【1月の行事】年中行事・イベントの意味・由来を紹介【子供向き】

年中行事
スポンサーリンク

年中行事とは?

【年中行事】一定いってい時期じきに毎年慣例かんれいとして行われる儀式ぎしきもよおし物。
慣例かんれいり返し行われる習慣しゅうかんのようなこと。
もよおし物…人を集めて行う会やまつり、イベントのこと。

日本には四季折々しきおりおり(春・夏・秋・冬)の行事があり、私たちは1年を通して、いろいろな行事をしていますね。
わたしたちのらしに当たり前のように存在そんざいしている行事ですが、「なぜ行事をするのか」「何のために行事があるのか」といった行事の意味や由来ゆらいなどは、意外に知らないものです。

伝統でんとうや文化にれることができる日本の行事について、紹介しょうかいしていきます。

1月の行事

お正月 1月1日

【行事の意味・内容】

新しい年のはじめに、年神様としがみさまをむかえる行事とその年の豊作ほうさくねがう行事です。
年神様としがみさまは、1年の始まりに山からりてくる神様かみさまで、豊作ほうさく子孫繁栄しそんはんえいをもたらしてくれると信じられてきました。年神様としがみさまはご先祖せんぞれいともいわれています。

門松かどまつ・しめなわ鏡餅かがみもちを用意するのは、年神様としがみさま歓迎かんげいするためのものです。

門松

門松かどまつは、正月に年神様としがみさまをむかえるために目印めじるしとして立てられます。
1年中緑色をしている常緑樹じょうりょくじゅに、神様かみさま宿やどると考えられてきました。そのため、常緑樹じょうりょくじゅであるまつたけが使われています。

しめ縄

しめなわは、年神様としがみさまをむかえる場所にかざり、わざわいをはらい神聖しんせいな場所を区別くべつするためのものです。
前の年に収穫しゅうかくされたいねのわらで作られています。

鏡餅・鏡開き

鏡餅かがみもちは、年神様としがみさまにおそなえする平たくて丸いおもちです。
食べる人に元気をあたえるものと考えられています。
1月11日に鏡餅かがみもちをたたいてる「鏡開ががみびらき」をし、神様と分け合って食べます。
鏡餅かがみもちをたたいて「る」のですが、「る」という言葉が縁起えんぎがよくないということで、「うんひらく」にかけ、「鏡開かがみびらき」と呼ばれるようになりました。

おせち料理

おせち料理りょうりは、大晦日おおみそか年神様としがみさまと家族そろって食べるごちそうでした。
今では、大晦日おおみそかよりも正月に食べる方が一般的いっぱんてきですね。

おせち料理りょうりに使われる食材しょくざいには、一つ一つ意味があります。

<えび>
えびのようにこしが曲がるまで長生きするようにといった意味があります。

<黒豆>
健康けんこうにすごせるようにといった意味があります。

伊達巻だてまき
書物・文化のシンボルを意味しています。

<れんこん>
あなが開いたれんこんが、先の見通しがよいことを表しています。

<昆布巻き>
【こぶまきのこぶ⇒よろこぶ】ごろ合わせになっています。

<数の子>
たくさんのたまご子孫繫栄しそんはんえいを表しています。

<田作り>
豊作ほうさくを意味しています。

書き初め

書きめは、元旦がんたんにはじめてんだ水「若水わかみず」ですみをすり、恵方えほう年神様としがみさまがやどる縁起えんぎのよい方角)に向かって詩歌を書いたかつての習慣しゅうかん現代げんだいにも根付いています。今では、文字の上達を願い字を書いたり、新年の目標を書いたりするのが一般的いっぱんてきです。

出初式

出初式でぞめしきは、1年のはじめに消防士しょうぼうし消防関係しょうぼうかんけいの人たちが行う仕事はじめの行事です。
消火訓練くんれんの様子やはしごに上る姿を見せてくれます。
出初式でぞめしき江戸時代えどじだいからはじまったと言われています。現在げんざいでは、1月6日ごろに出初式でぞめしきを行うことが多いようです。

初詣

初詣はつもうでは、1月1日(元日がんじつ)に神様にお参りをすることです。その土地の人々を守る氏神様うじがみさまへのお参りですが、今では大きな神社や寺にお参りする人が多いです。

七草がゆ 1月7日

【行事の意味・内容】

7種類の草を入れたおかゆを1月7日に食べます。
無病息災むびょうそくさい(病気をしないで元気な様子)を願って、七草がゆを食べるのです。
七草を切る際に、害鳥がいちょう(農作物を食べてしまう鳥)を追いはら呪文じゅもんとなえることがあるとか…。
地域ちいきによって、おかゆに入れる食材がことなります。

<七草とは?>
セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロのことを言います。

小正月 1月15日

【行事の意味・内容】

1月15日を「小正月こしょうがつ」と言います。小正月に対して、1日を中心とした正月行事を「大正月」とも言います。むかしは、満月になる15日が行事の中心だったとされています。15日をいわ習慣しゅうかんが残り、1日が大正月、15日が小正月とばれるようになりました。

どんど焼き

小正月に、正月かざりを燃やす「どんどき」があります。
地域ちいきによっては、「左義長さぎちょう」「鬼火おにびたき」などと呼ばれています。
わざわいをはらうこと、豊作、子孫繁栄しそんはんえいなどを願ってどんど焼きをします。
どんど焼きの火でだんごやおもちを焼いて食べると、病気にならないと言われています。

成人の日・成人式 1月の第2月曜日

【行事の意味・内容】

二十歳はたちになり、成人せいじんをむかえたことをいわう行事です。成人の日は、1月の第2月曜日と決められていて、その日は祝日しゅくじつとなっています。
親や周囲しゅういの大人に守られ、育てられてきた子供時代を終え、大人の社会への仲間なかま入りを自覚じかくする意味があります。成人式の場では、振袖ふりぞではかま、スーツを着て式に参加するのが一般的いっぱんてきです。

大切な年中行事を見つめなおす

日本の行事について、子供もわかるようにまとめたつもりです。
ここからは、マネ夫のつぶやき。

家庭の核家族化・地域との関係が希薄化・利便性を求める生活スタイルへの変容等により、年中行事が衰退している。地域や家庭から年中行事が消滅してしまったり、行事の意味を知らないままなんとなく行っていたりする人も増加している。逮捕者が出てしまう成人式、まるで無法地帯のハロウィーン、マネ夫が知る子供たちの中には年中行事の経験が無いといった子も多い。

行事には、面白いことや驚くことが隠されていたり、昔の人々から伝えられてきた暮らしの知恵や生きる知恵も詰まっている。年中行事は正に伝統文化だと言えるのではないか。この記事が、人々の知恵や教え、生活文化を継承していく機会となっている年中行事の価値を見つめなおすきっかけになれば…。

マネ夫
マネ夫

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました