【仮想通貨超入門】アルトコイン一覧・おすすめ取引所

初心者向け
スポンサーリンク

仮想通貨ってビットコイン以外にもあるよね?
将来性あるコインを買って投資したいのだけど、何を選べばいいんだろう?

マネ夫婦
マネ夫婦

仮想通貨の未来に夢を描き、投資している夫婦です。
当ブログで、仮想通貨に関する様々な情報や投資の実体験を発信しています。

ビットコイン以外の仮想通貨のことを「アルトコイン」と言います。
この記事では、時価総額上位にランキングされている人気のアルトコインを一覧にまとめました。

どんな特徴があるのか、取り扱っているおすすめの取引所とあわせて紹介していますので、仮想通貨投資の参考になれば嬉しいです。

この記事で分かること
  • アルトコインとは何なのか
  • 人気アルトコインの特徴と取り扱っているおすすめの取引所
  • アルトコイン投資の注意点

本記事では、多くの方に馴染み深いであろう【仮想通貨】という言葉で統一しています。
仮想通貨は、2019年5月の『改正資金決済法』にて【暗号資産】と改称されています。

アルトコイン

アルトコインとは

アルトコインはビットコインの代替コイン

アルトコインとは、「Alternative Coin」の略で、Alternativeには代替という意味があります。

ビットコインの代替コイン=ビットコイン以外のすべての仮想通貨

ビットコインのブロックチェーン技術は設計図が公開されており、ほとんどのアルトコインは従来の技術にさまざまな改良が加わっていることが特徴です。

アルトコインは世界中で数万を超える種類が存在します。

マネ夫
マネ夫

根本的な仕組みは変わりませんが、アルトコインは開発目的から使用目的まで仮想通貨ごとに特性を持っています。ゆえに色々なコインが次々と開発されています。

人気のアルトコインの一覧

時価総額上位にランキングしているアルトコインについて、特徴や取り扱っているおすすめの取引所を一覧にまとめてみました。

仮想通貨の特徴を説明する上で、技術的なカタカナがたくさん出てきます。
かみ砕いてざっくり説明していますので、「なんとなーく」の理解で十分です。

イーサリアム(Ethereum)

名称Ethereum(イーサリアム)
通貨単位ETH
発行枚数上限上限なし
時価総額約19兆8,400億円(2位)
時価総額は2022年12月23日時点

ビットコインに次ぐ時価総額不動のナンバー2

ヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)が19歳のときに考案したブロックチェーンプラットフォームがイーサリアム。

イーサリアム最大の特徴は、スマートコントラクト技術の利用です。

スマートコントラクトとは、契約を自動的に実行させる機能のこと。
契約情報はブロックチェーン上に保存されるため、改ざんされるリスクが低く、第三者を介さないので費用や処理時間の短縮も可能にしました。

正確にはイーサリアムはプラットフォームの呼称で、イーサリアムプロジェクトで使われる仮想通貨をETH(イーサ)と呼びます。

おすすめ取引所

<取引手数料無料!安く手に入れるなら>
・BITPOINT(ビットポイント)

<貸暗号資産(レンディング)で資産運用するなら>
・coincheck(コインチェック)

マネ妻
マネ妻

イーサリアムは国内ほぼすべての取引所で購入可能です。
取引で利益を得たいのか、レンディングで資産を増やしたいのか、今後の運用方法を見据えて取引所を選ぶことをオススメします。

バイナンスコイン(BNB)

名称BNB(バイナンスコイン)
通貨単位BNB
発行枚数上限2億枚
時価総額約5兆2,257億円(5位)
時価総額は2022年12月23日時点

世界最大の取引所BINANCEバイナンスの発行通貨

バイナンスコイン(BNB)は、世界最大の仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)が独自に発行している仮想通貨です。

BINANCE上でBNBを使うと手数料が割引されたり、ローンチパッド(トークンセール)に参加できたり、BNB保有者が優遇される様々なメリットがあります。
取引所の他にも、BINANCEは独自のプラットフォーム「バイナンス・スマート・チェーン(BSC)」を開発。BNBはBSCの基軸通貨にもなっています。

BNBの総供給量は2億枚とされていますが、定期的にバーン(Burn)されることが大きな特徴です。

バーン(Burn)とは、意図的に消滅させ永久に使えないようにする行為のこと。

バーンが行われ流通枚数が減れば減るほど、市場の流通量を減らし、価値を上げたり維持したりすることができます。

おすすめ取引所

<海外取引所なのに日本語サポート対応>
・Bybit(バイビット)

マネ妻
マネ妻

BINANCEは日本ユーザーの新規登録の受付を停止しています。
海外取引所BybitならBNBを購入することができますよ。

リップル(Ripple)

名称Ripple(リップル)
通貨単位XRP
発行枚数上限1,000億枚
時価総額約2兆3,426億円(7位)
時価総額は2022年12月23日時点

電子決済に特化したプラットフォーム

国際送金・企業間取引の円滑化を目的に開発されたのがリップル。

リップルとは、電子決済システムに特化したプラットフォーム「RippleNet」で、厳密には技術そのものを意味しています。
RippleNet上で使用される仮想通貨をXRP(リップル)と呼びます。

リップルが高く評価されているのは、処理速度の速さです。
ビットコインの決済時間は約10分と言われていますが、リップルは約3秒で決済完了することができます。
実際に入出金をしてみると、その速さに驚くはず。

最大の特徴は、ビットコインのような中央に管理者のいない仮想通貨と異なり、リップルはRipple.Inc(リップル社)が運用・管理している中央集権型である点です。

おすすめ取引所

<取引手数料無料!送金目的で入手するなら>
・BITPOINT(ビットポイント)

・GMOコイン(ジーエムオーコイン)

ドージコイン(DOGE)

名称Dogecoin(ドージコイン)
通貨単位DOGE
発行枚数上限上限なし
時価総額約1兆3,791億円(8位)
時価総額は2022年12月23日時点

インターネットミームであるドージの柴犬をモチーフに作られたプロジェクト

インターネットミームの柴犬画像がモチーフで、名称のDOGEはDOGのスペルミス(ネットスラング)が由来になっています。

インターネットミームとは、ネット上で様々な人がマネして拡散された言葉や画像のこと。
一種のジョーク、ネタに近い意味合いと捉えています。

ドージコインはライトコインの技術をベースに作られた仮想通貨で、ブロック生成速度は約1分と非常に速く、決済や投げ銭に活用されています。

ネタ的要素で作られたドージコインですが、テスラのCEO イーロン・マスク氏がTwitterでドージコインについて言及したことをきっかけに価格は急騰、今もコミュニティが盛んで時価総額上位にランキングしています。

おすすめ取引所

<取引量 国内No.1>
・bitbank(ビットバンク)

<少額から購入可能>
・GMOコイン(ジーエムオーコイン)

カルダノ(ADA)

名称Cardano(カルダノ)
通貨単位ADA
発行枚数上限450億枚
時価総額約1兆1,850億円(9位)
時価総額は2022年12月23日時点

国内取引所でもステーキング可能

カルダノは、もともとオンラインカジノのプラットフォームとして誕生しました。
ADAはカルダノプラットフォームで使用される通貨です。

カルダノのブロックチェーンは、独自のスマートコントラクトを実装しており、「イーサリアムキラー」とも呼ばれています。

最大の特徴はPoSのアルゴリズムを採用しており、ステーキングが可能なこと。

ステーキングとは、仮想通貨を保有するだけで一定の報酬を得ることができる仕組み。

独自ウォレットを持たなくても、取引所に預けていてもステーキングが可能なことがADAの人気の1つにもなっています。

おすすめ取引所

ポリゴン(Polygon)

名称Polygon(ポリゴン)
通貨単位MATIC
発行枚数上限100億枚
時価総額約9,279億円(10位)
時価総額は2022年12月23日時点

イーサリアムのレイヤー2

Polygonは、イーサリアムのレイヤー2(セカンドレイヤー)ソリューションで、イーサリアムの抱える問題(ガス代高騰、処理速度)を解消することを目的としたブロックチェーンです。

Polygonチェーン上で使用される通貨がMATICです。
Polygonネットワークでの手数料の支払いや、ガバナンストークンとして使用されています。

PoSのアルゴリズムを採用しており、ステーキングが可能です。

おすすめ取引所

<取引量 国内No.1>
・bitbank(ビットバンク)

<販売所で売買可能>
・bitFlyer(ビットフライヤー)

ポルカドット(Polkadot)

名称Polkadot(ポルカドット)
通貨単位DOT
発行枚数上限上限なし
時価総額約6,927億円(12位)
時価総額は2022年12月23日時点

分散型のウェブ世界(Web3.0)を目指す

ポルカドットは、ネットワークに参加するブロックチェーンの相互運用を可能にする、新しいインターネットの時代「Web3.0」を目指すブロックチェーンプロジェクトです。

ブロックチェーンの相互運用こそがポルカドット最大の特徴で、例えばビットコインとイーサリアムといった異なるブロックチェーンを接続させて価値やその他様々なデータおよび機能を共有することができます。

ポルカドットのネットワークを管理するための基軸通貨がDOTです。

PoSのアルゴリズムを採用しており、ステーキングが可能です。

おすすめ取引所

<国内でステーキングが可能な取引所>
・GMOコイン(ジーエムオーコイン)

<販売所で売買可能>
・bitFlyer(ビットフライヤー)

トロン(TRON)

名称TRON(トロン)
通貨単位TRX
発行枚数上限1,000億枚
時価総額約6,722億円(13位)
時価総額は2022年12月23日時点

デジタルコンテンツを扱う分散型プラットフォーム

トロンは、デジタルコンテンツを扱う分散型プラットフォームです。
そのプラットフォーム上で使用される基軸通貨がTRX。

送受金時の処理数がビットコインで秒間5件、イーサリアムで秒間25件に対して、トロンは秒間2,000件と処理性能に非常に優れています。

デジタルコンテンツ配信分野では、YouTubeやInstagramなど中央集権型のプラットフォームがまだまだ主体ですが、今後トロンのような分散型(非中央集権型)プラットフォームに置き換わる可能性もあるかもしれません。

おすすめ取引所

<取引手数料無料!国内初トロン上場の取引所>
・BITPOINT(ビットポイント)

<取引ペアが豊富>
・Huobi Japan(フォビジャパン)

2022年12月時点、国内取引所でTRXが上場しているのは、BITPOINT(ビットポイント)とHuobi Japan(フォビジャパン)のみです。

ライトコイン(Litecoin)

名称Litecoin(ライトコイン)
通貨単位LTC
発行枚数上限8,400万枚
時価総額約6,301億円(14位)
時価総額は2022年12月23日時点

ビットコインソースコードを基に開発

ライトコインはビットコインのソースコードを基に開発されているため、ビットコインによく似たシステムを採用しています。
ビットコインは「金」、ライトコインは「銀」とたとえられることがあります。

ビットコインとの明確な違いは取引承認の確認時間。
ビットコインより4倍速く取引承認されるため、ビットコインに比べ素早く決済を行うことができます。

おすすめ取引所

<取引手数料無料!送金目的で入手するなら>
・BITPOINT(ビットポイント)

・GMOコイン(ジーエムオーコイン)

シバイヌ(Shiba Inu)

名称Shiba Inu(シバイヌ)
通貨単位SHIB
発行枚数上限1,000兆枚
時価総額約6,066億円(15位)
時価総額は2022年12月23日時点

ドージコイン(DOGE)のミームコイン

ドージコインのミームコインとして誕生したシバイヌ。マークも名前もドージコインに倣って柴犬がモチーフになっています。
どちらもネタ的要素を含んだミームコインという点は共通していますが、ドージコインはライトコインをベースにしているのに対し、シバイヌはイーサリアムをベースにしているのが大きな違いです。

シバイヌはイーサリアムのブロックチェーン上で動作するため、様々な用途で利用することができます。Defi(分散型取引所)やNFT、メタバースなどの開発を進めており、ドージキラーと呼ばれています。

おすすめ取引所

<取引手数料無料!>
・BITPOINT(ビットポイント)

2022年12月時点、国内取引所でSHIBが上場しているのは、BITPOINT(ビットポイント)のみです。

アルトコイン投資の注意点

アルトコイン投資をする上で押さえておきたい注意点を記しておきます。

アルトコイン投資の注意点
  • ボラティリティが高く、価格が暴騰・暴落する可能性がある
  • 中央集権型や取引所トークンは管理元の経営状態に左右される
  • 著名人の発言で価格が大きく変動する

時価総額上位にランクインしているアルトコインでも暴落の危険は十分に存在します。
2022年11月大手仮想通貨取引所FTXの破綻により、FTXが発行するネイティブトークンFTTは大暴落しました。

アルトコインに投資する際は、ビットコインと違い【発行された背景】【使用用途】【将来性】などをしっかりと把握し、自身が納得した上で投資するようにしましょう。

最後に

いかがでしたか?紹介した中に気になるプロジェクトや仮想通貨はありましたか?
利便性を追求したコイン、暗号資産の将来を見据えたコイン、資産運用ができるコインなどそれぞれ異なる特徴を生かしたアルトコインが台頭しています。

「○○っていう仮想通貨が気になるけれど、取り扱っている取引所の口座は持っていない」
「どの取引所で取り扱っているのか調べるのが面倒」

そんな時は海外取引所が便利です。
Bybitなら紹介した仮想通貨はもちろん、200数種類の仮想通貨を取り扱っています。

日本語対応OKなので、【海外取引所を開設しようか悩んでいる方】にオススメです。

\口座開設&入金キャンペーン中!/

Bybit

世界1000万人以上が利用している暗号資産取引プラットフォーム

【入金キャンペーン中】
最大3万ドル相当のボーナス特典をゲット!

ビットコイン投資を始めるなら、仮想通貨取引所を開設してみよう。

3年連続 アプリダウンロード数No.1(2022年2月)

コインチェック

Coincheck(コインチェック)

仮想通貨アプリ、国内最大級の476万DLを突破!

コメント

タイトルとURLをコピーしました