【月10万円】暗号資産で不労所得を増やす【資産運用2022年3月編】

資産運用
スポンサーリンク
マネ夫婦
マネ夫婦

FIRE目指して、暗号資産やETFで複利運用をしています。
モチベーション持続のためにも、資産運用をつぶやいていきます。
どんどん育てマネーマシン。【資産運用2022年3月編】

【不労所得・複利の実績公開】2022年3月末時点

保有資産(暗号資産・ETF・メキシコペソ)

<暗号資産銘柄><保有数><増やし方>
Symbol XYM205,000枚ハーベスト
IOST200,000枚Binance ステーキング
SOL70枚Binance ステーキング
ETH8.37枚Bybit 積立ステーキング
<ETF銘柄><保有数><前月比>
VYM 68株+4株
VTI 26株+0株
<為替><保有数>
メキシコペソ 104 Lot

今月の不労所得・複利(概算結果)

<暗号資産銘柄><増加枚数><概算価格><備考>
Symbol XYM+約1,242枚約22,100円1XYM 17.8円計算
IOST+約1,290枚約7,270円1IOST 5.6円計算
SOL+約0.668枚約10,840円1SOL 16,210円計算
ETH+約0.0068枚約2,790円1ETH 411,300円計算
<メキシコペソ>
保有数
<スワップ金利>
獲得スワップ
104 Lot28,000円
<米国ETF><配当金><概算価格><備考>
VYM$32.31約3,930円ドル/円 121.89円計算
VTI$13.22約1,610円ドル/円 121.89円計算

2022年3月の不労所得・複利
約76,540円
相当

振り返り・今後について一言

ロシア・ウクライナ情勢はまだまだ予断を許さないところですが、3月末にかけて暗号資産全体の相場が若干回復したこともあり、久々に5万円越えの複利ゲットとなりました。

米国ETF(VYM・VTI)の配当が入ったことや、円安の影響でスワップ金利がいつもより多かったこともポイントになった感じですね。

記事を書いている4月12日時点でドル円相場は125円を突破・・・。
長期運用のため、毎月積み立て投資している米国ETFですが、円安が進み過ぎて二の足を踏みたくなる状況です。

とはいえ、FIRE・セミリタイア達成のため拡充していきたい商品なので、今後もドルコスト平均法で取り組んでいこうと思っています。

個人的に今後期待している材料
BTC現物ETF化・IOSTコインベース上場・Symbol(XYM)BINANCE上場・Bybitイベント

コメント

タイトルとURLをコピーしました