【月5万円】暗号資産で不労所得を増やす【資産運用2021年11月編】

資産運用
スポンサーリンク
マネ夫婦
マネ夫婦

FIRE目指して、暗号資産やETFで複利運用をしています。
モチベーション持続のためにも、資産運用をつぶやいていきます。
どんどん育てマネーマシン。【資産運用2021年11月編】

【不労所得・複利の実績公開】2021年11月末時点

保有資産(暗号資産・ETF・メキシコペソ)

<暗号資産銘柄><保有数><増やし方>
Symbol XYM202,703枚ハーベスト
IOST200,000枚Binance
ステーキング
TRX27,391枚Binance
ステーキング
SOL69.9枚Binance
ステーキング
ETH8.37枚Bybit
積立ステーキング
<ETF銘柄><保有数><前月比>
VYM 60株+2株
VTI 20株+2株
<為替><保有数>
メキシコペソ 104 Lot

今月の不労所得・複利(概算結果)

<暗号資産銘柄><増加枚数><概算価格><備考>
Symbol XYM+約835枚約34,200円1XYM 41.0円計算
IOST+約1,290枚約5,800円1IOST 4.6円計算
TRX+約110枚約1,200円1TRX 11.1円計算
SOL+約0.445枚約10,300円1SOL 23,300円計算
ETH+約0.0135枚約6,800円1ETH 504,000円計算
<メキシコペソ>
保有数
<スワップ金利>
獲得スワップ
104 Lot24,700円

2021年11月の不労所得・複利
約83,000円
相当

振り返り・今後について一言

現物ウォレットに移動させていたイーサリアム(ETH)ですが、11月からBybit(バイビット)でステーキングを始めました。

Bybitの積立ステーキングならいつでも解約や部分解除ができるため、ETHのように何かとガス代で使用するなど、流動性の高い資産を預けるのにピッタリだと思います。

11月末は新型コロナウイルスの変異種「オミクロン」への警戒感から、世界経済の地合いが悪化。
暗号資産業界も連れ安の展開となり、11月の不労所得(概算複利)はETHの追加分を加えても前月より若干少なめという結果になりました。

とはいっても、アルトコインは強気の相場が続いているので、焦らずコツコツ保有枚数を増やしていきたいと思っています。

個人的に今後期待している材料
BTC現物ETF化・IOSTコインベース上場・Symbol(XYM)BINANCE上場・Bybitイベント

コメント

タイトルとURLをコピーしました