【Symbolハーベスト】XYM獲得~実績公開~【2022年6月】

暗号資産(仮想通貨)
スポンサーリンク
マネ夫
マネ夫

Symbolに期待を寄せるみなさん、ハーベスターのみなさん、こんにちは。
symbolのハーベスト実績公開【2022年6月】編です。
ハーベストは何回あった?いくら分もらえた?早速計算していきますよ!

ハーベスト実績【2022年6月】

ハーベスト実績【2022年6月】~マネ夫の場合~

<ハーベストの条件>~マネ夫編~
6月1日のXYMの枚数:約139,465枚

重要度:0.001655【50%:5.6日,85%:15.4日】2022年7月1日時点

<実績>

5月8日に約50,000枚のXYMが諸事情により旅立ちました。

XYMの枚数:約139,000枚保有のマネ夫の場合、2022年6月は8回ハーベストがあり、合計約863.64枚のXYMを獲得しました。

5月に約50,000枚を手放し、保有枚数を減らしましたが、ハーベスト回数は好調でした。

ハーベスト実績【2022年6月】~マネ妻の場合~

<ハーベストの条件>~マネ妻編
6月1日のXYMの枚数:約16,916枚
重要度:0.0002【50%:46.7日,85%:127.7日】※2022年7月1日時点

<実績>

XYMの枚数:約16,000枚保有のマネ妻ですが、今月はハーベスト0回でした。
前回のハーベストは5月5日でした。50日以上経過しましたが、この低インポータンスでは致し方ありませんね。

ハーベストして得たXYMの価格計算

2022年6月、XYMの終値は約6.86円。
マネ夫婦は二人で約863.64枚のXYMを獲得したので、6.86円×863.64枚=約5,925円相当の価値となりました。

日本は季節外れの猛暑に苦しんでいますが、暴落の続いた暗号資産界は冬に入ったような状況に苦しんでいます。
XYMも10円を割り込みました。

ここで手放すのか、保有し続けるのか、人それぞれだと思いますが、マネ夫婦は暗号資産の将来に期待しているので、中長期目線での保有を選択しました。
今は枚数をコツコツ増やす時期と捉え、今後もハーベストで複利を増やして行きたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました