【FEG仮想通貨】犬の次はゴリラが!?特徴・将来性・買い方等を紹介

暗号資産(仮想通貨)
スポンサーリンク
マネ夫婦
マネ夫婦

ウホッ!
FEG Token(ゴリラ)に関心をお持ちのお仲間さん、こんにちは!
暗号資産大好きマネ夫婦が期待を寄せているFEGについて、【特徴】【将来性】【買い方】等を呟いていきます。

FEGの特徴とは?

FEGの基本情報

<FEGとは?>
Feed Every Gorilla の略称がFEG
Feed Every Gorilla は【全てのゴリラを養う】という意味。
FEGは「SmartDeFi」を用い、パッシブ・インカムを得て金融の自由を実現する公平なチャンスを参加者全員に提供することを目指しています。

マネ夫
マネ夫

ウホウホウホ!
マネ夫もFEGホルダーウホ!
養ってくれウホ!

<発行枚数>

<発行上限枚数>10京
<発行枚数・供給量>約4京1000兆枚(2021年11月時点)
<ホルダー数>約9万(2021年11月時点)
※CoinGeckoより

<コントラクトアドレス>

【ERC-20】コントラクトアドレス
0x389999216860ab8e0175387a0c90e5c52522c945

【BEP-20】コントラクトアドレス
0xacfc95585d80ab62f67a14c566c1b7a49fe91167

FEGの特徴

マネ夫婦
マネ夫婦

FEGのホワイトペーパーをグーグル翻訳先生様に読んでもらいました。
マネ夫婦の解釈なので、間違っていたらごめんなさい。
正確に知りたい方はFEGのホワイトペーパーを読んでみましょう。👇

FEGが目指すもの

FEGが目指すのは、 FEGエコシステムにより【 DeFiをより安全に、よりアクセスしやすく、よりやりがいのあるものにする。】と捉えることができます。
開発側の大量保有者が存在せず、コミュニティで運営していこうとする分散型ネットワーク。
「SmartDeFi」を用い、パッシブ・インカムを得て金融の自由を実現する公平なチャンスを参加者全員に提供することを目指しています。

FEGはバーンされるデフレトークン

FEGのトランザクション(購入・販売・譲渡等)で生じた2%の手数料の半分はバーンアドレス【ブラックホール】に送られることでバーンされる仕組みになっています。トークンの枚数が減少するデフレトークンですから、一枚あたりの価値向上に期待してしまいます。
手数料分からバーンされた残りのトークンは、保有者に還元されます。

FEGex 分散型取引所

ERC-20およびBEP-20のクロスチェーンに対応した分散型取引所【FEGex】があります。
パンケーキスワップ、SHIBスワップ、ユニスワップ等と同じように、トークンの交換や流動性の提供が可能です。また、ステーキングも可能です。

2021年11月時点では、
FEGをBNB・USDT・GOLD・FEAST等 のトークンへ交換することが可能です。
正直、「種類が少ないな…。」と感じますが、今後増えて行くことが予想されるので期待して待っています。

FEG 価格・チャート

CoinMarketCapによると、2021年11月14日時点で0.00000083円程度の価格となっています。

CoinMarketCap より

FEGの将来性・今後への期待

ラグプル(持ち逃げ)やポンジ・スキーム(詐欺)根絶を目指したDeFi。
ラグプルやスキームに関しては、未だなくなっていませんからね。
100%安心してDeFiが使えるのであれば、それだけでFEGを応援したい気持ちになります。

今回、マネ夫婦なりにFEGについて調べてみました。
ホワイトペーパーを読んだり、公式ページを見たりしましたが、中身がしっかりしたトークンであると感じました。

SmartDeFi 、ROXについてまだまだ明確でなかったり、FEGexのさらなる成長が欠かせなかったり等、いい意味でこれからの伸びしろが大きいトークンであることは間違いないように思います。

今日の暗号資産界では、数ヶ月で数倍~数十倍、数百倍まで価格が上昇するトークンが見受けられます。気になるトークンは宝くじ感覚で数万円分でも持っておいてもいいかもしれませんね。

FEGの買い方

<FEGを購入できる場所>
FEGexというERC-20およびBEP-20のクロスチェーンに対応した分散型取引所 で購入可能です。
2021年11月時点では、FEGを取り扱う国内取引所はありません。
海外取引所の【Gate.io】であればUSDTでFEGを購入することができます。
【ユニスワップ】【パンケーキスワップ】でも入手可能です。

FEGステーキングのやり方や、FEGをステーキングした場合の実際の利回りについては、こちらの記事で紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました