【仮想通貨】上場前の最新銘柄<買い方・貰い方紹介>

暗号資産(仮想通貨)
スポンサーリンク
マネ夫婦
マネ夫婦

世界には21,000種を超える暗号資産(仮想通貨)が存在しています。
(2022年9月CoinMarketCapによる)
そして日々、続々と新しいトークンが世に誕生しています。
値上がりに期待ができる銘柄やプロジェクトに魅力を感じる銘柄は、手に入れられるものなら是非とも欲しいですよね!
今回は、上場前の最新銘柄を手にする方法の一例をつぶやきます。

仮想通貨 最新銘柄の買い方 

IEOへの参加

上場前の最新銘柄を買う代表的な方法が【IEO】です。

IEOは、Initial Exchange Offeringの略称で、企業やプロジェクトチームが新しく発行するトークン(仮想通貨・暗号資産)を、暗号資産取引所が販売する仕組みのことを言います。
IEOは販売する取引所が責任を負う(いい加減なプロジェクトは上場させない)ため、信頼性が高いと言われています。IEOで上場するトークンは、信頼性の高さから所謂、スキャム(詐欺)やラグプル(運営の持ち逃げ)が起こりにくいです。

マネ夫
マネ夫

万が一、スキャムやラグプルがあると、その銘柄を上場させた取引所は顧客からの信頼を失ってしまいます。故に、取引所はいい加減なプロジェクトは上場させないのですね。

👇IEOの一例👇

BINANCE ローンチパッド

海外取引所バイナンスが行うIEOが【BINANCEローンチパッド】です。
Move to Earnの代表格とも言える【STEPN】の【GMT】もバイナンスのIEOで上場しました。

BINANCEローンチパッドに参加して最新銘柄を手にするためには、【BNB】を保有する必要があります。BNB保有計算期間と呼ばれる期間にBNBを保有し、その保有枚数に応じてトークンを買うことができます。

マネ妻
マネ妻

BINANCEローンチパッドでは、
BNBをたくさん持っている人がIEO銘柄をたくさん買えるのね!

MEXC ローンチパッド

海外取引所MEXC Globalが行うIEOが【MEXCローンチパッド】です。

MX保有量とUSDT保有量に応じて購入可能なトークン割り当てが定まります。
BINANCEローンチパッドと同様に取引所トークンである【MX】をたくさん保有することで、獲得できる枚数が増加します。また、MXがなくともUSDTを保有していれば割り当てを得ることができます。

Bybit ローンチパッド

海外取引所Bybitが行うIEOが【Bybitローンチパッド】です。

BIT保有量とUSDT保有量に応じて購入可能なトークン割り当てが定まります。
BINANCEやMEXCのローンチパッドと同様に取引所トークンである【BIT】をたくさん保有することで、獲得できる枚数が増加します。また、BITがなくともUSDTを保有していれば割り当てを得ることができます。

国内取引所IEO

国内取引所でもIEOが行われます。
2021年7月、Coincheckにて日本で初のIEOが行われ【Palette Token(パレットトークン)】が上場しました。国内初のIEOとして注目を集め、上場前の販売価格でトークンを購入できた方は、ほぼ美味しい思いができたはずです。

Kanga Exchange IEO

海外取引所Kanga ExchangeでもIEOを行っています。
買い方としては、USDTやUSDC等で早押しや取引所トークン【KNG】でオークションへ参加する方法があります。

Giveaway(ギブアウェイ)

上場前の最新銘柄を手にする方法には、【買う】のではなく、【ギブアウェイによって貰う】方法があります。

辞書によるとギブアウェイは、【マーケティングにおける販売促進を狙った無料の配布物】と記されています。
暗号資産界でもこのギブアウェイをよく目にします。ギブアウェイを行う者は、その銘柄の価値向上や認知度向上等を狙ってトークンやNFTの無料配布を行います。

ギブアウェイを行う主体は、【プロジェクトの運営サイド】【トークンのホルダー】の2つがほとんどです。いずれも、そのトークンの価値向上やコミュニティが広まることをねらいとして行います。(例外として、稀にお金持ちの方が無料配布をしているなんてこともありますが。)

運営が行うギブアウェイ

発行間もないトークンによくあるのが、運営サイドがギブアウェイのキャンペーンを行うことがあります。ギブアウェイを行うことで、貰い手はトークンを入手しWIN。運営サイドにとっては、トークンの認知が広まりコミュニティを拡大することができ、WIN-WINの関係が成り立ちます。

ホルダーが行うギブアウェイ

多くの人々がトークンを知れば、おのずとトークンの価値も向上するでしょう。故に、トークンを保有するホルダーが、トークン普及のため、コミュニティのためにとギブアウェイを行う様子もよく目にします。

ギブアウェイは、TwitterやTelegramで行われることが多いです。
最新仮想通貨を入手したい方は、SNSのチェックも欠かせませんね。

ギブアウェイに参加するには注意が必要!
他言してはいけないウォレットのキーを入力させようとしたり、個人情報を求めてきたり、あの手この手で詐欺を目論む輩がいます。

Tenset GEM ローンチプラットフォーム

暗号資産取引所が行うIEOとは異なりますが、TENSETが行う【GEM ローンチプラットフォーム】があります。GEM ローンチプラットフォームでは、Tenset社が【世界規模で成功する可能性がある最高のプロジェクト】と判断した銘柄だけがローンチします。

過去に上場した銘柄で言うと、【Everdome(エヴァードーム)】上場1週間後92倍、【Metahero(メタヒーロー)】170倍等を記録しました。

GEM ローンチプラットフォームに参加するためには、【10SET】を預け入れロックする必要があります。

最新仮想通貨が欲しいならBybitローンチパッドがおすすめ

上場前の最新銘柄を手にする方法をいくつか紹介してきました。
ちなみに、「新しい仮想通貨を買いたい!手に入れたい!」という方には、マネ夫婦はBybitのローンチパッドをおすすめしますよ。

Bybitローンチパッドがおすすめな理由

①IEOが他所よりも豊富
2022年1月~9月までのIEO数を見てみると、BINANCEローンチパッドが3銘柄。
Bybitローンチパッドは、なんと12銘柄!
IEOの数が多い分、新しいトークンを入手できるチャンスが多いですね!

②少額でIEOのチャンスを得られる。(USDTやUSDCが100ドルあればIEO参加可能)
IEOは、多くの場合トークンの保有枚数に応じて購入可能な枚数が割り当てられます。
悲しいですが金持ちがさらに金持ちになる可能性が高いシステムなのです。
ですが、Bybitローンチパッドの場合、100ドル分のステーブルを預け入れることで、抽選によるIEO参加へのチャンスを得ることができます。

Bybitローンチパッド2022年1月~9月にローンチした銘柄
マネ夫婦
マネ夫婦

気になる上場前の最新銘柄を手に入れて、暗号資産界の動向を楽しみたいですね!
Bybitローンチパッドおすすめですよ!
もっと知りたい方、Bybitの開設をしたい方は👇へどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました