が2,100万枚と定められています
2140年までに少しずつ発行され、2,100万枚で止まるようになっています。
この2,100万枚という数は、普遍の数であり変わることがありません。

法定通貨は、流通・供給枚数による貨幣の価値低下の恐れがありますが、ビットコインにはそうした心配はありません。

ビットコインは、発行上限が決まっているから通貨を多く作りすぎることができない

インフレ抑止に繋がる

発行量が減るほど価値は上昇

2022年11月、世界の人口が80億人を突破しました。
80億人の人々がいるのに、世界に存在しうるビットコインは2,100万枚。ビットコインを1人1枚保有すると、世界で2,100万人の人しかビットコインを保有することができません。そう考えるとビットコインの希少性を感じることができるかもしれませんね。

ビットコインは儲かるのか?

<結論>分かりません。というより、断言できません。ただ…

爆益・爆損のどちらもあるハイリスク・ハイリターンなのがビットコイン

ビットコインで【儲かるのかどうか】誰もが最も気になる部分ですが、株・FX取引きと同様にこればかりは誰にも分かりません。
価格の変動率が大きい仮想通貨市場。その流れに乗り、大儲けした人もいれば逆に大損してしまった人もいるはずです。

仮想通貨の市場規模は、株式市場や為替市場と比べると、まだまだ非常に小さいです。故に、価格が大きく上昇することもあれば、大きく下降…なんてこともあります。正に、爆益・爆損どちらもあり得るハイリスク・ハイリターンなのがビットコインなのではないでしょうか。

もし、「ビットコインは儲かるよ!」と安易に断言する人がいたら注意が必要です。
投資・投機に絶対はありません。ビットコインの将来性・可能性・リスクなどを自分なりに考慮して、自分で判断しなければいけませんね。

マネ夫婦
マネ夫婦

では次に、ビットコインで儲かるのかどうかの判断基準、買う際に必要になりそうな視点や注意点をまとめてみます。
※マネ夫婦が投資を行う際の視点です。鵜呑みには注意してください。

ビットコインを買う際の注意点

ビットコインを初めて保有する方は、以下の視点を検討してみるといいかもしれません。

ビットコインを買う際のポイント・視点
  • はじめての方は、余剰資金、少額から買うことを推奨します。
  • 投資にリスクは付き物。分散投資が大切。ビットコインだけの全力投資は危険かも…。
  • 仮想通貨界の未来を想像し、自分なりに購入する理由がありますか。
  • 手にしたビットコインの価値が半分、それ以下になっても許容できますか。

ビットコイン投資を始めるなら、仮想通貨取引所を開設してみよう。

最短当日で取引スタート!

BITPOINT

BITPOINT

SBIホールディングス株式会社(東証プライム市場上場)のグループ会社

【口座開設】
最短当日で取引スタート!

コメント

タイトルとURLをコピーしました