【高知競輪】高知競輪場に行ってみた!アクセス・グルメ・場内を紹介

お出かけスポット
スポンサーリンク
マネ夫婦
マネ夫婦

今回は高知県高知市にある高知競輪場【500バンク】、通称『りょうまスタジアム』を紹介します!

高知競輪場ってこんな所

高知競輪場 所在地

<所在地>
〒780-8031 高知県高知市大原町45

マネ妻
マネ妻

高知城からも歩いて行ける距離(徒歩15分くらい)なので、高知観光がてら競輪場に遊びに行くこともできますよ。

高知競輪場 アクセス

<電車でアクセス>
高知駅から、とんでん交通(乗車時間15分)「グランド通り電停」下車(徒歩10分)
※高知駅から歩いた場合、約30分くらいかかります。

<バスでアクセス>
開催日には無料の送迎バスが運行中(越知・須崎 ⇔ 高知競輪場)

<車でアクセス>
高知自動車道、高知インターから車で15分
高知龍馬空港から車で25分
※駐車場はスタジアム内地下駐車場に約200台分用意されているようです。
周辺の民間駐車場を利用した場合は、駐車料金の一部払い戻しあり(詳しくは公式サイトへ)

高知競輪場 場内の様子

マネ夫
マネ夫

高知競輪場は入場無料!

施設は4階建て

<4階>
特別観覧席 1,000円(但し場外発売日は500円)

<3階>
スタンド

スタンド3階からの景色です。
全体を見渡すなら3階から、レースの迫力を味わいたいなら2階ゴール前がおすすめです。

<2階>
投票所・食事処・中央フロア・レディース&ファミリールーム

こちらはレディース&ファミリールームの入口です。
中には、お子様用のキッズバイクが置いてあったり、授乳室が完備されていたり、ファミリー向け施設が用意されています。
もちろんレースを観戦することができますよ。

また、初心者教室もこのレディース&ファミリールームの中にあります。
元競輪選手がルールや車券の買い方をレクチャーしてくれるそうですよ。

<1階>
投票所・中央ステージ・メモリアルブース

メモリアルブースには、選手から寄贈された競技用自転車や、サイン入りTシャツなどが飾られていました。まさにお宝部屋ですね。
競技用自転車を生で見たのは初めて!タイヤの細さにビックリ。

<地下>
駐車場(約200台)

高知競輪場 バンク

見なし直線:52.0m
周長:500m
コーナー部分が長く、カントが短い、全体的に丸いイメージのバンク。
500の割には先行が逃げ切りも決まりやすいのが特徴。
バックの向かい風が強く吹く日もある。

<バンクレコード>

佐々木 則幸(高知)13秒2平成13年4月8日
2021年7月31日時点

高知競輪 グルメ

高知競輪場には、2階に売店や食堂などのグルメスポットが複数ありました。
売店では、おでん、牛すじ煮込み、ホットドックなどのグルメが楽しめます。
高知名物アイスクリンを売っている売店もありましたよ。

売店は軽食やおつまみがメインですので、丸一日楽しむ予定の方は食堂の利用もしくはお弁当の持参もおすすめです。

おしまい

マネ夫婦
マネ夫婦

初の500バンク訪問でしたが、広さにビックリ!
競輪も競馬も競艇も現地で観戦するのが一番ですね。
今後も様々なギャンブルスポットへ行きたいと思っています。
では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました