【Bybit入門】国内取引所から仮想通貨を送金する方法

取引所
スポンサーリンク
マネ夫婦
マネ夫婦

暗号資産(仮想通貨)の未来に夢を描き、投資しているマネ夫婦です。
今回は国内取引所からBybitへ送金する方法をつぶやいていきます。

Bybit(バイビット)は、世界で1000万人以上が利用している暗号資産取引プラットフォームです。

Bybitでは入金するだけで取引に使えるボーナスがもらえます。

また、Bybitでは様々なイベントが随時開催されています。
イベントを通じて資産運用や取引を行うことで、賞金や限定NFTをゲットできるチャンス!

Bybitに入金するには?

Bybitに入金する方法は3つあります。

 ・他の取引所から暗号資産を送金する
 ・クレジットカードを使って暗号資産を購入する

 ・Echeckを利用して銀行口座から暗号資産を購入する

この記事では、日本の国内取引所からBybitに暗号資産を送金する方法を手順を追って解説します。

仮想通貨の送金って不安だなー。

「海外取引所に仮想通貨を送金する」
仮想通貨取引を始めたばかりの初心者にとっては最初の難関ではないでしょうか。

「チェーンって何?」
「メモタグって絶対必要?」
この記事では、そんな初めてで不安いっぱいの仮想通貨初心者の方に向けて、国内暗号資産取引所からBybitへ暗号資産を送金する方法について詳しく紹介します。

マネ夫婦
マネ夫婦

まずは日本語対応OKなBybitを使って、送金にトライ。
理解が深まれば他の海外取引所でも応用することができますよ。

Bybit(バイビット)基本情報

まずは基本情報のおさらいです。
Bybitがどんな取引所なのか、主なサービスを簡単にまとめました。

Bybit(バイビット)とは
  • 累計利用者数が全世界1,000万人を超える暗号資産プラットフォーム
  • 海外取引所なのに日本語対応のカスタマーサポートがあり
  • 取り扱いの暗号資産の種類が豊富
  • スマホアプリでいつでも取引ができる
  • 入金キャンペーン、特典付きイベント、IEOなどサービスが充実
  • 最大100倍!追加証拠金なしでレバレッジをかけた暗号資産の取引ができる
  • ステーキングを利用して毎日報酬ゲット
  • 現物取引手数料が0円キャンペーン実施中

事前準備

念のため事前に準備することをチェックしておきましょう。
口座開設とKYCレベル1が既に完了している方はすっ飛ばしてください。

口座を開設する

Bybitの口座開設はとってもカンタン。

【STEP1】Bybitの公式サイトにアクセス
【STEP2】メールアドレス・パスワードを設定
【STEP3】認証コードを入力する

口座開設方法については、下の記事で詳しく解説しています。

本人確認(KYC)レベル1を完了する

入金にあたって本人確認(KYC)は必須ではありませんが、本人確認(KYC)レベル1を完了後、Bybitアプリをダウンロードして、入金&取引を行うと、30 USDTのクーポンを獲得できます。

他にも、ステーキングなどの資産運用を利用したり、ローンチパッドなどのイベントに参加したりする際に必須条件になってくるので、早めに済ませてしまうことをおすすめします。

KYCの登録方法については、下の記事で詳しく解説しています。

Bybitへ仮想通貨を送金する

準備が整ったら、暗号資産を送金してみましょう。
大まかな流れをまとめました。

暗号資産(仮想通貨)を送金する手順
  1. (事前準備)国内取引所の口座を開設し、暗号資産を購入する
  2. (Bybitの入金画面で)Bybitの入金アドレスを確認する
  3. (国内取引所の出金画面で)Bybitの入金アドレスを登録する
  4. (国内取引所の出金画面で)Bybitへ送金指示を出す
  5. (Bybitのウォレット画面で)入金反映を確認する
マネ妻
マネ妻

国内取引所とBybitの両方ログインした状態にしておきましょう。

ステップごとに順を追って詳しく説明していきますよ。

【STEP1】国内取引所で暗号資産(仮想通貨)を購入する

既に国内取引所で送金したい暗号資産が手元にある場合はすっ飛ばしてください。

国内取引所の口座開設から始める方は、「BIT POINT(ビットポイント)」がおすすめです。
理由は【暗号資産の出金手数料が0円だからです。

大手取引所で比較してみました。

送金手数料bitFlyer
(ビットフライヤー)
Coincheck
(コインチェック)
BIT POINT
(ビットポイント)
ビットコイン0.0004 BTC0.0005 BTC無料
イーサリアム0.005 ETH0.005 ETH無料
リップル無料0.15 XRP無料
2022年11月23日時点

ビットコインの価格が230万円とすると、大手取引所の場合、送金手数料だけで約1000円かかります。
無駄なコストはできるだけ抑えたいところですね。

また、ビットポイントは、500円から投資可能なので、少額から始めたい初心者の方にも人気です。

【STEP2】Bybitの入金アドレスを確認する

送金したい暗号資産の用意ができたら、Bybitにログインし、入金アドレスを確認しましょう。

[資産]メニューの[入金]を開きます。

「資産一覧」画面や、「現物」画面からも「入金」画面を開くことができます。

左の画面で入金したい通貨を選択します。

【ビットコインの場合】

チェーンはBTCチェーンしかないので、そのまま[確認しました。]をクリックします。

すると、下の画面のように入金アドレスが表示されます。

入金アドレスとは、銀行口座の口座番号のようなものです。
1文字でも間違えると送金ミスの発生につながるので、手打ちではなくコピーボタンを使いましょう。
[コピー]ボタンをクリックするとコードをコピーすることができます。

【イーサリアムの場合】

送金ネットワーク(チェーンタイプ)を選択しましょう。
送金ネットワークの事を「チェーン」と略して呼ばれることもあります。
BITPOINTから送る際の送金ネットワーク(イーサリアムブロックチェーン)は「ERC-20」となります。
Bybitの送金ネットワーク選択欄で「ERC20」を選択し、入金アドレスを表示させてください。

【リップルの場合】

特定の通貨では、入出金時「送金先タグ/メッセージ/メモ」などの追加情報が必要になります。
リップルの場合、メモタグが必須になります。

他に、XLM(ステラルーメン)のメモ、XYM(シンボル)のメッセージなどがあります。

【STEP3】Bybitの入金アドレスを登録する

Bybitに入金・送金するためのアドレスが分かったら、次は国内取引所で出金先の情報を登録する必要があります。
これは、トラベルルール対応として、出金先の情報を登録しなければならないためです。
取引所によって異なりますが、「入金アドレス」「受取人」「送金先の取引所名」などを登録します。

トラベルルールとは、JVCEA(一般社団法人日本暗号資産取引業協会)が定める規則で、「利用者の依頼を受けて暗号資産の送付を行う暗号資産交換業者は、送付依頼人と受取人に関する一定の事項を、送付先となる受取人側の暗号資産交換業者に通知しなければならない」というルールです。
国内取引所の多くが、このトラベルルール対応を導入しています。

【STEP4】Bybitへ送金指示を出す

いよいよ出金ですね。
STEP3で確認した出金先を選択し、暗号資産の枚数を入力します。

【ここで最終チェック】
誤ったアドレスに出金した場合、取引所に問い合わせをしても、取り戻すことはできません。
アドレス、ネットワークに間違いがないか、もう一度チェックしましょう!

マネ夫
マネ夫

マネ夫婦は、新しいアドレスを登録した時は、少額を送金し、アドレスが正しいことを確認するようにしています。
出金手数料0円のBITPOINTならコストをかけずに、送金確認ができます。
リスクを最小限に抑えることは大切ですね。

BITPOINT(ビットポイント)なら暗号資産の出金手数料0円

【STEP5】Bybitで入金反映を確認する

送金した暗号資産は、現物アカウントに入金されます。
入金履歴は、[資産一覧]画面を開き、最近の入出金履歴[すべて]から確認することができます。

状態が「完了」になれば、入金完了です。お疲れさまでした!!

「入金」画面の「購入履歴」や、「現物」画面の「履歴」からも開くことができます。

入金が反映しないのはなぜ?

Bybit公式サイトによると、入金手続きをしてからアカウントに反映されるまでの時間は5分~10分程度とのことです。
進捗状況は履歴の画面で確認することができます。

マネ夫婦
マネ夫婦

仮想通貨を送金する方法は、どの取引所・ウォレットでもだいたい同じです。
まずは日本語対応OKのBybitで入金方法をマスターしてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました